スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

三原山(マッコウ)登山

岡山100名山
登山  標高1115.2m)


鳥取県佐治町余戸から、三原台 三原山(マッコウ)登山

マッコウ?珍しい山の名前  津山 加茂町と鳥取との県境の山へ 
岡山人形峠R53→鳥取県の智頭町→用瀬R482→佐治町117号
 余度地区→登山口へ-‐- 三原高原(マッコウ)へ

余戸地区の車道117号は、とても狭く 急坂で急曲がりの危険な道 
こんな道を車で通ったのははじめて… 恐怖の坂道です。

この丘陵地にも数戸があります。整備されない道
住民の暮らしは…日々大変な地区です。(登山者を歓迎はしない!!)
そんな道です。車も傷付きながら車道の終点 登山口へ到着 
数台は止めるスペースがあります。 
 
 
GPS地図 YMさんマッコウGPSa 地図  



地図 拡大可
mt_049.jpgmt_1.jpgmt_2.jpg 
10:00 登山開始 駐車場 周辺には、未だ柿の実がぎっしりと生ってる。前方には雪を冠った山が見える。紅葉の登山口 
mt_048.jpgmt_18.jpgmt_42.jpg
10:29登山道は倒木もあり、ヤブコギあり 沢渡りあり ロープ登りと…登山者が少ない山は、 自然がいっぱいの山  
mt_4.jpgmt_5.jpgmt_6.jpg
11:36 約1時間で三原台 広々草原が広がる、壊れた作業小屋がある、正面にマッコウの全容が見える。 11:57 下山時に間違えないように目印テープ付け 
mt_7.jpgmt_10.jpgmt_042.jpg  
12:30 栃の大木は コケ 生した古木 薄暗い谷間から天を突いてる、 パワーが貰えそう。
mt_40.jpgmt_8.jpgmt_9.jpg
12:50 渓谷歩き 谷川を渡り 八本越 県境越え ロープが取付けてある 深い谷登り
mt_43.jpgmt_11.jpgmt_040.jpg 
14:00 『八本越』 尾根をめざして急登りが続く、今日の登山一番の難所、苦しい歩きが続く… 一歩一歩 稜線に辿り着く 驚きの展望 歩いたコースを眼下にする。  

紅葉に山が染まる、  
mt_21.jpgmt_12.jpgmt_20.jpg 
mt_14.jpgmt_13.jpg mt_15.jpg
mt_16.jpgmt_23.jpgmt_24.jpg
山頂の 三角点 周囲で お弁当を食べて 記念撮影
眺める山々を地図とコンパスで調べて確認
写真に写しましたが・・・ 帰宅後に写真を見ても、殆ど解らない。 
登った山だけでも確認したい。那岐連邦
 まだまだ未到の高い山並を遠くから眺めました。   
 
           
    
mt_19.jpg mt_052.jpg  
P1060626.jpg 
 ヤッ~~ 
mt_0063.jpg  

寄り道  

弥留気地蔵  

matukou_09.jpg mt_043.jpg mt_037.jpg   
yuko u 登山後は、再び、あのこわ~い 坂道117号を下り、恩原湖近くR482
~津山院庄 通過で帰岡しました。
山歩きの先輩について、大型登山の1日でした。そして 帰途 

弥留気地蔵』へ寄り手を合わせました。
「やる気」 根性を頂きたいと・・・
 


スポンサーサイト

Tag:岡山 百名山  Trackback:0 comment:0 

天狗塚 登山

11月 みつがしわ山の会 例会
 
te_0100.jpg 





 yuko u 徳島県の中央に位置する1893mの美しい山 天狗塚登山
頂上からの展望は360度 剣山、石槌山も眺められます。と・・・
案内を貰ったのは、猛暑続きの夏がやっと過ぎた9月末でした。
 
私の 『みつがしわ山の会』へ初参加で体験登山 
剣山、塔の丸 ヒュッテ宿泊
 好天にも恵まれて、雲海 夕日 日の出 笹尾根の稜線歩きなど等、
驚くばかりの素晴らしい登山でした。

あれから丁度2年目 再び四国徳島へ 紅葉登山 心が弾みます。  
岡山  
6時出発 35名参加のマイクロバスは10時 登山口(東祖谷)へ到着

車内からは、深い渓谷 祖谷川の流れ 幾重にも聳える山並 歓喜の声があがります。  
     
                 
te_k21.jpgfj_01.jpgfj_03.jpgte_k1.jpgfj_02.jpgfj_04.jpgkw_02.jpg 急変 雪山低気温も完璧装備 先輩の笑顔kw_01.jpg 
落葉の登山道 林の中、そして霜の道、霜柱、薄化粧の登山道 賑やかに活き活きと登る。 汗ばんで・・・ 衣類調整で上着を脱ぎ、水分補給   ↓↓ 
衣服調整 休憩3分kw_03.jpg!! 霜柱と喜んだ…しかし、次第に雪が… 
雪景色に感動 写真を写しながら登る、 しかし・・・ 高度が上がると共に気温がドンドン下がる。持参した防寒服を着ても寒さが応える。
fj_05_20131129080821fa2.jpgte_k32.jpg雪山登山と成る、fj_07.jpg稜線 もう直ーー寒いfj_06_20131129080823f25.jpg 
 震える体に先輩Taさんから 予備の上着だからと防寒服が渡されて・・・もう1枚着用 暖かく成り震えも治まった。 稜線下の標識 三嶺天狗塚・西山  まで登った、此処で前を歩く FJさんにカメラシャターを頼んで写す。 手に息を吹きかけ絶景を写しました。  此処での集合写真 終わって居ました 残念!! 
fj_1.jpgfj_08.jpg山頂 雪景色 
稜線に到着 更に寒く、冷たい風 稜線の反対(南側斜面)でお昼にしましょう。とリーダーDmさんの声 嶺を越えて反対斜面にうずくまる。 冷たい風は避けられる。此処でお弁当  悴んだ手は、ズキズキと痛い、リュックから出したポットが開けない、オニギリのラップが外せない。 先輩からホッカロンを頂き、お湯を飲んだ。雪の斜面に立ったままで・・・ そんなお弁当タイムだった。 でも、稜線に立って笑顔の先輩!! 寒さ知らずの完全装備・・・

此処からの行程 天狗塚山頂、稜線歩きは中止となる。目の前に続く稜線と山頂を後ろにして下山 あぁ”” よかった。
 
kw_05.jpg雪景色 撮影のFj さん16時55分 稜線歩き中止 下山fj_2.jpg雪景色の中を下山 みんなの顔がほころんぶ・・・te_11_13_100.jpg 
kw_04.jpgfj_09.jpg 
下山の1歩1歩で寒さが減っていく トットと雪道を下山 風景を楽しみ写真をいっぱい写しながら・・・   
みんなの会話も次第に増えて… 弁当が食べれなかった と・・・私と同じ仲間もいました。 あの地点で強行登山を続けたら…きっと何人かは、倒れただろう・・・ そんな声も聞こえました。

登山のキャリア先輩方は、稜線 寒風の中でも笑顔  登山靴には荒縄を巻き 頭から頬被り・・・完璧な装備 に感心しました。 写真を写させて貰いました。 
 
マイナス?? 稜線に立つ 非常に寒いでも笑顔!!  te_11_13_103.jpgte_k20.jpg

te_kw10.jpg 

te_kw20.jpg
集合写真 (報道Kwさん撮影) 2班どうしたのでしょう、揃ってませんネ… 
私も何処で遊んでるのでしょう? kwさん、FJさん写真使わせて頂き ありがとう、ございました。

yuko u 月例会  開会挨拶で会長が、度々話される、山の遭難事故についての話しザックには防寒衣を持ちながら…出す暇も無く 急変する低気温 一瞬にして低体温、凍死の 登山家グループの話し、又、会の研修会でも装備、山の天候など学習したのに…大きな登山をする人の事と軽く聞いてしまった。今回の失敗 11月中旬の軽装登山 予習不足での参加とたくさんのミスがありました。貴重な体験登山をしました。
 

雪の登山道を歩きながら…八甲田山岳遭難事故 新田次郎の『死の攻防』 実話小説や、3年前に八甲田スキーで山頂からの山スキーでの恐怖体験、視界の無い猛吹雪のスキーが脳裏を走りました。大自然の美しさと恐ろしさ 今回も懲りない恐い体験でした。

...more

Tag:みつがしわ山の会  Trackback:0 comment:0 

吉備の中山 竜王山

吉備中山

yuko u吉備津彦神社を登山口として吉備の中山でトレーニング

年1回の大型月例会が近くなり、仲間、先輩からの声賭けを貰い毎日歩きました。

神社や山頂からの景色を楽しみながらの早朝トレーニングの50分の写真

(週1・2回は、歩きたいと思いながら…今も直らない夜型人間)

kibi_2.jpg 
山頂 竜王山から(街の灯りが未だ点いている 西 市街地方面)
 
kibi_3.jpg 
 西長瀬駅 ドーム 市街地の朝  東南方向の眺め

吉備の中山 
岡山港 岡山港南の街 工場地帯 と金甲山 貝殻山

kibi_1.jpg  kibi_6.jpg 6:00 日の出前
東方向 運動公園 体育館と早くもラッシュ ライトの帯 岡山駅 中心街

5時 吉備の中山 登山口 kibi_4.jpg 5:23薄暗い登山道
登山口 夜明けが日々遅くなる…Tnさんとライトを手にして歩く

kibi_19.jpg kibi_5.jpgkibi_20.jpg kibi_10.jpg
下山は略直下降で神社の境内へ 神社参拝後 お堀に登る朝陽を眺め自宅へ       

         
kibi_9.jpg kibi_11.jpg 桃太郎 犬、猿、キジを家来に・境内の像

『吉備の中山』 神社のお堀に写り 富士のように kibi_17.jpg
逆さ竜王山 この頂上を歩き岡山市街地 岡山港 金甲山 操山と眺めて下山  
   

yuko u吉備津彦神社 、2013年も 秋のイベントが次々にあり 境内のチラシ  
 

                 ヴァイオリニスト 川井郁子さん出演のコンサート会場 隠されて・・・  神社 イベント掲示 
川合郁子さんヴァイオリンの夕べ 神社は厳重に包囲 隠されて、
山門からは 近寄れないガードマンがぐるりと取り巻いています。
灯りのみが神社を浮き上がらせていました。 
チョットは聞けるかと…訪れた参拝者が次々に引き返していました。   
 
   秋イベント掲示  秋祭り 流鏑馬
kibi15.jpg kibi_16.jpg


[広告] VPS 竜王山から動画練習 rogoa_6.jpg 


Tag:トレーニング  Trackback:0 comment:0 

後山縦走登山

    みつがしわ山の会 10月例会 
 
平成25年10月30日


u_200.jpg

 岡山県の最高峰 後山縦走登山  入会 2011年(11月) 
2013年10月の担当幹事 当番が回ってきました、
SL 初体験の記録

10月例会 後山 山系縦走 駒ノ尾山 10月30日 
リンク6月5日下見登山 
 リンク
10月1日再下見登山  
   


10月例会 BLOG 前半

  

             地図拡大 移動 可能
地図を拡大したり移動させてネット遊泳を楽しんでいます。
時の過ぎるのも忘れて… 宍粟市の山々や懐かしい大山へも出かけます。
みつがしわ山の会からの登山も多くなって地理や、山も少しづつ増えてうれしい



11:30集合写真 駒の尾山 参加38名 
 駒の尾山(1163m) 集合写真 11時31分 拡大可広報担当 Kwさん撮影)


1班 (11男:8)笑顔 2班に負けてま~す、  13:54 後山到着 !!笑顔!!全員満点””素適な笑顔グループ^^負けてます一班  
後山(1345m) 記念写真一班   2班 全員の笑顔 Kwさん撮影

yuko u 長時間の縦走登山です。
出発の『ちくさ高原』 第2リフトの終点までのゲレンデ登り『スキー中級メルヘンコース』 
歩くと、急登で、例会では思いがけなく大変な歩きと成りました。
山頂まで登れば尾根歩きのハイキングコース 多少のアップダウンも山頂を次々と
越えて、紅葉の風景を楽しみながら仲間とのお喋りもしながら歩きました。


写真からは、この苦しかったのは数分間でした…とても長く感じました。
皆さんに、ご心配ご迷惑をかけてしまいました。
その後は、苦しかった事も忘れて体力も戻り歩きました。
会の皆さんのお蔭でゴール出来ました。

8:52 開会式 準備運動  9:15 ゲレン!!急斜面を登る、 9:20 ダウン!! 小休止~~9:32 リフトの頂上が見えてホッとする、      
↑↑8:52 ちぐさ高原 準備体操 9:00登山開始 ゲレンデ登り 9:25青息吐息でダウン” 9:35リフト頂上へ到着   

アクシデント ダウン”しました・・・ 
歩き始めて たった20分少々の登りから苦しくなり、心臓の鼓動がドクドクト聞こえて…
もうダメ もぅー帰る~うずくまった。仲間から飲み物を貰い、ザックも持って貰って、
立ち上がった。一歩<<ゆっくり<<小幅で<<と2班のSL Mrさんから、
仲間の声を背に歩きました。 苦しくて、もう帰りたい、眠りたいと・・・この数分間の出来事を、
ちょっと休憩で回復できました。皆さんから教えて貰った貴重なアドバイス 
しっかりと受け止めて 山歩きを今少し続けたいと思います。

u953_9.jpg u958_8.jpg u954_5.jpgu953_7.jpg u1014_27.jpgu1044_14.jpg  u1022_11.jpg u1020_13.jpgu957_60.jpg  

 
9:45中国自然遊歩道 緩やかな雑木尾根歩き 9:57ダルガ峰』着 小休止

  u1103_21.jpg
11:03  『駒の尾山』 山頂広場からの展望 (岡山県西粟倉村からの登山口が見えます、)  

u1059_19.jpg u1102_18.jpg u1104_16.jpgu1125_20.jpg u1132_22.jpg
↑↑11:00  『 駒の尾山』 到着 お弁当休憩 山頂下の避難小屋(クマ出没注意の表示あり 此処に避難するのかしらと?コンクリートの頑強な建物) 展望のいい広場からは、ぐるりと周囲の山々を展望しました。  
u1243_35.jpg u1239_33.jpg u1153_31.jpg u1224_32.jpg u1249_28.jpg u1309_32.jpg

  『船木山』   到着



アドバイス
最初の歩き 30分くらい 身体が温まり 汗ばむ、まではゆっくりペースで…
リズムよく同じペースで歩く
しんどい時の呼吸は鼻から吸って吸って口からゆっくり吐いて
急坂も歩幅小さくジグザグ歩き 筋肉疲労を軽く、

自己流歩きの欠点
(チョット休みで回復出来る急いで歩き、度々繰り返していました。)
トレーニグ不足 知識が乏しい事など…今回の山歩き
苦しい体験をしてしまいました。。  
後編→ リンク 最高峰 後山登山
テーマ : 登山の思い出 画像日記
ジャンル : 日記

Tag:みつがしわ山の会  Trackback:0 comment:0 

10月例会 後山登山 

後山縦走登山
P1358_64_20131112130659290.jpg
 
後山縦走登山 10月例会前編←リンク

 
平成之大馬鹿門 到着 2班 笑顔グループ バンザ~イ  
後山13:15おごしき山13:40 平成之大馬鹿門松の木公園16:10  ↑↑ 2班

1班 おすまし…グループ 笑顔が足りないないね、、  

↑↑ 1班 平成之大馬鹿門 (作者は空充秋氏)   
仏教大学の門柱が此処 おごしき山と、向かいの空山に平成17年に運ばれました。
『実るほど頭の下がる稲穂かな』「謙虚に学び続ける」との願いを託した この門柱ですが…
大学から受け取り拒否を受けました。訳ありの門は、紅葉の宍粟(しそう)の山に一際見応えがありました。

u1359_85.jpg u1359_83.jpg u1359_84.jpg  
14:00 おごしき山は紅葉が見頃 紅葉に負けない、この笑顔 二十歳前後、カラフルな衣装も素適です。 
幸せいっぱいです。

ur1309_49.jpg   
  
u1359_63.jpg 

u1153_96.jpg P1060242R.jpg u1309_87.jpgu1239_84.jpg u1239_83.jpg u1152_30.jpg
 
SL(名前だけの幹事でしたが)一班jの最後を歩きます。 カメラを持ってV v  後山周辺 ネマガリタケ通り 6月の下見登山では、少し頂きながら歩きました。   
u1060_20.jpg  u1340_89.jpg u1060_55R.jpg

13:45登山道側の↑↑この石 潜水艦と命名(下見登山で『笛石山』の(猫岩)ちっとも猫に見えなかった。
この石 潜水船に似てる・・・ 煙突には何て書いてあるのでしょう。      
    
u1307_91.jpg u1334_92.jpg u1350_61.jpg
u1060_58.jpg 

yuko u   駒ノ尾山からずぅ~と一緒に歩いた 
さんワンちゃんに声かけ、さん・Mさんは 終には、お茶、お弁当… 気がかりで何回と無く足を止めて…
犬好き男子メンバーです。 お行儀がいいワンちゃんに癒されてる、その様子に又、癒されました。ワンちゃんとの下山でした。(スライド画像あり…注意スライド写真は左上の矢印で戻す 
(駒ノ尾山荘の犬 コマでしたFnさん 電話確認  皆の気持を和ませた可愛いーい 駒ちゃんとの出会いとお別れでした。 例会後にSnさんからは、写真の依頼(飼い犬で無かったら連れて帰りたかった…)と 山歩きの人 犬も大好きです。 又 会いに行って下さい、覚えているでしょうか、喜ぶでしょうネ。 

u1424_70.jpg u1060_53.jpg u1527_86.jpg u2013_69.jpg u1060_59.jpg         

 後山からの下山(高度900m)3時間予定は、途中で、
おごしき山、平成之大馬鹿門、潜水艦岩、板馬見渓谷、滝、渓谷 渡り、行者滝、
小屋と眺め乍、松の木公園へ予定通り 16:05~全員下山しました。
閉会式 整備体操 16:30定刻にバスは岡山lへと帰って来ました。

yuko u  岡山の山56を歩いていますが…兵庫県宍粟郡(しそうぐん)
此処だけで50名山!!今回は下見で歩いた笛石山とで7山を歩きました。

幹事 SL役としては、ダメでしたが、下見登山、例会登山と初体験での
学習をさせて頂きました、初めて歩く 後山縦走で宍粟(しそう)
の地をより深く教えて貰い知識を広くしました。

月例会幹事の一連の業務を見させて頂きました。
次々と大変な事がよく解りました。
尚、みつがしわ山の会 参加費用がとても安い事に何時も驚きます。
その、訳が解りました。無駄の無い完璧な計画書作りからの第一歩です。
(県外登山では、殆どが旅行社依存の登山で高額な費用がかかります。)  
幹事 トップのお仕事リンク

集合写真(広報担当 Kwさん 写真今回も使わせて頂きました。ありがとうございました。
幹事のTopの Fnさん、SLのMrさん、Utさん ご一緒させて頂きありがとうございま
した。     

  リンク
後山縦走登山 前編  
  H P いなか暮らし
   
BLOG 吉備の社 
  
みつがしわ山の会 山歩きのページ

yuko umount Blogへようこそ,
記録の間違いなど…コメント 又はMAILから教えて頂けると、うれしいです。


Tag:みつがしわ山の会  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

mount

Author:mount
2002年から伯耆大山の麓で『シニアライフ』 
大山暮らしの日々 感動を記録に残したくて
PCに挑戦 H,Pを始めました。四苦八苦で何回と無く
挫折しながらも継続しています。
数年後には、BLOGが始まりました。
BLOGとHPと両方でリンクして
日々の暮らしを画像日記で記録しています。

鳥取で始めた山歩き・SKIクラブに入会 公民館講座
と親友の輪も広がり楽しく過ごしました。
10年近くして無縁だった病気に成り帰岡
岡山で再び山歩き会・SKIに入会 仲間との出会い
元気を貰って第二のシニア ライフ
私の林住期 岡山暮らしHP/BLOGと続けて書いてます。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。