ニセコ スキー


hi2_26_17.jpg 
ニセコ ビレッジ スキーリゾート
スキーツアー 後半 2月26日~3月2日グループ17名は
 県北、県南から 岡山空港に集い北海道へと向かいました。

上空から富士山を、こんなにも奇麗に眺めるのは初めてです。  ni2_26_05.jpg 
上空から富士山を、こんなにも奇麗に眺めるのは初めてです。 ni2_26_03.jpg 千歳空港 到着日  
千歳便が飛ばなくなって 今回も羽田空港乗り継いで北海道へ
上空から日本列島をこんなに奇麗にくっきりと眺めたのは初めて
遠くから富士山を確認して、その後もぐるりと近く、遠く 東京も
しっかりと眺めました。


2月末からの大荒れ警報・注意報の天気図
. 今回のツアーは、折しも、日本列島 特に北海道は強い寒気が入りました。(天気図↑↑
大寒波は大雪と強風の情報が報じられます。 ニセコにも風雪が押し寄せる。 
プリンスホテル ひらふ邸 窓から眺めた羊蹄山も初日だけでした。 

窓から羊蹄山を眺めたのも2日だけ。。。 山頂は霧 ヒラフエリアのリフトゴンドラで滑る。

ヒラフゲレンデ エリアから出ることが出来ない。 リフト乗場 メンバー ランチ後 屋根の雪降ろし眺めてる・・・  マウンテンセンター 雪降ろし風景    
27日からのスキーは、ニセコ センターフォー(1720m)で上がると、シンボルの大きな温度計は深雪で台座は雪の中!! 
続いてエース第3ペア(881m)に乗ると視界が次第に悪くなり リフト到着場所も見えなく 突然に終点、慌ててリフトから降りる。 濃霧で視界が無い 恐ろしさで震える。他のスキー場へ移るなど!! 此処からは滑って降りる人
アイヌプリスキー場へと更に上のリフトへ行く人とに別れる。視界が無くなって何も見えないゲレンデに立ちすくみ、ロープと直ぐ前の人を頼りに急斜面を横滑りしながらチョットづつ下へと降りていく。
何処へ向かっているのやら・・・ 度々顔を突き合わせて談議 林間やコース外へ入り込まないようにと…先輩の方々
引き戻したりしながら少しづつ・・・霧が薄れて視界が解るまで降りてスキーで麓に戻る。 もう此処(ヒラフ)ゲレンデで充分とヒラフゴンドラ(2660m)周辺を滑る。

2日目、今日こそ、何とか隣のスキー場へも滑りに行きたいと…花園スキー場・ビレッジスキー場へ行こうとしました。しかし今日も又、濃霧で視界が無い中に入り込んでしまった。昨日と同じように恐々と滑り降りてきました。  

 ニセコ の数々のゲレンデ 山の上の方には濃霧 人気ランチ 天丼セット 豚汁も茶碗蒸し¥1000!! 豪雪  

外人レストラン、クラブのイルミネーションがヒラフの通りに輝く  ニセコ スキー4泊5日 ヒラフを後にする朝 千歳空港へ 尻別国道 きのこ大国道の駅 休憩所
猛吹雪 前が見えないバス・・・雪壁の中を走る。 高い雪壁道 千歳空港へと走る 中山峠を過ぎて小雪に変る

3日目は安全なアルペンコースとフリコ コースで午前中のみで早終い・・・倶知安 大雪の街へ出ました。
ベテランスキーの仲間は、それぞれに何処を滑っていたのか?ナイターの灯りが点く頃に戻ってきます。
3日間のスキー全部が悪天候に見舞われましたが、それなりに大きな体験と大自然の脅威を知りました。

いよいよ帰途に付く日は、更に激しい暴風雪の日となり、空港への国道の風景も恐ろしいばかりです!!
バスの前方 は吹雪で何も見えない運転手さんは高い所から設置されて居る道幅の標識で走行しているようです。
飛行機の欠航が次々に出る中、運良く1時間遅れで北海道を後にしました。
4っのスキー場とモイワ山スキー場へもと楽しみにしていたメンバーも濃霧に断念
★しかし、TOPを滑ったMさんはロープ直ぐの深い雪渓(5m)に落ちました。
 濃霧の中 思いがけない危険が潜んでいました。 救出され入院しましたが2週間
遅れての帰岡 現在は通院リハビリを頑張っています。

過去 数回滑ったニセコスキーですが、今回は何かと驚きました。
ゲレンデ、スキー場の名前が変って、過去にあったホテルお店が無くなっています。
外人さんが非常に多く、 此処は日本なの?そんなニセコに変っていました。

★ 『登山の教訓と同じで・・・ 急激な気象の変化 悪天候の冬山 
濃霧の恐さ 無理しないで止める勇気決断が重要な事を深くしました。
 ニセコ&倶知安の地図  拡大
 

アイヌプリのスキー場
 
スポンサーサイト

Tag:スキー  Trackback:0 comment:0 

備前の笹尾山


笹尾山(268m) 
(岡山備前市
笹尾山
  備前の山岡山 百名山
ーーー歩き ×登山口不明 ひき返す
山頂から瀬戸内海展望 
山頂に電波搭が並ぶ瀬戸内 笹尾山
真青な海 片上湾とブルーラインが見える
瀬戸内海に浮ぶ小島は、長島?小豆島??

岡山暮らし1年 瀬戸内海の眺望 絶景に魅せられて… 
岡山百名山歩き 残り少なく成った、笹尾山へ
東方向の眺め 瀬戸の雑木林 もう直ぐ春 木の芽も膨らんでる 

笹尾山 山頂 展望 クラレ? 四国? 青い海 山麓から 見上げた鉄塔の山頂  
遠くからも見える鉄塔の山頂 鉄塔の山頂に立つ ツツジの蕾が大きい瀬戸内の山

だれが岡山百名山と決めたのか? 名山に乏しい岡山 行く奴がバカ…】
と掲載されていた…備前の笹尾山へ 興味が沸きました。

たくさんの資料からプリントして出かけました。
やっぱり… 地図上の青線×2ヶ所とも登山口へは、
辿れません!! 地もとの人から登山道は無いと云われた。

 西側から山頂までの管理道歩きを勧められた。
山頂近くまで、車でのドライブとする。
山頂の眺めは 抜群 とても素晴しい。
 春の兆し ツツジの蕾も膨らんでいます。
素適なドライブが出来ました。

資料片手に方々歩きましたが… 頭上に仰ぐ鉄塔の
山への登山道が解らない、不思議です。
ツツジ咲く頃に、もう一度挑戦登りたい。 

Tag:岡山 百名山  Trackback:0 comment:0 

恩原高原 雪山歩行

 みつがしわ山の会  2月例会

on2_22_29.jpg  

 『みつがしわ山の会』 冬休み中のmount  スキーに夢中 そのゲレンデ 
リフト頂上より 更に高い 山頂 雪山歩き
Funaちゃんの山歩きブログに惹かれて・・・
2月例会 雪山歩きに不安いっぱいながら…初体験参加を申し込みました。
   
  恩原スキー場 レストハウス 岡山6:00出発⇒(2:30)恩原着 雪山に向けて準備をする。  
8:30 恩原スキー場へ到着 新雪もありスキーヤーの車が並んでいる。 恩原スキー場 レストハウス前 ウオーミングアップ  リーダー、他雪山歩き体験者によるラッセルの後を歩く 杉林 若木は雪に埋れている。
 9:00 ウオーミングアップ後パノラマ第2リフトに乗り ゲレンデ頂上へ 
 先頭は深雪を掻き分け一歩一歩進む(ラッセルと言う)

よく変る 山の天気 昼前から雪となう。 ゲレンデ山頂 1,550m へは、リフトで到着 いよいよスノーシューを付けて歩き始める。開始  on2_22_30.jpg
  山は モノクロの世界 その中 カラフルな彩 31名の会員の列が行く
新雪を掻き分けて(ラッセル) 元気仲間が先頭く歩く  チヨット休憩 白銀の尾根には目印は深い雪に埋れて・・・地図、シルバコンパス、鉄塔等で調べながら歩く 
山頂は緩やかな白銀の山々 標識も三角点も小屋も木々も雪の中
方向違い!! 途端に列は崩れて・・・目印鉄塔で皆が其々の歩きとなり目印の鉄塔が on2_22_24.jpg 粉雪が舞う中・・・ 其々のスタイルでお弁当
鉄塔を目印に歩く・・・間違い?? 突然 列が乱れ 先導者が増える・・・  
昼前 雪が舞う 吹雪くその中でお弁当タイム振るえながらの・・・ 
雪弁当 傘を広げるメンバーも・・・
11:30 樹林の中 新雪を踏み通りぬける。 on2_22_8.jpg 樹林の中  
   雪の木立 素適なロケーション  誰もがカメラを取り出してポイント   
 
下山後のクールダウン 体操 踏み固められた所で、早々スノーシュー外す ベテラン指導会員さんにリュックに取り付けて貰い、らくらく下山 恩原高原スキー場 
  クールダウン スノーシュー途中から外してリュクにつけて下山 2:30 

スノーシューとストック レンタル ¥500 見渡すかぎり 白銀の山並み 平らな稜線・・・ レンタル スノーシューとストック¥500

スノーシューで歩く 雪山は、嶮しい山々も樹林も沢も全て雪に包まれて
一面 白銀の緩やかな姿に変貌している。 

雪山歩き ベテラン先輩 数名をリーダーとしての歩き
目標とする標識も雪の中 遠くに見える鉄塔を眺め地図を眺めながら歩く・・・
時には間違い、引き返したり、列が大きく広がったりと・・・
天気も変り易い!! 天気は一気に雪が舞う 吹雪く 又晴れる。

雪山の歩き 難しさも体験しました。
2013年の冬 雪山歩きに参加出来てしてよかった。

Tag:山歩き  Trackback:0 comment:2 

広島 県民の森

 広島 2013/2/12
県民の森スキー

ke2_12_11.jpg
中国山地随一の雪質を誇る比婆山麓のスキー場へ10数年振りに滑りに行きました。 
公園センターには、食堂、休憩室、温泉、宿泊も出来ます。アフター スキー休養して帰りました。 

思い出のゲレンデ シングル リフトは架け替えられてペアーになっています。
(子供が幼い頃で 足が届かなく、椅子から落ちて雪の中に居ました!!)
雪が深くパウダースノー北海道、信州にも負けない中国山地のスキーでした。

ke2_12_03.jpg ke2_12_01.jpg 

ke2_12_08.jpg  ke2_12_04.jpg  ke2_12_09.jpgke2_12_10.jpg ke2_12_05.jpg ke2_12_06.jpg
   ke2_12_07.jpg     
10時頃からは賑わってきました。 滑り易い雪質 スキー場です。
 来季も是非滑りたいと・・・・・ 登山で歩いた、山頂は?? 
 食堂も駐車場も昼には、賑わった【weekday】のゲレンデでした。 

いなか暮らし mount HP&BLOGから広島 
県民の森 登山
 2008年10月19日 あれから4年4ヶ月も過ぎていました!!
[広告] VPS

Tag:スキー  Trackback:0 comment:0 

奥美濃スキー

奥美濃スキー
ー 

IMG_taka_01_20130221141034.jpg
2月6日 20:00 岡山出発 奥美濃へと向かう。 深夜1:00過ぎ高鷲ICを出る。約5時間でスキー場へ到着 仮眠の出来る、ゲレンデセンターを捜して周る。雪が舞う 奥美濃の地 R156ダイナランド⇒次いで 仮眠室のあるホワイトピアへ移動 仮眠室は高額!!⇒次いで鷲ヶ岳スキー場 スキーセンター 此処で仮眠 ↑↑オレンジ色6日走行道路  

1日目 2月7日 鷲ヶ岳スキー場 

 鷲

スキー場 大きな駐車場 第一は早朝から次々に車が入る。

雪が時折 舞うスキー場はリフトの稼動と共に賑やかに活気に溢れる。
私達もその中に・・・ ゲレンデコース 先ずは一順 雪質のいい 尾根コース、パラダイスコースを滑る
ホワイトピアとの共通券でありながら滑り込みは不可
直ぐ横にゲレンデ、リフトも眺めえながら滑る。間違って滑り込み両チケット代金支払った年もある。
単純なゲレンデに先輩スキーヤーは物足りない?
雪が降る。。。 ランチ後は、鷲ヶ岳温泉へ 長々と癒す。 

大広間温泉 和室の休憩所では、友達は早くも寝入っている。
センター内 ウインド ショピングしたり・・・降る雪を眺め、すっかり寛いでお喋りしたり 
4時半までは帰れない、1万円が当るかも・・・リフト券と一緒に貰った抽選券
夢をみさせてくれました。 残念 降る雪に明日のスキーを楽しみにしてペンションへと帰る。 


2日目
 2月8日
 高鷲スノーパーク&ダイナランtak2_8_50.jpg
高鷲スノーパークとダイナランドスキー 西日本最大級のビッグゲレンデ 夜にも降雪がありゲレンデは整備されて最高のコディション  快晴のスキー日和 早朝から 賑わっている。周辺のスキー場を一望にしながら大日岳でのスキー ゲレンデを滑る。 ダイナランド ゲレンデへも滑り込む全コースを滑り終えて再びスノーパークのゲレンデへ戻る。ランチ後もスキーを楽しむ、 コース端の新雪の深雪へと滑り込む仲間 雪煙の中へと直ぐ消える。存分に滑り終え、満足してゲレンデを後にする。

モノクロ風景に彩りデザインが目を楽しませる高鷲スノーパーク センター
 
ゲレンデから眺める高鷲スキーセンター スノーパーク ボーダー専用の丘 見応えがする。 カメラもOK 2日目のお天気↑↑

高鷲スノーパーク 此処も満車状態 向にひるがの高原、鷲ヶ岳が目の前に見える。
 ベテラン スキーの仲間の足を引っぱりながら…後を追う。 ゲレンデ山頂 1,550m 山頂カフェ『ポポロ』 

  『ふたごえ温泉』 気品ある温泉施設 皇室も来所された、 高速道開通で高い橋脚の下になった温泉 昔の風景とは一変しています。 白鳥 ハートピア四季 17時09分  


関SAでの夕食と休憩お花がたくさん飾られて心癒されるSA  大満足のスキーを終えて、予定通りに、温泉施設『ふたこえ温泉』コージュ高鷲へ向かう。地下1,200mの天然温泉 溢れ流れるお湯を1人占め… 露天風呂は雪の中でゆったりと温まりやすらぎました。高鷲の地 今年も滑れた事に感謝し、休憩後 帰途に着きました。途中 白鳥の阿弥陀ヶ滝へ寄ることにして白鳥高原 ウイングヒルズスキー場 方面へと進む。 ハートピア四季まで登ると滝への道路は数メートルの雪の壁に塞がれて行き止まり。 スキー帰りのバス、マイカーが次々に九十九折の急坂道路を下って来る。此処で引き返して白鳥ICから東海北陸道へ入り 岐阜一宮 岡山へと戻りました。  
  
 [広告] VPS 
スキー 
2日目は好天気 仲間に動画を写してもらう、カメラを手にして滑りながら写している!!
...more

Tag:スキー  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

mount

Author:mount
2002年から伯耆大山の麓で『シニアライフ』 
大山暮らしの日々 感動を記録に残したくて
PCに挑戦 H,Pを始めました。四苦八苦で何回と無く
挫折しながらも継続しています。
数年後には、BLOGが始まりました。
BLOGとHPと両方でリンクして
日々の暮らしを画像日記で記録しています。

鳥取で始めた山歩き・SKIクラブに入会 公民館講座
と親友の輪も広がり楽しく過ごしました。
10年近くして無縁だった病気に成り帰岡
岡山で再び山歩き会・SKIに入会 仲間との出会い
元気を貰って第二のシニア ライフ
私の林住期 岡山暮らしHP/BLOGと続けて書いてます。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR