スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

芥子山



芥子山(けしごやま)

前富士)標高233m


7月21日 歩いたコース 

芥子山登山地図   
↓↓通常歩く コース 地図の移動 拡大可能 

岡山市街地の何処からでも眺められる芥子山
山頂近くの電波塔とブドウ園のビニールがよく解る

夏日の7月21日登山口を西寄りに変えて大多羅 目黒集落から登りました。
初めての登山道は車道で なく気持がいい、しかし山頂近くなのに??  
電波塔が見えてるのに・・・ 登山道が何故か下っています。
いくら 捜しても電波塔への道が無い 谷越えかしらと・・・ 
麓まで下りてしまった。 庭先に居られた方に尋ねて、近くの登山口から再登山
 kas1208_31.jpg
 
 kes936_9.jpg

kes93910.jpg
  
  夏の備前冨士  ブドウ園冨士 しばし眺めました。  
kes933_8.jpg kes815_7.jpg kes813_6.jpg
 夏のキノコが たくさん見られて楽しませてくれます
kes920_5.jpg kes842_3.jpg kes838_2.jpg
大きなウラジロが竹のように伸びてます。 登山道標識は無いも一本道、赤いテープの表示があります。  
  
kes825_1.jpg kas850_22R.jpg
目の前に電波塔が見えるのに・・・登山道は麓へと下る、
kes920_4.jpg kes958_30.jpg kas1128_40.jpg 
  教えて貰った登山口 から再登山  登山道にはアケビの実がたくさんついてる、
kas1131_33.jpg kas1138_45.jpg kas1128_39.jpg 
山頂の東屋で お弁当 そして素晴しい風景を眺める。誰も登っていない。 真夏の山
kas211_44.jpg kas1208_47.jpg kas1212_43.jpg
下山も西側の初めてのコース 中腹に広がるブドウ園 
実が大きくなっている。もうすぐ収穫だろう。
ブドウ園越しに眺める、吉井川、西大寺の街 瀬戸内海 
島々と四国・・・絶景 大多羅神社へも立ち寄りました、

しかし、錆びた鉄骨に雑草が茂り廃園が多いブドウ所 
先人の苦労が偲ばれる、鳥取のナシ園と同じなのだろうかと… 
kas1128_42.jpg 

下山も初めての道 眺望がよくルンルン 道の側 祠がたくさんありました。
夏休みなのに、運動する学生の元気な声が天をつく、旭東中すぐ横に下山
此処から駐車してる目黒地まで歩きました。
1ヶ月後の白馬縦走 トレーニングになっただろうと思いながら・・・
 
スポンサーサイト

Tag:岡山 百名山  Trackback:0 comment:0 

花知ヶ仙

花知ヶ仙(ハナチガセン)

 
鏡野地図 拡大
地図 hn

R179号 県境人形峠方面へ 石越地区からR482へ入り 恩原高原へ向かう。
途中 遠藤集落で川沿いに山中へ林道を走り 三ッ子原の林道へ入る
此処の案内板に従い 車を駐車 登山口から歩きはじめる。
林道は大きく崩れている 車が揺れる。

登山口からは急登道が続く 花が見られて楽しめる。 ネマガリタケの登山道も広く歩き易い、
ヤマアジサイが満開 その後ブナ林へ辿り着く 前方が薄っすらと霧で幻想的な登山道・・・ 
突然に山頂広場が現れる。 木々に覆われた広場 三角点と標識を確認 霧はしだいに消える。
写真拡大
hn1033_34.jpg hn0920_52.jpg hn0937_29.jpg 
 9:40ネマガリの急登    ブナ林     霧の山頂
hn9541_42.jpg ha937_3R.jpg hn951_8.jpg 
9:50 山頂 二等三角点 計測  展望が無いので早々に下山
hn1109_10.jpg hn111_45.jpg hn1111_18.jpg 
11:20 帰途 標柱修理 迷った分岐点のテープ貼り・・・此処へ 遠藤川 
hn1213_17.jpg hn1205_60.jpg hn1156_32.jpg
12:15足尾神社へ  周辺広場で休憩 花知ヶ仙を眺め確認 カメラポイント            
hn1239_27.jpg hn13_24.jpg hn1232_20.jpg 12:40恩原高原へ パンノラマゲレンデ散策  クリスタルパレスで お弁当
hm1235_21.jpg hn1327_40.jpg hn1319_22.jpg スキー場にネジバナが咲いている。
hn1344_23.jpg hn1348_44.jpg hn14204_45.jpg
13:30うたたねの里 いっぷく亭(お客さん お食事中) 木地師の館 数人が作業中
hn1445_47.jpg hn1446_28.jpg 153005R.jpg14:45 7色樫 左 現在 現地まで行く  5月31日 春 R179 から遠望写真
hn1451_48.jpg hn1225_16.jpg hn1510_47.jpg
奥津湖周辺の絶景  正面の山並みを 遠望
hn1509_50.jpg hn1508_49.jpg hn1514_51.jpg   
15:25赤壁邸 古民家群周辺散策 奥津湖を眺め乍 コーヒーを頂く 
 ha937_5.jpg hn1109_35.jpg hn1104_31.jpg
   ドクダミ            ヒヨドリバナ        ヤマジノホトトギス
 hn1324_41.jpg hn1116_46.jpg hn1116_33.jpg
   ネジバナ   オカトラノオ と「ミドリヒョウモン」(緑豹紋) 
  hn1118_26.jpg 
 チョウチョはキアゲハではありませんでした。山仲間が博物館で調べました。 
登山道には、夏の花が見られて しんどさも和らぐ山登りでした。
県北 鏡野で一番高い山 花知ヶ仙 涼しくて気持いい歩きが出来ました。
登った山 これから登りたい山 と眺めて心がときめく カーナビでも確認
楽しみな山歩き うれしいかぎり・・・

花知ヶ仙とアフター登山を山仲間と満喫しました。
 予習はチョットで復習で再び山歩き
視野を広め 知識を得た山歩きでした。
記憶力薄く 物忘れがひどいこの頃 不安と隣り合わせの日
この感動を何時までもとBLOG書いてます。

Tag:岡山 百名山  Trackback:0 comment:0 

ユートピア 登山

大山ユートピ登山 
 
ut画像
上宝珠越え 大山北壁 展望 

地図 ドラッグで表示 区域変更可  

クガイソウ咲く花畑 ユートピア登山
大山 在住中には、2回とも・・・足の筋肉痙攣で
グループ先輩の助けを貰い苦しい登山  1人遅れて(班長さん)と山頂へ
 リンク
2009年7月ユートピア登山

今年こそ、ゆっくりと登ってみよう 今なら登れそう?!
岡山100名山 チョット休み 懐かしの大山へ  
 
リン
大山情報館   リンク⇒  登山道情報他(大山)   
ut0915_32.jpg 9:48 登山道口 ut1008_31.jpg 
  
9:20大山スキー場 から治山道に入る。9:40下宝珠登山口から林道へと入る10:08急坂の根道はグングンと標高を上げる。下宝珠→中宝珠→上宝珠宝珠山1122m) を眼下に眺める。3時30分 崩れ岩の危険箇所も度々出てきてドキドキの一歩一歩です。 
10:40 ブナ林 日が高く昇る・・・ ロープ 登り 10:19『中宝珠越え』
10:41ブナ林に太陽が早くも高い!11:19中宝珠越え11:22急登ガレ岩ロープ登り
ut1132_34.jpg
 森林公園から1ヶ月半 大山でも満開のレンゲツツジ 11:14 見えてきた三鈷峰

ut1122_1.jpg 114734R.jpg ut114501R.jpg
11:22南側に大山スキー場、日本海も遠望 11:41遥か稜線にユートピア小屋を確認
ut1212_8.jpg ut1226_9.jpg ut1250_13.jpg12:12もう直ぐ稜線12:26 真上に見えるユートピア小屋12:38 三鈷峰の稜線へ着く 
ut1247_11R.jpg ut1248_12.jpg ut1251_19.jpg
12:47山頂稜線の花畑 ギボシ クガイソウ三分咲き12:50 ユートピア小屋 到着『3時間30分
ut1341_5.jpg ut1341_4.jpg ut1304_3.jpg
ユートピアでお弁当 絶景 巨大な大山 涼し~い  感動も一入
登山道もしっかり見ました。展望が良い所では度々足を止めて眺め
ヤッホー写真を写しました。

大きなミス
山頂近くで 下山の人とお喋り 下山の選択 情報をこの人にも聞いて居ました。
そこへ、前に、お喋りして下山した人が引き返して登って来られた??、
忘れ物です』・・・休憩時 開いて見ていた地図、コンパス・・・
それは、私の落し物 ビニール袋 
この急登を 息を弾ませ汗だくで・・・わざわざ届けて下さった。
立ち話し挨拶の人 何て親切な人、ありがとうございました。 

お会いする登山の方 挨拶程度でも、とても爽やかでいい人ばかりと
話したばかりだった。 そこへ これ程の ご親切を受けるなんて・・・
(連絡先を聞けばよかったと…悔やまれる出来事でした。)    
   
砂スベリ下山 
140940(1)R.jpg ut1414_14.jpg ut1409_10.jpg
14:10 3年前の大洪水で北壁砂スベリが難しい砂防堤防が埋まった。
ut1414_23.jpg ut1427_15.jpg ut1429_19.jpg
 を見落とさないように・・・ 河原に咲いてた白い花
ut1440_20.jpg ut1456_25.jpg ut1445_24.jpg 
14:40ケルンまで下山  
下山は砂滑り (前回はグループ4・5人でハシゴ砂スベリ下山) 
足の踵(カカト)に体重を落として、アドバイス貰い、恐々数歩を踏み出して・・・
直ぐに上手く滑れてゴロゴロ石  砂と一緒に元谷へケルンまで下山
登山ガイドの人 山頂で砂滑り下山を、尋ねたので・・・
元谷で待って下さっていました!! 上手く降りられましたネ(褒められて・・・)
河原で大山情報など・・・楽しい会話が弾みました。 
リンク大山情報館の人でした。  
カメラ ポイント さすがです。素晴しい背景 ありがとうございました。

岡山は桜も1週間早かった。津黒高原 ササユリが終わっていました。
早く早くと出かけた大山  クガイソウが三分咲きでした。
でも、レンゲツツジ、ギボシ、シモツケ、ヤマアジサイ、ホタルブクロ・・・が満開
しんどかった でも、それだけにとても楽しく有意義な登山でした。達成感大の山歩き
今日だったので出会えた あの人この人 落し物 届けて下さった人 現地ガイドの人
今日でよかった。 自分の足で 涙が落ちないでユートピア登山を楽しみました。

Tag:山歩き  Trackback:0 comment:0 

津黒山

岡山の山 登山

tgef_20130708205420.jpg

津黒山登山  昨年も梅雨時期で雨の為に登山口で中止しましたが、 登山口周辺でたくさんのササユリが群生して咲いていました。リンク⇒2012年6月末 津黒高原 ササユリ 
 
今年は、登山とササユリも見たいと欲張りな計画 梅雨の晴れ間に登山に出かけました。
tg02.jpg tg03.jpg tg07.jpg 
 登山口   高原荘が麓に見える  登山口 直ぐから杉林の急登りが続く 
tg39.jpg tg5.jpg tg04.jpg  
頂上近く落葉松林を抜けると笹原 レンゲツツジ咲く 高原 抜群の展望
tg38.jpg tg22.jpg tg10.jpg 広々とした高山植物と360度の展望山頂  二等三角点       
 tg59.jpg 14_20130709112412.jpg tg8.jpg   早速に地図を広げ高原の景色の中で寛ぐ 疲れも消える。 西の空が暗い!!

頂上で出合った人の話しから 東に見える山と展望台へも行くことにしました。 
 情報源 Oさんは、(仏ヶ山を歩き終え 津黒山 そしてぐそこの山?
展望台 とても、いい山だったと指差し教えられて・・・更に、次に泉山へ登ると!!

教えて貰った通りに ネマガリ笹林を掻き分けて 展望台を目指す。登り下りを繰り返す。
登山口と山頂に標識があるだけで 登山道には標識全くありませんが迷う事も無い1本道
歩き難い、笹、木々に塞がれてトンネルみたい。 
雨が本格的に降り出して、レインウエアをつけて 諦めて津黒山 頂上へと引きもどす。
クタクタに疲れ ヨレヨレで津黒山頂へもどった。 
 
反省しきり・・・(急坂を登っただけに下山はぬかるんだ道を滑らないように登山口まで
直ぐに下山出来た。 展望台へ駆け込んで お弁当 眼下にスキー場 近くの山々を眺める。
お天気だと 大山 蒜山 三平山も見えるのに・・・  ササユリにも出会えなかった。  
 
tg05.jpg tg4.jpg tg13.jpg
昨年も此処までは来た登山口 展望所  展望表示板  展望所からの風景
tg22.jpg tg7.jpg tg12.jpg 
  展望台で昼食   眼下に見えるゲレンデ  曲がり大木
tg36.jpg tg37.jpg tg08.jpg 
津黒高原スキー場からの津黒山 展望台も見える 標高800mの登山口を確認  ナルコユリ
tg11.jpg tg6.jpg tg2.jpg
  サワヒヨドリ         ヨツバヒヨドリ     白色花?
tg1_20130709113052.jpg   tga.jpg tgb.jpg
花が終わって艶やかな葉っぱ  イワカガミ  5・6月に咲く     イワウチワ 此処にはありません。 
   tg15.jpg   雨に濡れ、寒々と高原荘へ下山 
『なごみの温泉』で汗を流して温まりました。
大浴場の大きな窓から津黒山を眺め感無量  忘れ得ぬ歩きとなった。
温泉(1人占め)登山 ドシャ降り登山 辿り着けなかった展望台と山  
   
昨年は、ロッジの屋根の傷みが気になり 心さびしく思ったスキー場 も、
今回 ロッジの改装大屋根も蘇って懐かしいゲレンデ と周辺の
大規模施設の数々に驚きました。

津黒山の山頂辺りは とても素晴しい 広い草原と展望  

しかし・・・登山道は急坂の植林道が九十九道 延々と続く…
展望も無く、草花も無く 息をきらしながら…未だか未だかと・・・ 
杉林から桧林 落葉松に変った頃から登山道には草花も見られてほっとする。  

ネマガリタケの道にはマムシソウ やっぱり 3匹も見かけて!! 
念願の津黒山登山をクリアー出来ました。
いろいろな事を体験 観察出来た山歩きでした。
40数年ぶり 津黒高原スキーにも思いを馳せました。

Tag:岡山 百名山  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

mount

Author:mount
2002年から伯耆大山の麓で『シニアライフ』 
大山暮らしの日々 感動を記録に残したくて
PCに挑戦 H,Pを始めました。四苦八苦で何回と無く
挫折しながらも継続しています。
数年後には、BLOGが始まりました。
BLOGとHPと両方でリンクして
日々の暮らしを画像日記で記録しています。

鳥取で始めた山歩き・SKIクラブに入会 公民館講座
と親友の輪も広がり楽しく過ごしました。
10年近くして無縁だった病気に成り帰岡
岡山で再び山歩き会・SKIに入会 仲間との出会い
元気を貰って第二のシニア ライフ
私の林住期 岡山暮らしHP/BLOGと続けて書いてます。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。