豪雪の東粟倉へ

東粟倉へ愛の村パーク 
awk_tz_s.jpg 
午後からは雨かも、どうします? こんなメールが届き!!
私のチョット強引?返メール(スキー場は雪レッツゴーSKI」
早朝から、ちぐさゲレンデヘと向いましたがぁ~
awk2_17_6S.jpgawk3_17_51S.jpg

前回一週間前より、積雪量は減っている、除雪はOKです。平成大馬鹿門』
.石柱のアートが車道側に造られて居る。慌てて走行中の車から写す。
「空山」と「おごしき山」に門柱は建っている。国道沿い2ケ所に
アートの石門を見かけました。深い意味 経緯、この門に
山へ登らないでも出会いました。
awk2_17_11S.jpgawk3_17_13S.jpg
awk2_17_12S.jpgawk2_17_10S.jpg
awk3_17_8S.jpg
午後からの雨予報なのに 早くも雨が・・・!! 
気温が高く、ゲレンデヘ出てみましたが・・・
リフトが動き 滑っている人 これから滑る人もいます。
レストラン未開店 次のレストハウスへ開いてると移動
しかし、此所は団体予約が入るのでと注意を受けて・・・
シニアー仲間は、雨では滑りたくないなぁ~と同じ
awk2_17_10S.jpgawk3_17_14S.jpg
エーガイヤ 今日も又!! 東粟倉へ雪観光がしたい。 
聞き入れて貰えてよかった。此所エーガイヤから県境の志引峠へと
向かう。 その先には黄金の温泉&焼肉ランチへと向かう。
awk3_17_15S.jpgawk3_17_16S.jpg
途中、話題の「駒ノ旺山荘」コスプレで旅館を救う。
店じまい寸前の旅館は 豪雪の中にありました。通り過ぎて、
(愛の村パーク)で Cafe 休憩
すごく立派な施設で、此所からの展望 館内を見て歩く、
従業員の皆さんの、ご親切な心遣いサービス 昼時を前にして
バイキング料理が次々に運ばれています。
温泉とランチを此所に変更 
今日、17日 予約団体は有りません。それでも、
一番客として、お料理を頂く事に、その後も10数名//// 
awk3_17_18S.jpgawk3_17_19S.jpg
awk2_17_22r.jpg
テラスからは日名倉山 日本一のベルで名高いベルピールが見えています。
数年前に日名倉山登山鐘を打ち 七夕短冊を書いて飾った。
そんな事を思い出し乍ら・・・ 雪の日名倉山 ベルピールを確認しました。
awk2_17_024.jpgawk2_17_024s_20170227140412cde.jpg
awk3_17_25S.jpgawk3_17_26S.jpg awk3_17_27S.jpg awk3_17_28S.jpgawk3_17_34S.jpg
awk3_17_31S.jpgawk3_17_32S.jpgawk3_17_30S.jpg
此所 駒の尾山▲(1281m)山奥に冬も営業の愛の村パーク 2階の温泉1人〆 
露天には積雪もあり展望もいい贅沢三昧 こんなのはじめてです。
カメラ持ち込んで・・・ 又来たいなぁ~awk3_17_38S.jpg
帰途 又しても寄り道 可の有名な宮本武蔵 資料館 お墓 神社へと廻りました。
awk3_17_39S.jpgawk3_17_42S.jpgawk3_17_41S.jpgawk3_17_43S.jpgawk3_17_45S.jpg awk3_17_46S.jpg awk3_17_47S.jpgawk3_17_48S.jpgawk3_17_49S.jpg awk3_17_50S.jpg   

お天気予報で 午後から雨が早くやって来ました。
それも吉 雪景色観光は、宍粟市と県境の岡山県美作市
東粟倉へ 志引峠 県境を越えて入ってきました。
山の会での登山もこの辺り宍粟50名山を訪れる事が多い、
そして美作市も未だ知らない名所 観光地が多い。
素晴らしい場所を訪ねる事が出来ました。
岡山県南のシニアースキー仲間の1日でした。

スポンサーサイト

Tag:Daily  Trackback:0 comment:0 

吉備津彦神社 記念イベント

吉備津彦神社 アートで奉祝を 26日、本殿修復の記念イベント

ちらしを手に来場を呼び掛けるみこの三宅さん。後ろは保存修復工事が完了した本殿

踊りながら絵を描く神田さおりさん

キャンドルアーティストのMASAさんの作品

 吉備津彦神社(岡山市北区一宮)は26日午後6時から、境内で日本舞踊やピアノ演奏、オブジェの展示、映像照射といったアートイベントを催す。2014年11月から取り組んだ本殿(岡山県重要文化財)の保存修復工事の完了を記念した奉祝行事で、夜の神社を音楽や明かりで包む。

 祭文(さいもん)殿近くにメインステージを設置。随神門や池に浮かぶ亀島、鶴島など5カ所にも舞台を設ける。

 メインステージでは、午後6時半から舞踊家の坂東三千美絵さんが祝儀曲として知られる日本舞踊の長唄「島の千歳」を披露。7時からは「踊絵師」として国内外で活動する神田さおりさんが、その場で感じたことを踊りながらキャンバスに描く。

 亀島にはステンドグラス作家Mieさんが大小さまざまなステンドグラスの立体オブジェを展示、映像を映し幻想的な空間をつくりあげる。鶴島では岡山市出身のピアニスト山地真美さんが随時演奏。アーティストのChiHiRoさんによる切り絵のインスタレーションや、ミラーボールを組み合わせたオブジェなども飾る。

 神饌(しんせん)所付近の約5メートルの桜の木には、キャンドルアーティストのMASAさんがろうそくに見立てたLEDライトをともす。

 みこの三宅香保梨さん(27)は「子どもから大人まで幅広く楽しめる行事がたくさんある。神社に足を運んでもらうきっかけになれば」と話している。催しは午後8時ごろまでで観覧無料。問い合わせは吉備津彦神社(086―284―0031)。

 本殿の保存修復工事は、老朽化に伴い檜皮(ひわだ)ぶき屋根を1976年以来40年ぶりに全面ふき替え。昨年9月に終了し、11月に本殿にご神体が戻る遷座祭を行った。  
戻る⇒blog 赤穂の山を歩く

Tag:Daily  Trackback:0 comment:0 

『裸の島』

『裸の島』
裸の島 映画のあらすじ

もbv~~

戻る佐木島



Tag:Daily  Trackback:0 comment:0 

引越

 最後の引越引越004 

雨に霞む山を眺めながら…山歩き集合地へとむかう。

”元気にしとるかぁ~と日本海の海辺から弟の声が届いた、
”食べようるか~と実家の弟からも電話が今朝も届く
現役時代、大山ぐらしの頃の様に活き活きと暮らして欲しい、
2人の、そんな願いでの御津での暮し2年間
いろいろな事が次々と思い出される。

なんで、どうして…こんなに記憶力を無くし忘れ物、捜し物、
そして友を失う、誤解も受けて苦しい暮し
そんな暮しにもピリオド最後の引越 娘、孫に支えられ吉備の地へ戻った。
現役後にシニアライフ スタイルと大山暮の林住期は、
いよいよ遊行期に入ったの? 気力を失う自問自答の日
山歩き会に参加して自然の中から 山友から 元気を貰ってリフレッシュ
県内外十数回の引越は、今回はとてもシンドイ!!

ボツボツ1つ1つゆっくりと娘の声、手伝って貰って何とか落ち着いた。
他人事と思った加齢症状が次々に追っかけてくる。
昔の事ばかり話す母を冷たく叱った。同じ事をしている自分なのです。
この先 どうなるのだろう?

御津最後の日 旭川の土手早朝散歩
mit8_23_a.jpg    
 トマトも熟れるテラス栽培ぐんぐん伸びるゴーヤもう直ぐ抜かなきゃ~~
テラス野菜もここまで・・・処分前に写す
kbi9_19_a.jpgミニ菜園   
備の中山を眺めてPCに向う、南に神社広場を眺めミニミニ菜園をリニュアル 何を植えよう?
2016/09/19

前回の引越

引越し 岡山へ
 ~~~~~ 引越し引越011
引越004~~~  

 高速道地図
米子道中国道岡山道山陽道
 (124Km)
パソコン 広縁に設置ブルーベリー移植  枝切りして小さい木 数本のみが引越しホタルブクロと…? 輪を飾るドウダンツツジ・ローズマリー
先ずはPC 設置   ブルーベリーの木 花苗も岡山へ

                   
 


     
   

  
     
  

Tag:Daily  Trackback:0 comment:1 

花火 

みつ 2016 大会

岡山市北区/河川敷

2016年7月30日(土) 20:00~21:00(2015年の人出 約1万500人)
旭川の水面を染めて、川高山と周囲の山々を借景にして国道53号線 
JR金川駅 周辺で花火観賞 御津文化センタ-、図書館広場を
メイン会場として人々・・・の渦です。

約2500発の花火スターマイン(連続打上げ花火)歓声の中で
写真を写しました。
会場では、中学校吹奏楽部の演奏ステージ、うらじゃ踊りのグループによる演舞、
夜店も数々出店され屋台の香り 吹奏楽を聴きながら お祭りの人込の中を歩く、
日暮れと同時に花火を最後まで眺めました。
金川暮らしもいよいよ 後数日と成って 思い出のページ増えました。

mhnb_2.jpgmhnb_5.jpgmhnb_4.jpgmhnb_3.jpg

2012年7月

大山 桝水高原 花火リンク

桝水高原ゲレンデの花火
msmz_3.jpg
msmz_6.jpg
msmz_1.jpg 
P1130173.jpg
リンク⇒玉野 花火
花火を海上から眺める
花火観覧用の船に岡山港から乗船
2011_7_31a14.jpg
2011_7_31a11_20160806152734447.jpg
2011_7_31a10_20160806152733fb2.jpg


Tag:Daily  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

mount

Author:mount
2002年から伯耆大山の麓で『シニアライフ』 
大山暮らしの日々 感動を記録に残したくて
PCに挑戦 H,Pを始めました。四苦八苦で何回と無く
挫折しながらも継続しています。
数年後には、BLOGが始まりました。
BLOGとHPと両方でリンクして
日々の暮らしを画像日記で記録しています。

鳥取で始めた山歩き・SKIクラブに入会 公民館講座
と親友の輪も広がり楽しく過ごしました。
10年近くして無縁だった病気に成り帰岡
岡山で再び山歩き会・SKIに入会 仲間との出会い
元気を貰って第二のシニア ライフ
私の林住期 岡山暮らしHP/BLOGと続けて書いてます。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR