西赤石山 登山

 2013年5月例会  
     
  
aks5_15_102a.jpg

aks5_15_102.jpg 
マウス 地図移動・拡大は左上+-で可
5月例会2013年5月15日
アケボノツツジ満開の5月15日 41名参加 2台の小型バスで 岡山駅から、わきあいあいの
登山ツアーです。
登山時間(8時間)
日浦登山口(8時40分)⇒東平駐車場下山(16:40)
全行程(13時間30分)
岡山西口出発(6:00)⇒豊浜SA(7:20)⇒日浦登山口(8:45)⇒銅山越え(10:45)⇒ 西赤石山頂(13:00) ⇒東平駐車場(16:30)⇒道の駅マインピア別子⇒豊浜SWA(18:30)⇒岡山駅 帰着(19:30)

aks5_15_93.jpg aks5_15_32.jpg aks5_15_31.jpg    
  会長 開会挨拶(8時40分)⇒準備体操 8:40    
aks5_15_35.jpg aks5_15_82.jpg aks5_15_63.jpg
小足谷接待館 煉瓦塀  きれいに積まれた石垣 足谷川に架けられた橋 数箇所を渡る         aks5_15_64.jpg aks5_15_41.jpg aks5_15_38.jpg
      苔むした石垣 此処は戦いも無く 先人が暮らした銅山 思いをよせました。
aks5_15_94.jpg aks5_15_50.jpg aks5_15_75.jpg      

aks5_15_40.jpg
 aks5_15_53.jpg aks5_15_96.jpg
銅山越が過ぎると登山道は西赤石山頂へと急坂 岩場あり綱・梯子登りもある。 
aks5_15_48.jpg aks5_15_52_20.jpg aks5_15_49.jpg  
11時20分アケボノツツジに染まる山々…あの苦しかった登りの一歩一歩が消える。     
 
aks5_15_71.jpg aks5_15_33.jpg

aks5_15_76.jpg aks5_15_74.jpg aks5_15_87.jpg 
  はじめて見るアケボノツツジは丸みのある5枚花弁がやさしく ホンワリしています。
aks5_15_81.jpg aks5_15_34.jpg aks5_15_62.jpg記念写真  今回は珍しく女性が2名多い (集合写真 Kwさん使わせて頂きました。)
aks5_15_43.jpg aks5_15_88.jpg aks5_15_61.jpg   

aks5_15_90.jpg
 aks5_15_95.jpg aks5_15_69.jpg
岩場の下り、 谷間の花 ツガザクラ  
aks5_15_78.jpg 別子ダム バスの中から aks5_15_91.jpg
東平駐車場へ下山 バスの中から別子ダム 道の駅マインピア別子 
besi.jpg aks5_15_30.jpg  

 別子銅山跡 元録4年大正5年頃 
新居浜市への道路はつづら折れの高い橋脚を下る。
登りも 下りも トップメンバーの中で歩きました。後半の登りでは、
何回と無く 苦しくなって、休憩が待遠く・・・荒い呼吸で
重い足を運びました。『リュックを持たせて!!』 『これ飲んで・・・と
仲間からの心遣いがうれしかった。 お蔭さまでアケボノツツジを
見る事が出来ました。 参加した事への後悔と弱音は,どこへやら・・・
登ってよかったと達成感に浸りました。みつがしわ会への出会いに
感謝しました。   
 
     

法皇山脈の山頂を淡紅色に染めるアケボノツツジに感激しました。 
愛媛県新居浜市の西赤石山登山 8時間の歩きでした。
登山ルートの別子銅山跡 明治・大正・昭和と 嶮しい谷間の地に
小学校、演芸場などもあり 当時の繁栄に驚くばかり です。
興味がわきます。日本の三大銅山の一つ別子銅山跡地を通過しました。
歴史資料館も観たり 又の日にゆっくりと歩いてみたい。

リンク↓

みつがしわ山の会

山歩きNo,1
山歩きNo
,2

スポンサーサイト

Tag:みつがしわ山の会  Trackback:0 comment:0 

初夏の庭

  

 My mini Gardening  何十年も変らず、黄色いバラが咲く 初夏  

2013年 春のバラ 
写真 拡大 説明
シモツケ持ち帰った分株は、よく育ち花芽がついてもうすぐ咲く シラン 花言葉(不吉な予感 美しい姿) タイム 大山より淡い色、よく繁殖する、
シモツケソウ                 シラン       タイム (ハーブ)
キンギョソウ 1年草 冬も枯れないで初夏の花壇に今年も咲いている。  ニチニチソウ 直ぐに鉢いっぱいに咲くでしょう。 マリンゴールド この夏も咲きます。香りが強く害虫除けにもなるという。 
   キンギョソウ           ニチニチソウ      マリンゴールド
菜園~~~~~~~
  
ゴーヤ 小さな苗も 真夏には、二階のテラス迄 届く  昨年の実から種つくり・・・やっと芽が出たゴーヤ
ゴーヤ (昨年の実から種をとり苗を作る・・ 
 
ピーマン オソ霜 低温にも強かった。 この夏 食卓を彩るトマト ブロッコリー 低温にも強い 春早くも青虫に食べられる・・・ 
ピーマン        トマト    ブロッコリー
セロリー 5本 小さな苗は、グングン大きくなる。    『ルッコラ』ハーブの花 年中芽吹いて食べてます。
セロリ(ハーブ)    ルッコラ(ハーブ) 

植物に触るのが好き 起きると直ぐに花、野菜を見て元気をもらう。
買い物 やっぱり 園芸店に立ち寄る。

晴れの国 岡山だから・・・4月9日 (曇18℃/8℃)
 とうとう 買いました。 定番夏野菜に+ウリ・オクラ・セロリ・ブロッコリー
店頭に並ぶ 苗を眺めて実りを思いながら・・・

しかし、その後の冷え込み 霜!!4度 5度の日が続いて・・・
苗が弱って 次々に枯れていく、

5月11日 再び 苗を買い足して植えました。
種撒きしたゴーヤの芽が出ない。ゴーヤ苗 買うかなぁ~”
1ヶ月以上も過ぎて芽が出ました。 5月17日
ゴーヤも定植してネットを張りました。 トマト キュウリに支柱をする。
夏の収穫を楽しみに~水撒きをします。晴れの国 岡山の野菜つくり



   
     

 

Tag:mini 菜園  Trackback:0 comment:0 

広戸仙

岡山県北の山
nagi05.jpg 
拡大
nagid.jpg  
nagie.jpgR450  塩手池公園 写真3枚 パノラマ合成 

那岐連山の西端の広戸仙に登る事にしました。 
県北の未踏の高い山々 リストを作りランク付けして一山づつ登る。
・・・岡山の百名山・・・登りきる事が出来るかしら?

大きな地図に〇つけてランクを上げたり下げたりと楽しみに見ています。
先ずは、展望が第一 そして、お花の季節にも合せて・・・mountのこだわり
登山絶好の季節 山が呼んでる・・・日帰りの山歩きです。 
頂上でのんびり風景を眺めて 途中にもカメラしながら・・・  

会の月例会で先輩の方達 三座縦走と話していました!! 
何てすご~い、 
一山でもヒィヒィの連続で休憩しながら のんびり歩いてます。

ngi6.jpg ngi9.jpg nagi15.jpg
 9:30 登山口 出発   10分の登り 東方向に雲海の中に山並を展望  10:30 第一展望所
nagi13.jpg nagi22.jpg nagi26.jpg
   キツイ登り 息切れがして足が止まる。 何組かの若者に追い越される。 
nagi27.jpg nagi29.jpg nagi30.jpg
  此処でも 又 ミツバコバノツツジに出会いました。 県北の高原に咲くツツジ
nagi25.jpg nagi87.jpg nagi32.jpg
11:30 山シャクヤクが咲いてると『ふるさとコース』 第2展望所で2人がそのコースへと登った
nagi37.jpg nagi38.jpg nagi41.jpg  
 12:00 山頂に到着  尾根続きの滝山・那岐山の展望 爪ヶ城跡を歩く   
nagi44.jpg nagi09.jpg nagi93.jpg
山頂での絶景 那岐連山をバックにして 写す。
nagi92.jpg nagi53.jpg nagi55.jpg
 第3展望台でお弁当を食べてから下山 13:00  
nagi51.jpg nagi57.jpg nagi58.jpg
カナメモチの通りがありました。下山途中の兜神社跡 と祠 14:20
nagi68.jpg nagi67.jpg nagi63.jpg
15:30 金山林道 の歩き 神社や滝を眺め 休憩所もあり此処では眼下に広がる那岐の町を眺めました。 
ngi4.jpg nagi72.jpg nagi95.jpg 
16:00 道の駅『峠の茶屋』 お茶を頂きボランテイアの方とお喋り疲れを癒してから帰る。
先客5~6人の女性 登山のに出会う
。  
 地図 

帰路、塩手池公園に車を置き 池の近くから、今、一度 那岐連山の写真を写しました。
雄大な風景を眺めて感無量です。 

[広告] VPS

Tag:岡山 百名山  Trackback:0 comment:0 

荒戸山

荒戸山 (761m)
 
art5_5.jpg
地図拡大
art5_5_52.jpg  ttizu
登山口 荒戸神社 荒戸神社 参拝 看板、標識としっかり作られています。  
荒戸神社(県重要文化財) 登山口がある。 
標識が多く 迷う事も無く 西から時計回りとする。 マムシソウ 神社周辺にたくさん咲いている。 マムシを見かける・・・ 駐車場近く 『ヤマブキ』満開
整備され登山道 標識がありがたい、マムシソウ 毒蛇に似てる花!! ヤマブキの花が満開
チゴユリ 花言葉「恥ずかしがりや」「純潔」 落葉の中に咲く 春リンドウ 小さく可愛ゆ~い 登山道に張り出した玄武岩 柱状節理 黒滝
 落葉の中に咲くチゴユリ、春リンドウがたくさん咲いていて元気づけられる。
西の滝 石柱岩の登山道 シキミの花 いい香り綺麗  樒(シキミ)佛前に供える、大木に!!姫榊(ヒサカキ)榊(サカキ)迷い易い   
玄武岩の柱状岩の登山道 クりック次の写真  シキミの花と木(香花(コウバナ)木々は全て年輪を刻む大木 
コナラ 大木 全ての木々が大木!!驚く、サンショもシキミも・・・ 下山は時計回り 東へと降りる。 山頂でお弁当、木立の間から景色を眺め・・・充分な休息  
樹木には名札が付けてあり 葉の無い樹皮を眺め観察する、急登落葉道をハァ~ハァ・・・一歩一歩登る。 
 
展望台より高い大木で展望が悪い・・・  展望台 からの眺め 阿哲地区は早くも田植えの季節、水田が見える。 山頂の新芽大木が多い 落葉から木を考えたり・・・
 山頂の展望台もう1枚 北側は大木の枝に遮られ枝木の間から県北の重なる山並みを眺める、確認できる山が無いのが残念、 南東方面には麓の水田が見える。    

9時20分登山口9時40分 柱状岩 10時20分山頂~10時30分展望台~休憩・お弁当~11時40分下山へ12時30分神社へ下山  


荒戸山は、吉備高原の北東部 新見市にあり岡山の山にも紹介されています。休日なのになぜか 誰も登っていません? 登山の最終季節・・・結構 登山道は急坂でシンドイ  湿地ではマムシソウが咲いていて、山ではマムシや長い蛇を数回見かけた!! それに木の葉っぱが出ると展望も無くなると思われる。今日でよかった登れてよかった。


【 より道 】
時間も早くて帰途 見かけた、看板の湿原へ 車を走らせた。
  
   鯉が窪湿原 
鯉が窪湿源 高梁川の支流標高550m大自然の植物が見られる。だいし然 湿原、池、と自然の中 大勢の人が訪れている。  鯉が窪池にツツジの花が池に影を映して・・・

 湿原の展望 東屋 真青の湖面 『鯉か窪池』鯉が見られる、 リュウキンカが咲いている 『西の尾瀬沼』と言われ満朝系植物が見られる。
登山後のオマケの散策 鯉が窪湿原散策 Very Good!! リュウキンカ 湿原に群生 黄色いく一面を飾ってる。 R180 吉備高原北端の深い谷間 高梁川との景観 
 
此処へ 来て解りました。 駐車場は満車 道に溢れた車 係員もいます。大人気の観光地 鯉が窪湿原』 グループでファミリーでと大勢の 人で賑わっていました。入場料¥300  それだけの整備はされた植物湿原こんなにも大規模な秘境 湿原があるなんて・・・ 魅了されました。 山へ湿原へとすばらしい1日となりました。G/Wの1日、ガンバッテ登ってよかった。寄り道してよかった まだまだ、知らない山、知らない場所がいっぱいあるのだ・・・ 今まで何していたのだろう。元気に大自然を歩き続けたい。
リンクいなか暮しH・P  山歩きTP 
テーマ : 登山の思い出 画像日記
ジャンル : 日記

Tag:岡山 百名山  Trackback:0 comment:2 

プロフィール

mount

Author:mount
2002年から伯耆大山の麓で『シニアライフ』 
大山暮らしの日々 感動を記録に残したくて
PCに挑戦 H,Pを始めました。四苦八苦で何回と無く
挫折しながらも継続しています。
数年後には、BLOGが始まりました。
BLOGとHPと両方でリンクして
日々の暮らしを画像日記で記録しています。

鳥取で始めた山歩き・SKIクラブに入会 公民館講座
と親友の輪も広がり楽しく過ごしました。
10年近くして無縁だった病気に成り帰岡
岡山で再び山歩き会・SKIに入会 仲間との出会い
元気を貰って第二のシニア ライフ
私の林住期 岡山暮らしHP/BLOGと続けて書いてます。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR