スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

和気アルプス (第1回)


和気アルプス 登山

 2012年2月21日  8.4度/0度  薄曇


岡山の県南瀬戸内にも数々の絶景の山がある事を知り 驚きました。
そして、岡山 
百名山があります。 これを参考にして、地元 岡山の
山を歩いてみたいと思います。 これから、どれだけの山を歩く事が出来るでしょう。


3枚つなげる 槍ヶ峰、竜王、唐沢峰 和気アルプス西方面  鷲ノ巣岩辺りから~ジャンダルム、奥ノ峰 唐沢峰 竜王山 穂高山などアルプスと3枚の写真を接ぎました。


地図 
コース  
和気鵜飼谷温泉 近くのテニスコート 駐車場へ車を置いて 直ぐ上の道 山側に登山口が見つかりました。
とても解り難い 11時、登山開始 和気アルプスへの初めての歩き ワクワクです、ネットで調べた地図を
持って、今回は、槍ヶ峰経由~神ノ上山へ~剣ヶ峰~ザイデングラート~下山の予定です。

今までは、グループでの20~30人の山歩きでした。 今回は はじめてネット検索で随分下調べ プリントしました。
しかし、成れない為 的外れで 余り役立ちません。 友達のただ1枚のプリント地図で歩く事ができました。要点は、しっかりと記憶されて居るのにも!! 今までが、いかに、人任せのいい加減な歩きであったかと思い知りました。

表示 看板はどれも殆んどが消えて読めません。 しばし足を止めて、人がよく歩いて居そうな道筋へと進みました。 ザイデングラード 岩山からの下山は道筋が解らなく 嶮しい岩を四苦八苦で降りかけて… 間違いと戻す事もあり、一番の難所で身が引き締まりました。 薄曇のウイークデー4人のメンバーと単独歩きの人に出会いましたが…やっぱり、地図を片手に道を聞かれましたが… 解りません。




1 11:10 ④ ②
   11:10 前の峰からの展望 岩山は、小石の落石も度々あり岩に這いつくばりながら一歩一歩登りました。




⑩11:25 ⑤ ⑥ 
  11:24 西側に和気ドーム 吉井川を展望   11:38    11:52   西側には吉井川を眺めて 



⑧ 12 12:26 ⑦   
   11:26 エメラルド色の池  県道沿いの池が見えているのかしらと? 11:38 クサリ場 岩を登る 



13 11:53 11 11:52 ⑨
 
   11:53 西側に山陽道が望めました。 11:52青い建物、吉井川と展望 11:25民家の側に小さな山が…



14 12:26 
⑮11:53 ⑯12:00
11:53 ジャンダルムの峰を眺める  12:00 東側に見える宗堂池 白っぽいブルーが珍しい 。


17 12:36  18 12:55 19 12:58  
 13:00 三角点 神ノ上山 山頂 370.3m 広場に到着  お弁当  東側方面を眺望



20 13:18 
21 13:20 22 13:20 
11:52 北側 和気 田舎町を望む 



23 13:20  24 13:32 27 13:14
13:55 衝立岩クリック⇒眺めながらの下山  直ぐ上まで行くも… 余りの嶮しさで引き戻す。



28 13:46 
29 13:56  32 14:20 
14:17 湧水の沢で喉を潤しました。 シダの群生が至る所にありました。



33 14:30   14:30民家(新町)へと下山 獣の防柵が
全ての田、畑に造られていました。

県道を1.2kmを歩いて鵜飼谷温泉登山口へと戻りました。
3時間半 ゆっくりと のんびり 景色を眺め、岩の急傾斜のアップ ダウン 慎重にトライ クサリ場もあり、
ヒヤヒヤ、ドキドキもしながらの達成感に浸る登山ができました。登山コース 今日は、初回で少しだけ…
他のコールも歩きたいと思います。

スポンサーサイト

Tag:岡山 百名山  Trackback:0 comment:2 

吉備の中山 竜王山


吉備の中山

2012021922340000.jpg 
スイトピー、ガーべラ、チューリップ  と パープル カラーに
包まれて お花で部屋を飾って 待ち遠しい春です。 

好天気に誘われて 久し振りに裏山を歩きました。
自然の山は、今日も何ら変わりなく、午後からの西陽が木々の間から
梢に落葉にと やさしくふりそそいでいます。

竜王山の頂上からの展望、今日は特に素晴らしい!!
岡山市街地、児島湖、児島大橋、東山国際ホテルと…次々に確認出来ました。 
動画撮影でズームして・・・ 途中 バッテリー不足で中断

雑木林の落葉の中に竜のヒゲ 青い実が光ります。
赤い実が吹きだまりに飛んでいます。 ここも強風だったのかしら、何の実??
携帯カメラで写しました。 
   

  
 
 
P1100828 (640x360)   

[
広告] VPS 遠くまで よく見えて、ズームで動画撮影 途中まで。。。
 

P1100821 (560x420) 竜のヒゲ 細い葉に隠れた青い実 『ソヨゴ』の実?針葉樹の大木が多く自生しています。 

mini菜園 と花 霜が降りる日が多く、 枯れ色の庭、菜園…その中に咲くお花と野菜
真冬 エンドウの花が咲く、 サラダ水菜 伸びる先から・・・食卓へ運ばれて ホウレン草 寒く成ってから勢いがよくなる。

    黄色いバラ 春秋咲きなのに…冬の蕾 真冬 花が咲く 何の花 『水仙』 いい香り♪強い)             

 パンジー 『ビオラ 紫』 『葉ボタン』   

   
  
 

Tag:岡山 百名山  Trackback:0 comment:0 

八甲田 恐怖のスキー

八甲田 スキー 景色に魅せられて…

ski5.jpg


 素晴しいモンスター蔵王よりも更に素晴らしい…大斜面や林間での快適で多彩なスキーが楽しめる、
八甲田に
思いを馳せて…大寒波の青森へと出かけました。


拡大
 
map_ground.gif  ski_2.jpg

ski5.jpg ski_1.jpg ski_7.jpg 


恐怖の八甲田スキー   

2月9日 1日目 
 
2_9_02.jpg 2_9_05.jpg 2_9_03.jpg 
AM 5:00高速バス暗闇の岡山発 8:20伊丹空港 青空 次写真⇒クリック 青森空港への着地が不可?現地は、猛吹雪と放送がありました。

2_9_08.jpg 2_9_30.jpg 2_9_27.jpg
11:00青森空港(20分遅れで着陸)  大雪の国道を40分間 城ヶ倉ホテルに到着

2_9_13.jpg 2_9_10.jpg 2_9_12.jpg
ホット、ドリンクで歓迎→クリック ランチ ボルシチュー お部屋も素敵でサービス お料理もファースト、クラスと大満足


2_9_14.jpg 2_9_15.jpg 2_9_20.jpg
午後スキーの仲間と別れて…数年前に宿泊の酸ヶ湯へ行きました、硫黄の香が 懐かしい 

写真 スライド⇒次の写真
2日目 
昼夜とも降り続く雪 吹雪いています。1回は滑りた…  吹雪いて視界が悪いのはと、
渋る友も誘って…皆さんについてロープ駅へと行きました。    

560005_20120218114804.jpg 560010_20120218114802.jpg 560008_20120218114802.jpg
さあ!!今日はスキー こんなのも吹雪いてる…窓枠に上がり外眺める。ここで止せばいいのに・・・

無謀な事をしてしまいました!! 仲間は最高レベルのスキーヤーのメンバー、付いてロープウェーに乗り、山頂へ其処は、猛吹雪 低温の深い雪の山頂 急傾地にポールが所々にある、しかし殆んど確認出来ない、少しでも下りないと 凍傷になる 吹雪いて視界も悪く、寒い 狭いポール間と深い雪 恐ろしさで身体が硬直 全く思うように滑れない、
そして、ポール間を少し外れる、スキーが落ちる、谷に落ちると…仲間全員が引き上げてくれる。 その後も、仲間のアドバイスも儘ならず、どうしても滑れない、過去には子供に教えたようにスキーを揃えて抱えてもらって滑ったり、先輩の背中にしがみ付いて板を揃えて滑ってもらったりと、 泣きべそスキーで下山 ボードの友も、別行動だったので、岩手県のご夫婦に助けて貰い下山出来たと…

2人で恐怖のスキー体験を話しました。  
  ただ、ただ下山あるのみで ロープウェー駅に戻りました。来て、できて


3日目 
青森駅と郊外 途中の道路と風景   
560012.jpg 560013_20120218120827.jpg 560004_20120218120829.jpg
今日も八甲田は、大寒波,吹雪 

チョット喉がおかしい…のど飴 持参では既に間に合わなく咳と食欲不振、不眠、
膝も次第に痛い 青森市民病院へと出かけました。!!青森市民病院救急は、風邪の患者さんが、狭い待合室からはみだして廊下にいます。節電なのか?暖房は小さな待合室のみ、廊下で待つ2時間少々寒くて<<震えて待ちました。名前が呼ばれてホットしましたが、体温と問診表記載のみ、やっと診察 Drから長くお待たせしましたと…!!
膝XPで再び待つ 診断は、XP異常なし、風邪薬の投与を受けて病院を後にしました。

駅近くのデパート レストランで昼食、 海鮮市場、書店、Coffeeと周り 城ヶ倉ホテルのバスで戻りました。 道々の雪の壁は、バスの倍の高さまでも増えています。 又、街へ出る時にタクシー利用 運転手さんの話し、スキー、登山で迷い込むとたいていが深水沢まで落ちて救援隊がロープで引上げる その時はもう凍死してると…私も、そうなったであろうと思いながら聞いていました。
 

田茂萢岳山頂からの7kmコース雄大な樹氷原の展望も叶いませんでしたが、これまでの長年のスキー人生 ルンルン スキーを反省しました。 その後 ネットで(激冬期の八甲田は積雪も多く気象変化も激しいので…)と注意がされていました。 悪天候でロープウェーも止る日 スキーを決してしてはいけない、自分のスキーレベルを過信してはいけない、 今回の失敗を今後に繋げなければと…何十年も前に愛読し映画でも観た『八甲田山死の彷徨』 新田 次郎 著書を思い… その世界に居た、愚かなる自分でした。 

 560031 (150x113) 冬014  560015 (113x150) 追記冬007 窓の雪 (150x113) 560010 (113x150)


帰岡後に再度病院受診をしました。 気管支の治療と体力の回復を図る日々です。
帰省時には滑ろう会の皆さんから次にはニセコ ゲレンデスキーを楽しみましょうと言って頂きました。リーダーからも元気付けメール(次のニセコ何処で滑れるように特訓する??) ハチ北でのSさんからも心強い励まし、白馬八方ではゲレンデスキーをのんびりゆっくりを一緒に楽しみましょうと・・・ 2度とスキーしない… その言葉が遠くなりそうです、しっかり書き記しておきたい、今回のこと、肝に銘じたいと思い、不味いイラストも書いてBLOG投稿 スキー仲間(滑ろう会)の皆さん、お世話に成りました助けて頂きありがとうございました。 


IMG_0002 (280x209) 20012_2_13 (200x149)現在気管支治療と凍傷の指先 

▲危険箇所
木の周りは要注意 大きな穴が出来ています。近寄らないように(この大きな穴が目の前に!!
広いゲレンデが現れてホッとしてスキーをチョット  此処ではビデオカメラをしていました。
恐さが残る滑りが写されています。それと同時に!!背負われてのスキーもしっかりとビデオされていました。
私の秘蔵スキービデオ いただくことにしています。 

 

Tag:スキー  Trackback:0 comment:7 

ハチ北&ハチ高原スキー

 ハチ北&ハチ高原スキー   2012年 スキー 第2回
s2_3_04_20120205225940.jpg
          
リンク⇒鉢伏
地図     リンク⇒ ハチ&ハチ北スキー 場    

 1月末から 全国的大雪と吹雪の悪天候スキーの日程がなかなか決まらない・・・2月3日に決定

当日は岡山県南もー3度と厳しい冷え込み、早朝4時半 カーナビを頼りに集合場所へと、 

車も少なく 市街地を通り抜けて無事到着 倉敷、備前と仲間 8人は1台の車に乗り合わせて

一路 兵庫県ハチ高原へと向かいました。

車窓からの雪景色  写真は拡大 マウスでクリック 
s2_3_01.jpg   s2_3_13.jpg 

メンバー殆んどが… 高速道開通前、若かりし日に度々ハチスキー場へと通った高年齢!!

高速を使わないで、当時の様に一般道利用 雪深い山間の 田舎道を3時間以上・・・ 

思い出のスキー場へと雪景色を楽しみながら行きました。
 
私もまた阪神大地震の前日までハチ高原で滑っていた。子供 幼き日に度々 と

懐かしいゲレンデ ハチ&ハチ北スキー場へ 思いを馳せながら…




s2_3_12.jpg s2_3_11.jpg s2_3_02.jpg

ゲレンでは、予想越える積雪 260cm、青空、絶好のスキー日和です。

新雪もあり、パウダースノー深雪滑走と意気揚々とゲレンデに立ちました。

新メンバー『岡山 滑ろう』 会との初めてのスキーです。

有余る雪を除き リフト始動のスキー場従業員さん リフトも順次 動いて、

ハチ北ゲレンデコースを次々に滑って回る。 最高のゲレンデと歓声をあげて
 
雪けむりを高く巻きあげながら頂上から4kmコースも一気に滑る。



 s2_3_07.jpg s2_3_03.jpg 杉林向うに見える赤い屋根がレストランやっと休憩 4時間以上も滑った!!”   
↑彼女 クリック ⇒まるでスキーレースみたい!!ハチ ゲレンデへの連絡リフト側 超急斜面も

滑り下りて、みんな、山頂~ハチへとゲレンデ越えは滑って・・・ リフト利用は私と他2人のみ…

皆さん超ベテラン揃い…彼女は此処をマイ ゲレンデとしてシーズン券も購入 今日は、コース案内

とリーダー役もお願い、会のリーダーは、もっぱら、滑る滑る、パウダースノーが大好きと、 

皆さんガンガン・ドンドンと華麗な滑りでアット思う間に遥か下の方へ姿が消える、見失うので、

懸命に追い掛ける私です。  
ランチしないのかなぁ~と気ももめて… 

13時やっとレストランへと向かう。ホッとする。       


   
『展望』国旗のレストラン 北壁 樹氷コースの上 赤いレストラン ランチ後に集合写真 お願い…(お名前も覚えなきゃ~) この絶景をバックにシャッターを押してもらう。    
 
昼食は、レストラン展望で、レストランなぜか カナダとドイツの国旗が?。画像拡大で・・・

カナダandドイツ料理??どの、メニューも、とてもが大盛りハンバーグandステーキandうどんandライ

スand野菜サラダ…、2、3人分!! 少食の私は、 おうどんのみが単品だったので『おうどん』にし

て、どちらの国のおうどん?? 午後からはハチゲレンデを滑り 再び山頂越え 此処では全員がリフト利

用でハチ北へ戻り、まだまだ滑る。飽く事も無く 別れを惜しむように15:30帰途 につく、高速道利用

播但道→山陽道→岡山午後7:30着



リーダーの彼女から、岡山から ゆっくり到着 リフトも動き出して、丁度よかった~
今日はゲレンデの コンディションも最高で堪能出来て良かったと…全員が満足満足
大変に、気遣いしてもらい、お世話になりました。


今日のメンバーとの出会い 大切にしたい。 しかし、私には、ハード過ぎる。 気持ちの優しい方々のグループ・・・ 八甲田スキーもう直ぐ楽しみと不安が交差する。 今迄が のんびり、ゆっくり パターンのスキーだった。
テーマ : スキー
ジャンル : 日記

Tag:スキー  Trackback:0 comment:6 

備中福山・幸山

 岡山市の近郊 里山歩き
  
 総社市に位置する備中  福山&幸山   山歩き~ハイキング  標高 302m)   

「福山合戦」の地
鎌倉幕府滅亡後、後醍醐天皇による新政となりましたが、反発した武士や足利尊氏らが武家政権の再興を目指して動き出し「福山合戦」は、このような時代背景のもと、1336年福山を守る後醍醐天皇方の新田義貞軍の武将大井田氏経軍と足利直義との三日三晩続いたと標識がありました。  
 
福山・幸城跡 への足跡


写真クリック拡大1_31_11.jpg R560004.jpg

安養寺へ参拝後 境内からのコースで福山山頂へと登る、  
 

R560050.jpg R560007.jpg R560008.jpg


山頂は古戦場 福山城跡と幸山城跡の2ヶ所 広場となって居り、整備がされて居います。

展望が素晴しく 北方面には遥か中国山脈 南面には総社市街地、吉備平野 四国までも眺望

備中高松稲荷の赤い大鳥居や国分寺五重の塔,鬼ノ城山も確認できました。 

山頂広場では 数人の登山の方々と出会い、挨拶

山頂で昼食に携帯用のガスコンロでインスタント おうどんを作って居られ!!

寒い中で 熱々おうどん いいなぁ~ 足が止り、山歩きのキャリアを感じました。   


1_31_04.jpg 1_31_01.jpg 展望広場 神社の狛犬R560019.jpg 福山城跡の広場 画面中央に見える赤い大鳥居 稲荷神社  

煙の右下に国分寺の五重の塔が見えてます。  1_31_03.jpg R560043.jpg 


両城跡を歩くと 幸福になれると… 西部方向へと山頂のハイキングコースから

途中の八畳岩、松林の中の福城跡へ、西方向をしばし展望しました。

ふれあい広場方面へ向けて下山 展望広場、古墳群と細い遊歩道を再び登り下り

を繰り返し<<ながら安養寺 駐車場へと戻りました。   

  

 
P1100564 (560x420) 1_31_05.jpg 幸城跡 広場    

1_31_02.jpg (ムラサキシキブ) 紫の小さな実がついています。 (ソヨゴ)赤い実、黒い実たくさん付いて自生していました。      
         
     
 
R560036 (300x225)   和霊神社石段1234段も登りたい”!挑戦したい!

地元登山の方から、ご親切な声かけや説明も受けて…写真も頼みました。

今回は、昼前からの短時間の歩きだったので…又ゆっくりと尋ねたい、
 
奈良、平安時代 戦乱の世の哀れな歴史が刻まれた地 備中福山でした。 

     

Tag:岡山 百名山  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

mount

Author:mount
2002年から伯耆大山の麓で『シニアライフ』 
大山暮らしの日々 感動を記録に残したくて
PCに挑戦 H,Pを始めました。四苦八苦で何回と無く
挫折しながらも継続しています。
数年後には、BLOGが始まりました。
BLOGとHPと両方でリンクして
日々の暮らしを画像日記で記録しています。

鳥取で始めた山歩き・SKIクラブに入会 公民館講座
と親友の輪も広がり楽しく過ごしました。
10年近くして無縁だった病気に成り帰岡
岡山で再び山歩き会・SKIに入会 仲間との出会い
元気を貰って第二のシニア ライフ
私の林住期 岡山暮らしHP/BLOGと続けて書いてます。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。