スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

三徳山 三仏寺 投入堂

   三仏寺 (釈迦如来、阿弥陀如来、大日如来)  投入堂
 

11_20_m37.jpg  
「三佛寺・投入堂」、修験道の行場 849年に慈覚大師円仁により開かれた。
国宝・重重要文文化財・仏教建築が点在 全域 国の史跡・名勝で名高い、


この地を鳥取在住時に訪れ 山門から岩間のお堂を遥か遠望するだけでした。
帰岡1年が過ぎて岡山 山の会の仲間と、この嶮しい岩山を登り投入堂前に立つ事が出来ました。 


国宝『投入堂』三徳山の北側の断崖絶壁の岩壁の中に建てられている。
  11月20日 紅葉真只中、大自然の儘で手の加えて無い登道 絶景の中 
木の根っこ、クサリ、大岩にしがみつき 四つん這いで登りました。


11_20_m24.jpg 
周辺の山々 眼下に 素晴しい紅葉 最盛期  

本道

11_20_m25.jpg 
鐘撞堂 鐘を突く  心に滲み入る鐘の音 余韻が三徳山 紅葉の中に入る・・・ 
余にも静寂な中に居て修験の心地しながらーー
修験道の開祖 役小角(えんのおづぬ、役行者)
←修験道の開祖である役小角(えんのおづぬ、役行者) 

午前9時 管理事務所で手続き 入山料を供え 靴裏のチェック
靴が不向きな時は、ワラジを購入して歩く事になる。
(スパイク・ストック等は禁 大自然を傷付けない為)
写真 拡大・スライド⇒2枚目あり
11_20_m1.jpg 11_20_m2.jpg 11_20_m3.jpg

11_20_m4.jpg 投入堂への嶮しい根っこ道 11_20_m9.jpg

 
Fさん4回目の参拝・・・ ご一緒させてもらう。 11_20_m34.jpg 絶壁に建てられた納経堂 周囲広縁をぐるりと回り展望 スリル満点  

お賽銭も備えて鐘を撞く 投入堂 最短位置  11_20_m30.jpg

11_20_m31.jpg 11_20_m22.jpg 11_20_m21.jpg 112030R.jpg
   
      
絶景ポイントでは、素晴しい紅葉に感動!! しかし・・・ 断崖絶壁に建つ投入堂までは常に危険が伴い緊張しました。投入堂を目の前にして感無量…1人での入山、悪天候 冬期には入山は許可されません。危険が伴い、滑落事故 現場も2ヶ所 怖々と眺め通りました。 11時半 無事タスキを返納 下山届提出しました。Fさんありがとう。 誘って頂き登る事が出来ました。 
スポンサーサイト

Tag:山歩き  Trackback:0 comment:0 

剣山(新見 千屋)

 
新見
  (962m)    紅葉落葉雪景色

画像 拡大可
大山展望 
 稜線へ辿り着くと 大山が見える!!雪とクマザサ藪漕ぎの登山道から抜け出て・・・

国道180号線  県境 明地トンネル入口広場 登山口から登る。
暫くは広い道路を歩く 三日月山と剣山の標識がある、此処からは急登りとなる。
石段は古く崩れ 雪とクマザサに遮られて道を探しながら、笹を折りながら登って行く、
思いがけ無い雪の道・藪漕ぎの登山 足先が濡れて冷たい・・・(軽登山靴の為 雪は想定外だった。)
 
鉄塔広場に到着、高度を上げる毎に雪も多いい ・・・
県境の尾根道に出ると白銀の大山も見え山々の紅葉も一際見事な絶景の歩きとなる。

剣山 登山道
剣山地図 
県境の尾根道 稜線までは、とても解り難く 歩き辛い 藪漕ぎの急坂

鳥取県の山並み・・・遥か先に雪の大山  
稜線からの展望 大山 3ッの沢、桝水高原 奥大山ゲレンデなど・・・確認できる。
a12_20aR.jpg  

写真 拡大可能 登山とは云えないハイキングの山  剣山から三日月山へも歩くと丁度いいのですが…
山頂からのパノラマ展望の素晴しさ 日本海から岡山県は眼下に千屋温泉
いぶきの里スキー場 花見山と・・・ 飽く事無く 眺めた。

明地トンネル入口 岡山県  トンネルの真中が県境 表示されてます。 鳥取県側の紅葉 稜線の雪道歩き 此処が県境   

明地トンネル内に県境  鳥取県側の樹木の紅葉 県境標識   
 
稜線の展望所 県境尾根道 頂上   ↑↑九合目の展望 休憩小屋の ドウダンツツジが赤く見頃 
 
頂上の東屋 前日の雪 頂上から南方向 千屋集落とR180を眼下に眺める。 南方面に千屋温泉といぶきの里スキー場
山頂の展望所  眼下に見える 岡山のいぶきの里スキー場と千屋温泉  

白銀の大山が見える 大山 雪帽子に雲が撒いて・・・ 望遠で撮影 北西方向に 大山の南東の壁が見える。    
 
西方向に 米子・日吉津の町 王子製紙の煙突 日本海も眺望 西方向には日本海は美保湾・美保半島が見える  いぶきの里スキー場は間もなくOPNで人工雪 制作中
日本海 美保湾 半島も見える、日吉津村の街並 王子製紙の煙  懐かしい風景  
         
 山頂は立派な展望小屋 展望表示坂もあります。
360度の大パノラマの展望 紅葉、雪景色と素晴しい 皆に見せたい・・・この絶景
展望小屋で、この風景を眺めながら お弁当、ホット コーヒーで至福の時を過ごす。
こんなに素晴しい山 歩きは軽い 誰もが登れる。最高の山 岡山と鳥取県境の山 

残雪と笹の中 石段を探して歩く
 荒れた登山道 石段が見えない!! 拡大で・・・ 
全く手入れのされない登山道 背丈ほどもあるクマササが顔を突く、登山道が解らない、
足先が冷たい、しもやけ出来たかなぁ~ 三日月山へは登らないで下山・・・ 
しかし、解り難いクマザサ道への入り口 見過ごしてトトト・・・と途中まで下山!!
気付いて、急坂を再び登り引き返す。もしや、もしやで結んだ紐まで、見落とし、忘れて・・・
尾根の絶景 カメラに夢中・・・ 再び藪漕ぎ道へと入り下山する。
オープンがもう直ぐ  いぶきの里スキー場の人工雪作り(フル稼動中)  

登山タイム 

ノンビリ、ユックリ、寄り道 迷い道 長い休憩  登山口スタート 9:20=休憩小屋10:10=山頂10:30=下山12:10 
  

Tag:岡山 百名山  Trackback:0 comment:0 

11月の菜園


吉備路の紅葉

『 吉備路ウォーキング』
国分寺 五重の塔 
11月13日 秋晴れの日に備中国分寺五重塔周辺 ウォーキング大会がありました。
 
五重の塔 柿が彩を添える 晩秋の風景 絵を書く人 写真を写す人 散策する人
 里山の自然の中を大勢の人が県内外から参加して リフレッシュしました。

吉備路ウオーキングコース 国分寺 秋の花と国分寺吉備路ウオーキングコース 吉備路は紅葉祭りで賑わってます。

大山の親友が参加すると連絡を受けて出かけました。
国分寺での再会 (貝殻山案内から半年振り) 勢い込んで行きました。
大名行列!!! 延々と続く行列゜なかなか出会えません。
参加者の方に聞くと100人も歩いているとの事

携帯電話 持参なのに・・・
やっと出会えて、再会を喜びました。 お喋りしながら1区間を一緒に歩きました。
吉備路の一端に暮しながら・・・地元を歩く機会が少ないので丁度よかった。 
   
 
吉備の中山 黒住教本部 紅葉

江戸末期 1814年に岡山の地で開かれた黒住教 本部も岡山で、
日本3大宗教の中にあり 国内外の信者さんが居られます(作業奉仕の方に聞きました。)
昭和49年には 此処 吉備の中山へ本部が移りました。

 吉備の中山 神道山 黒住教 大教殿正面の紅葉                 
黒住教本部の日拝所  山頂へは、動く歩道もあり誰もが登れます。
過去に一度だけ元旦の日拝式に、登りました。
厳かな祝詞 山頂の冷気に包まれ登る太陽を拝みました。
 
神道山 櫂の木(紅葉)和気静谷学校からの分株    
櫂の木 紅葉 今期も2日間を此処へ登り ご祈願をして頂き紅葉を眺めました。
和気閑谷学校櫂の木の分株  大教殿の中から撮影

日拝式 元旦の日拝式  毎朝 日の出の時間
には此処 山頂で日拝式が行なわれています。     
 



mini 菜園 紅葉

県南岡山の菜園は年中 青々として… 今も咲く百ニチソウ、ミカン ルッコラなどで菜園は賑やか・・・ チンゲンサイ 今が旬 ブロッコリー・レタスと今が旬 サラダミズナ・ホウレンソウ・ネギと育っている 菜園に 今も咲く 春、夏の花とルッコラ、種が落ちて年中食べてます!! 野菜が育つ 
緑のカーテン ゴーヤ後に、エンドウの種をまく 芽が出て・・・撒く。 ビオラ 植えて未だ数日 134454R.jpgドウダンツツジ紅葉これから… 色付きはじめたモミジ  来季を期待する庭の西条柿  11_15_01.jpg !!  

紅葉がはじまった木々 冬も野菜が育つ菜園
(大山では‥今時は雪囲い 菜園は春4・5月までは雪の中)

何時の間にか大きな椎茸 小さな椎茸が出てきました。
菜園を作って1年半 しっかり活躍してくれます。 
 
今も尚 雪深い大山のイチジク・ブルーベリー・冬柿もしっかり成っていた…
育てた木々 庭も気がかりで、さびしい・・・
借家にして数ヶ月 これで良かったのだろうか、住まないと傷むからと??
でも、あの豪雪の中での暮らしは、もう出来ない・・・

Tag:mini 菜園  Trackback:0 comment:0 

紅葉の大山道 

大山道 (大山滝)秋015 みつがしわ山の会 11月例会

紅葉の大山古道 「川床コース」を歩く 人々の信仰の場 大山寺への参拝道であり
大山博労座での牛馬市への連絡道の1ツ 川床~東大山へと向かって
大山滝~一向平(イッコンガナル)へと下り道 縦走トレッキング 先人が牛馬を追い、歩いた道、
今も、さして変ら無い風景の中・・・昔を偲び歩きました。  
秋005  サムネイル 拡大で見て下さい。トレッキング コース地図
 
 11_7_d28.jpg

11_7_33.jpg
 

DSCN4982R.jpg 
 
写真サムネイル拡大  スライド次の画像の リンク矢印で戻す。
11_7_d4_20121114124617.jpg 11_7_d1.jpg 11_7_d3.jpg 

11_7_d5R_20121114124618.jpg
 11_7_d6.jpg 11_7_d8.jpg 
担当リーダーFさんの案内説明で大山 より深く知ることが出来ました

紅葉の絨緞を踏みしめて歩く 11_7_d32.jpg 落葉樹林で見通しのいい大山道          
kuw10.jpg 11_7_d13.jpg 11_7_d18.jpg
大山道の石畳 スライド写真に説明文あり。大休峠からはユートピア小屋が右山頂に見えてます

 11_7_d17.jpg 11_7_d30.jpg 11_7_d19.jpg
大休峠 此処で昼食 お弁当休憩  

 11_7_d29.jpg 11_7_d25.jpg 11_7_d35.jpg
落葉樹林の中 ミツバツツジが咲いている!! 木々の間から剣ヶ峰が見える。大山滝 現在は豪雨に潰れ一段滝となり 滝つぼは土砂で埋め尽くされて・・・管理人の説明   
 バックに大山滝 何時もこの笑顔で過ごしたい。 11_7_d34.jpg 大山紅葉 橋を渡りゴールは近い・・・ 紅葉の大山道 トレッキング終盤 素適な笑顔 今が青春で~すVV 11_7_d36.jpg 143029R.jpg      
スライド写真あり画面移動は左上の⇒で、最後は喘ぎの坂越え゜で一向平へ 山頂に代り大山滝で大先輩Sさんと
    
 イワウチワ イわカガミ  
イワウチワ 自生現在は 葉のみ (↑↑イワウチワ イワカガミの花)

 DSCN4952R.jpg  11_7_d23.jpg DAISEN_FALL01.jpg
資料に記載不思議な石碑 アオモジの若木 夏の大山滝 
大自然 雄大な大山は間もなく深い雪に閉ざされる厳しい冬期を目前にして、
素晴しい紅葉でした。みつがしわ会32名はトレッキングを楽しみました。 
登山の好季節 東北、北海道、海外へと楽しまれる皆さんの情報も聞きながら
歩きました

心地よい秋の風 多少の汗を流しながら歩きました。 紅葉に癒されて・・・
今月も参加できた事に感謝  担当役員の皆さん、お世話に成りました。

上達の無いBLOGを書いて会への参加 今年の最後となりました。
来春から、また元気に皆さんと山歩きを楽しみにしてます。
ありがとうございました。

バックスタイルばかりの写真での投稿でしたが…今回はチョットだけ、
皆さんの若々しい笑顔、満面の笑み…幸せ顔をアップしました。


 追記
リンク⇒大山博労座で2007年blogから
* 間違い、写真ダメ  電話かコメントで教えて下さい。訂正しますよろしくお願いします。 monut    
 

Tag:みつがしわ山の会  Trackback:0 comment:4 

角ヶ山

           

  
(ツノガセン) 1152.7m 
  
7月26日 リンク泉山登山



泉山登山で眺めた角ヶ仙 帰路休憩した掛畑ふるさと村の看板で、
仰ぎ見た
角ヶ仙 紅葉が最高11月初旬 素晴しい山歩き.

誰もが・・・ 私も当日にも 尚、迷った紅葉登山は定番の(大山・ 蒜山)
しかし、以前から、気になる角ヶ仙へ 初めての山へ不安と期待で登る。 
画像 拡大 サムネイル 
登山口に入り 直ぐに、この標識が出迎えてくれる。 
写真 下手な写し方不慣れなカメラで撮影写真が出て来ただけでもよかった。

展望 石版表示 P1000134R_20121115090019.jpg  
  石版の展望案内  木立で確認が難しい
 

01_t25.jpg
 
紅葉の山並み、雪を冠る前 暖色に包まれて!!

01_t28.jpg 
登ってきた登山道 尾根を振返り眺める

P1000129R.jpg 
越畑ふるさと村からの角ヶ山   
 
「越畑キャンプ場」からの登山口 急登りが延々と続く、今までに経験の無い山歩き
目の前には、垂直にも近い急坂が続く 展望の無い雑木の中を転ばないように、 
30分近く・・・展望所へ到着 汗でぐっしょり シャッも脱いで衣類調整と水分補給  

P1000136R.jpg P1000137R.jpg  
越畑キャンプ場 炊事棟 横の登山口

偽木の階段が急傾斜に延々と続く
 登山道 数少ない展望地から 
直線 急傾斜の擬木階段が何処までも続く・・・

中国地方、何処にでも自生 ツルリンドウ 稜線も雑木と笹に覆われて・・・落葉の隙間から・・・
ツルリンドウが至る所に咲く登山道 足を止めて弾む息を整える 落葉樹林の間から眺める山並

山頂での景色は素晴しい!!ツツジの紅葉 笹の尾根 山頂稜線に入る 2山のピークを越える。  
泉山の雄大な山容と笠菅峠からの登山道が見えて、中間点の反射板!!

2っの ピークを過ぎて・・・ 角ヶ仙が現れる、再び 超急傾斜登り最後の奮闘 
笹に掴まり息切れしながら一歩一歩登る。
 

01_t11.jpg 角ヶ山 山頂
稜線展望が最高の紅葉の山々 登山道は深い藪漕ぎの歩き 突然に山頂が現れる!!
 
  
山頂で。。。 正面の白い布切れ!!ゴミ、落し物!! 角ヶ山 三角点  
山頂標識  三等三角点 広々とした笹原 360度の展望   

山頂広場で お弁当、そしてノンビリ タイム 素晴らしい!!
やっと辿り着いた下山したくないなぁ~ 此処へ泊まろかな~なんて・・・ 
これこそ・・・山歩きの達成感  醍醐味を満喫 
気がつけば!!遠くの山々が霞んでくる 慌てて写真・・・
あれ、大きな布ゴミ??木に撒きつき縛ってある 寄せ書き布片2枚
!!
景観が残念 避けて写す・・・  
01_t17.jpg 01_t15.jpg
東方面には那岐連邦も見えるはず・・・ 東方向 紅葉の山模様   

01_t23.jpg 01_t27.jpg
長休憩後 下山は、角ヶ仙を縦走の下山 真直ぐに角ヶ仙の麓へと急直降下、

笹をしっかりとつかんで、急傾斜面を降る、一面の笹原を…一気に50分
もう直ぐ雪・・・(直降下のスキーコース 数分かしらと・・・)  目の前に開ける紅葉の山々
ジグザグ作業道のついた山並が見える。足元が見えない籔漕ぎの下山道 転ばないように・・・それでも シリモチ数回 やがて林道へ キャンプ場の登山口へ下山 


花知ヶ仙 越畑ふるさと村からの展望  

越畑ふるさと村(標高600m)から仰ぎ見る山々 角ヶ山 泉山この頂上へ登った。

角ヶ仙 縦走 急登り、急降下笹漕ぎ 絶景と今までにない山歩き体験    

岡山の山 評価★★★★   mount best one  

Tag:岡山 百名山  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

mount

Author:mount
2002年から伯耆大山の麓で『シニアライフ』 
大山暮らしの日々 感動を記録に残したくて
PCに挑戦 H,Pを始めました。四苦八苦で何回と無く
挫折しながらも継続しています。
数年後には、BLOGが始まりました。
BLOGとHPと両方でリンクして
日々の暮らしを画像日記で記録しています。

鳥取で始めた山歩き・SKIクラブに入会 公民館講座
と親友の輪も広がり楽しく過ごしました。
10年近くして無縁だった病気に成り帰岡
岡山で再び山歩き会・SKIに入会 仲間との出会い
元気を貰って第二のシニア ライフ
私の林住期 岡山暮らしHP/BLOGと続けて書いてます。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。