紫雲出山

紫雲出山しうでやま
sud_tzR.jpg 
地図拡大
香川県「紫雲出山」浦島太郎が玉手箱を開けて出た
白煙が紫色の雲となって山にたなびいたと伝えられる山へ
岡山出発7:30貸切バスは補助席も(60人)満席
瀬戸内海の多島美が見渡せる。山へ例会登山

sun4_23_4S.jpgsun4_23_8S.jpg 
8:30 真っ青い青空・海 瀨戸大橋  車窓から瀨戸内海は、
今までにも増して深い青 波も無く驚くばかりの色 
朝から太陽が眩しい   暑く成りそうです。

sun4_23_2S.jpgsun4_23_11S.jpgsun4_23_12S.jpg

8:25 バス、休憩   鴻池SA9:40莊内鴻島局 木陰で休憩
sun4_23_13S.jpgsun4_23_14S.jpgsun4_23_15S.jpgsun4_23_16S.jpgsun4_23_17S.jpg 
10:11ダムの横      急登を登る
sun4_23_18S.jpgsun4_23_19S.jpg
10:23 小休止 紫雲出山352mへ 急登の階段が続く 
sun4_23_20S.jpgsun_Fu_2S.jpg
10:34
sun4_23_22S.jpg
10:49
sun4_23_23S.jpgsun4_23_34S.jpgsun_Fu_3S.jpg sun4_23_25S.jpg
 
10:53
sun_Fu_4S.jpgsun4_23_26S.jpg  
11:04 濃いピンク色 シャクナゲの花が満開sun4_23_27S.jpg
11:06 標高352mの山。展望台からは、パノラマ絶景が広がる。
    桜が未だ咲いている。

sun4_23_30S.jpg 
11:07 紫雲出山への急登の階段はどこまでも続くしんどい、
休憩タイムの笛が待ち遠し~ぃ、黙々と一段<<1歩づつ・・・ 
後続からも、後待ちお願いします~の声が度々届く、

sun4_23_33S.jpgsun4_23_34S.jpg
sun4_23_37S.jpgsun4_23_39S.jpgsun4_23_40S.jpg
12:01       
sun4_23_41S.jpgsun4_23_44S.jpgsun4_23_45S.jpg
仁老浜 お弁当 よしの桜が未だ咲いています。
桜の木陰で青い海、雲一つ無い青空を眺めてゆっくり休憩

sun4_23_46S.jpgsun4_23_47S.jpgsun4_23_48S.jpg
13:39 莊内半島から瀨戸内海の感動絶景スポット
厳しい登山で出会え癒やされる。この醍醐味 達成感も大きい

sun4_23_53S.jpg
sun4_23_50S.jpgsun4_23_52S.jpg
sun4_23_51S.jpgsun4_23_54S.jpg
13:55 岬の灯台 
sun4_23_55S.jpg
眺める島は『六島』Sさんから六島と神島よかったなぁ~
と聞く・・・ハァ 暫く思い出せなかった
リンク→
真鍋島/六島2013.03.05
帰宅してBLOGを開いて…「水仙の島六島」歩いていました。

sun4_23_56S.jpgsun4_23_57S.jpg天気図
徒歩の会から大勢の山友と一緒に今回も歩けた。
登りの、弱点を今回も認識した、何時まで歩けるだろう。
記憶力もドンドン下がる。そんな不安ばかりの日々
四季折々の自然が元気をくれる。山歩き
主治医から、出来ない事をつらがり、嘆くのでは無く
出来たことを喜び 感謝しなさい、 
今日も歩けてよかった。写真も下手に成っていく、
何時まで続けられるのか?my   blog my hp mini garden

2017/4/26  
4kdn_2.jpg4kdn_3.jpg4kdn_4.jpg4kdn_5.jpg

ハーブ ラベンダー、サクラソウ、ルッコラ、トマト・・・夏野菜
スポンサーサイト

Tag:岡山徒歩の会  Trackback:0 comment:1 

高山(高仙)(タカセン)

高仙登山  (664m)
4月20日
takazen-tz_2
tak4_20_1s.jpg
tak4_20_2s.jpgtak4_20_3s.jpg 
『高仙の里よの』研修施設『なつつばきキャンプ場 
真庭市県北は、ミツバツツジ、サクラ シャクナゲ、ヤブ椿 が満開

tak4_20_5s.jpg tak4_20_6s.jpg tak4_20_7s.jpgtak4_20_8s.jpgtak4_20_9s.jpgtak4_20_11s.jpg
ミツマタの花木が多い 今が満開  クマササの道
tak4_20_8s.jpg 
樹林帯に入ると新しい倒木、潅木が道を塞いでいる、
この冬の豪雪による倒木のようです。
tak4_20_13s.jpgtak4_20_14s.jpgtak4_20_15s.jpg
ここは高仙遊歩道の道標がある。こんなに険しい道が遊歩道? 
しばらくしてからの道標には遊歩道の字が消してある。
tak4_20_16s.jpgtak4_20_17s.jpgtak4_20_20s.jpgtak4_20_26s.jpg
登る程に次第にきつくなる、何本ものロープに掴まり急登を這い上がる。
高仙山頂661、8mへ到着 山頂は広く展望が素晴らしい、
tak4_20_4.jpgtak4_20_19r.jpg tak4_20_23r.jpg tak4_20_25r.jpg
tak4_20_18a.jpg
tak4_20_21s.jpg
見上げる 落葉樹林の中にタムシバの白い花 
最後の花が待って居てくれたように・・・眺める事ができました。
県南では、花の季節が終わってい観る事が出来なかった。
tak4_20_38s.jpg
tak4_20_22s.jpg 
雪の大山を遠望 うっすらと見える、写真でも 何とか・・・
(いいカメラがほしい~山で落として 紛失1ケ、雨に濡れて破損)
4月末なのに、豪雪の今年は白銀の大山は東壁が見える絶景に出会えた。
tak4_20_37s.jpg
遠く大山に連なる蒜山もチョット写っている。 tak4_20_29s.jpg
高仙 山頂での展望 県北県境に何層にも眺める高い山々
どの山を歩いたのだろう?何処が見えているのだろう。
山が呼んでいる。いいなぁ~
tak4_20_43s.jpgtak4_20_39s.jpgtak4_20_45s.jpgtak4_20_46s.jpg 
14:30 公園内へ下山 直ぐ下には真庭市余野小学校
時計台もあり立派な校舎   校庭で体躯の授業数人、生徒数が少ない、
過疎の小学校を眺める何ともさびしい、
tak4_20_34s.jpgtak4_20_35s.jpgtak4_20_40s.jpg
シャクナゲの大木     シキミ       ミツマタ(白ぽい色)
tak4_20_42s.jpgtak4_20_30s.jpgamag4_22_B.jpg
シシガシラ(豪雪で未だペタリ)ネコノメ     キクザキイチゲ

今日の山歩き、急な事に出掛ける事となりました。『幸運』
にも、高仙遊歩道ツツジ咲く公園 遊歩道歩き 

途中からは、見上げる急登、垂直に伸びる階段は斜度35度? 
更には、ザイルを次々に使ってよじ登る、険しい岩場歩き
登る程に急登となる。足元に白い花びら、見上げるとタムシバ
そして辿り着いた山頂は、広く開けて絶景 1歩1歩をで
この 素晴らしい、達成感
お弁当食べてから下山 たくさんの花を眺め、景色を眺めました。
岡山の山 岡山100選にも無い 鏡野町の山、心に残る登山が出来ました。
 
より道

高仙から眺めた天ヶ山へ 昨年登った天ヶ山の登山口へ 
tak4_20_51s.jpg  
tak4_20_47s.jpg 
昨年と同じ場所に立って天ヶ山を眺める。
未だ 山は眠っている、山笑う季節なのに麓の桜は終わっている。
カタクリ原生地の斜面には花が見頃でした。
豪雪の今期と余りにも違う 自然の景色植物に驚きました。
tak4_20_48s.jpgtak4_20_36s.jpgtak4_20_50s.jpgtak4_20_49s.jpgamga4_22_C.jpgtak4_20_32s.jpg 
昨年のblogを開いてみました。 2日早い4月20日
昨年山は春色薄緑 登山口の桜は咲いていました。
↓↓ 2016年4月22日 天ヶ山(吉備の社)

amg4_22_41s.jpgamg4_22_A.jpg

Topへ戻る

Tag:山歩き  Trackback:0 comment:0 

播磨アルプス縦走

播磨アルプス(主峰高御位山(たかみくらやま)299.8m
harim_tza.jpg
高砂市の鹿島神社北山鹿島神社を取り囲むように連なる山々
登山ルートが多いい・・・北池登山口 直登コースからのスタート
北山鹿島神社大鳥居をゴールとする。
(地図拡大 可)
sma4_10_2s.jpgsma4_10_1s.jpg
高御位山(播磨富士)麓から眺める8:54 阿弥陀新池の看板此所の駐車場にP
sma4_10_3s.jpgsma4_10_6s.jpghrm_1s.jpgsma4_10_9s.jpg
hrm_16s.jpghrm_3s.jpghrm_2s.jpg 
鹿島神社コース迄30分 標柱 9:10 前方に鉄柱を仰ぎながら登る。  
sma4_10_10s.jpg  
9:22 鉄柱へ到着 阿弥陀新池 駐車場車が見える。 
sma4_10_11s.jpg
hrm_4s.jpgsma4_10_13s.jpgsma4_10_14s.jpghrm_6s.jpg hrm_7s.jpghrm_8s.jpghrm_9s.jpg 
  10:00 岩場歩き 急登大岩は、歩き易い所を選んで登り 
ザイルもあり楽しい。  
sma4_10_16s.jpg 
10:15約1時間で山頂に到着 兵庫県南部  播磨灘  淡路島  高砂市内を眺める。
sma4_10_17s.jpghrm_11s.jpg
高御位井神社には、数人の登山者が休憩 グループ登山の人も
sma4_10_26s.jpgsma4_10_27s.jpgsma4_10_18s.jpghrm_10s.jpgsma4_10_21s.jpgsma4_10_19s.jpg 
 高御位神社  方位盤あり
(東) 三木市、小野市、六甲山 摩耶山 
(西)姫路市 姫路城 
(北)智頭町、加西  氷ノ山、雪彦山
 南は読めない、
sma4_10_22s.jpgsma4_10_24s.jpgsma4_10_25s.jpg
 山頂稜線歩き 歩いたコースを振り返り これから歩くコースも
よく見えて展望を楽しみながら快適

sma4_10_28s.jpgsma4_10_31s.jpgsma4_10_32s.jpgsma4_10_29s.jpg sma4_10_30s.jpg
sma4_10_35s.jpgsma4_10_34s.jpg
sma4_10_49s.jpg
播磨の海 島を眺め 西方向には姫路 播但道 
sma4_10_38s.jpgsma4_10_37s.jpg
 明石大橋がボンヤリと見える、明石から淡路島を繋げる橋
ヘリが飛ぶ アッとの間に次々に山を越えて播磨灘上空を姫路方面へ消える
sma4_10_41s.jpg 
大岩でお弁当 何人もの人達に出会い挨拶
眼下に見えている 鹿島神社への下山コース 何処を・・・通りましョ…
sma4_10_52s.jpg
下山ルートおすすめを尋ねた2人の軽装の学生さんらしき方とすれ違う。
わざわざ引き返して、見える尾根からのコースの説明 教えて下さる。
カメラもしていただく、一緒にと写しました。笑顔がよく、とても爽やか
元気を貰った。お弁当時には、一人の登山者の方からは
案内地図を頂く、地元なので又貰うからと、ご親切な山仲間に出会う。
sma4_10_39s.jpgsma4_10_48s.jpgsma4_10_44s.jpgsma4_10_43s.jpg
百間岩 (険しい岩盤)下山ルートを目差して歩く 
sma4_10_53s.jpgsma4_10_55s.jpg
馬の背歩き
sma4_10_57s.jpgsma4_10_58s.jpgsma4_10_61s.jpg
遙か遠く尾根の最南端 反射板&鉄塔へ辿り着く
sma4_10_59s.jpg 
13:18 北西方向 姫路市内 姫路城、書写山も見えているのだろう?
sma4_10_62s.jpg
sma4_10_60s.jpg
山の裏側はツツジお花等見られない、登山道も見られない。
sma4_10_66s.jpg
hrm_19s.jpghrm_18s.jpg
10:30 最後の歩き百間岩下る、 
hrm_13s.jpg
12:30 
sma4_10_70s.jpgsma4_10_71s.jpg
13:50鹿島神社 朱い鳥居の奥へ 下山道が続き
立派な神社へと入る、   
sma4_10_73s.jpgsma4_10_72s.jpgsma4_10_74s.jpg sma4_10_75s.jpg
山頂稜線から下山時も眼下に眺めた鹿嶋神社と桜満開の境内にゴール
花見客で賑わっている。老健施設の車も多い、 
sma4_10_78s.jpg sma4_10_82s.jpg sma4_10_83s.jpgsma4_10_85s.jpg
  鹿嶋神社境内も参道も桜並木 大鳥居を潜り
街歩き約25分 登った尾根稜線を麓から眺めながら
スタート地点へ戻って来ました。

 播磨アルプスの歩き お天気に恵まれ、
ツツジも桜も満開 何処からも絶景360°の大パノラマに感動、
山はツツジ 街歩きはお花見観光と満点の登山でした。
  
より道花見(休憩)岡山

14:30 帰路は山陽道利用予定は、国道2号 思いのがけ無く、
スムースに
走れて そのままにで
、岡山到着16:00には吉井川を
沿い河川で休憩 目の前に和文字山 和気富士を眺めて帰りました。
sma4_10_93s.jpgsma4_10_94s.jpgsma4_10_95s.jpg
戻る  
   
  

Tag:山歩き  Trackback:0 comment:0 

外国山縦走

4月5日 外国山から縦走

stk4_TPa.jpg 
stk4_5tz.jpg 
外国山は 吉井川を間にして、和気は熊山と向かい合わせ
赤い鉄塔の岩山 県道96、山陽本線和気駅,高速道からも
眺める山へ、山仲間と縦走登山
stk4_5_55s.jpg獸檻を開きスタート午前午前9時30分
stk4_5_3s.jpgstk4_5_5s.jpgstk4_5_16s.jpgstk4_5_6s.jpg
10時13分 ツツジが咲くコシダの急登 衣類調整 水分補強
呼吸を整えながら、黙々と登っていく、
stk2_22_3rs.jpg

走電線を眺める 熊山山頂から吉井川を渡り 外国山へと繋げている。
stk4_5_8s.jpg
stk4_5_10rs.jpgstk4_5_12s.jpgstk4_5_15s.jpg
10時30分 岩の稜線 鉄塔No,223 急登をハァハァ フィフィ 
苦しい登り 頂上にたどり着く、苦しさ つらさも消える ツツジが満開 
山頂稜線の大岩をヒヤヒヤビクビク歩き展望が抜群 山登りの醍醐味 
stk4_5_11s.jpgstk4_5_17m.jpg
10:40 向いには熊山 山頂部に見えるチョコンと和気富士 山頂
続いて和気アルプスは和文字 和が確認できた。 
 
stk4_5_19s.jpgstk4_5_26s.jpgstk4_5_20s.jpg
11:00 円光寺へ 標識  榊の白い花
stk4_5_24s.jpgstk4_5_34s.jpgstk4_5_23s.jpg
山桜、ヤブツバキ 山に咲く花は、優しく清らかで その美しさに惹かれます。
stk4_5_28s.jpgstk4_5_29s.jpgstk4_5_31s.jpg 
  山頂稜線歩き 雑木の中から春の香が風と共に香る。県南春の山歩き 
 stk4_5_35s.jpgstk4_5_36s.jpg
サルの腰掛け 
stk4_5_37s.jpgstk4_5_39s.jpgstk4_5_42s.jpgstk4_5_45s.jpg
stk4_5_41s.jpgstk4_5_43s.jpgstk4_5_44s.jpg 
13:16急坂を下る、展望のいいところで写真 後方鉄塔の山は外国山  
13:23
砂防堰堤~東円光寺へ下山、13時25分 獸防止柵を開き林道へ
 stk4_5_47s.jpg 
13時33分 歩いた山々 外国山 鉄塔等を眺めながら
スタート地 芝下(こうげ)地区へと歩く
stk4_5_50s.jpgstk4_5_52s.jpgstk4_5_53s.jpg
stk4_5_46s.jpgstk4_5_56s.jpg
吉原地区住宅地から駐車地へと歩く 14:00

今日のデーター
11290歩 6,8㎞

岡山へ帰って早くも 5年 相変わらず 
交通機関 地理にも記憶力が乏しい、  
なのに、写真から、その時が思い出せる。
やっぱり、続けて書こう間違いの多い my blog吉備の社

myH・Pいなか暮らし

Tag:山歩き  Trackback:0 comment:0 

石清尾山魂

kgwtz_.jpg
 (地図拡大)岡山から瀨戸大橋線 マインライナー9号 岡山7時55分に乗車  
iws4_2_2s.jpgiws4_2_3s.jpgiws4_2_4s.jpgiws4_2_6s.jpg
瀨戸大橋通過  瀨戸内海の絶景を車窓に眺めながら55分で高松駅着
iws4_2_8s.jpgiws4_2_9s.jpg 
9:37 駅近くの公園で開会式 挨拶 ルート説明 準備体操後スタート
iws4_2_10s.jpgiws4_2_11s.jpg
香川県庁 高い立派なビルを見上げる、10:08石清尾八幡神社参拝 
iws4_2_12s.jpgiws4_2_13s.jpgiws4_2_14s.jpg
iws4_2_15s.jpgiws4_2_17s.jpgiws4_2_16s.jpgiws4_2_20s.jpg 
10:23 此所から石清尾山へと登りはじめる。
iws4_2_21s.jpg 
10:54 水分補給 衣服調整の小休憩
iws4_2_24s.jpgiws4_2_23s.jpgiws4_2_25r.jpg 
11:08 高松市街地瀨戸内海 屋島が見える。
iws4_2_27s.jpgiws4_2_28s.jpgiws4_2_22s.jpg
 11:20石清尾山 ▲232.4m での展望
iws4_2_29s.jpg
iws4_2_30s.jpgiws4_2_31s.jpgiws4_2_32s.jpgiws4_2_33s.jpg
11:30石清尾古墳群の通り アベリアの垣根道 自生? 植樹?
どこまでも続く 
iws4_2_34s.jpgiws4_2_35s.jpg
 12:08 猫塚 姫塚 
iws4_2_36s.jpg 
12:10 積石古墳 姫塚古墳は前方後円噴 標識あり
iws4_2_39s.jpgiws4_2_40s.jpgiws4_2_41s.jpg 
赤い鉄塔広場 お弁当タイム 日射しも心地よく 長めの休憩で疲れも吹き飛んで
山歩きの幸せ感に浸る。
iws4_2_38s.jpgiws4_2_37s.jpg
13:10 午後の歩きスタート 
iws4_2_43s.jpg iws4_2_45s.jpgiws4_2_44s.jpg
13:17 石船積石塚 石船2ヶに 遺体1人分 こんな重い石 
大変な重労働・・・人力で昔人は、力持ちだなぁ~
iws4_2_47s.jpgiws4_2_49s.jpgiws4_2_51s.jpg
13:36 最終 稲荷山  稲荷山姫塚 周辺はふれあいの森 
広場もあり空家・・・車道もあってビックリ
iws4_2_50s.jpgiws4_2_55s.jpg 
石版の標識が設置されて居るのに、文字が小さく読みにくい、
重要な分岐での標識は、解り難い、トップリ-ダーさんは、
大変です。ルート違いは致し方なく、お気のどくです。
最終歩きはらくらくでお喋りも楽しみながら歩く
あれ、鶯が囀ってる、リーダーさんの余りにも上手な口笛でした。
そうなの、鶯が集まって啼くのよ、凄いなぁ~
iws4_2_56s.jpgiws4_2_57s.jpg 
ゴールは朱い鳥居 稲荷大明神の側 そして栗林公園北口駅でした。
iws4_2_58s.jpgiws4_2_59s.jpgiws4_2_61s.jpgiws4_2_62s.jpg
高松駅で朝歩いた街並みの通りから商店街 レストラン街へ
さぬきうどんはセルフのお店で食べてから帰岡しました。
iws4_2_65.jpgiws4_2_64s.jpg
17:10地元神社の馬場には昨日からは、鯉幟が泳いでいます。
桜も開花 4月第一例会日 72名参加 会規を守り、
一般市民の方に迷惑をかけない様に、笑顔 活き活きと歩く
山仲間から元気を貰って楽しい1日を過せました。
瀨戸内海に浮ぶ島々 周囲の山と何回も聞きながら・・・
覚えて無い、これが現実、いつの日にか楽しかった古墳の山高松を
写真から思い出したい   blogを書きました。

Tag:岡山徒歩の会  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

mount

Author:mount
2002年から伯耆大山の麓で『シニアライフ』 
大山暮らしの日々 感動を記録に残したくて
PCに挑戦 H,Pを始めました。四苦八苦で何回と無く
挫折しながらも継続しています。
数年後には、BLOGが始まりました。
BLOGとHPと両方でリンクして
日々の暮らしを画像日記で記録しています。

鳥取で始めた山歩き・SKIクラブに入会 公民館講座
と親友の輪も広がり楽しく過ごしました。
10年近くして無縁だった病気に成り帰岡
岡山で再び山歩き会・SKIに入会 仲間との出会い
元気を貰って第二のシニア ライフ
私の林住期 岡山暮らしHP/BLOGと続けて書いてます。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR