スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

雲取山

 
雲取山(2017m)   5月28日・29日

リンク両神山登山27日    いなか暮らしHP     吉備の社BLOG

kmo2_01.jpg
 
28日登山 三峯コース 29日下山 鴨沢コース  サムネイル拡大
kmo_tizu_29.gif

雲取山
  秩父多摩甲斐国立公園に、あって、東京都の最高峰
  山頂は東京都と埼玉県の県境に位置して一等三角点

   約30m離れた地点で山梨県に隣接1都2県の山 

登山コース
 
   『三峯コース』三峯神社ー→『鴨沢コース』鴨沢へ下山
  
  
両神山から下山15時過ぎ日向大谷口→バスで三峯口駅→宿泊先へ  
kmo_F20.jpg 

2日目の宿泊 奥秩父の民宿
『御宿しちこ』へ到着。
此処の別棟を貸切 贅沢な旅の夜を寛ぎました。翌日の雲取山登山に向けて早々と休む  
 
秩父市 「御宿しちこ」 2日目の宿泊 早朝散歩 御宿しちこの庭奥の1棟を貸切 広々贅沢なツアー 温泉棟、大窓からは渓流越しの山々がお湯に鏡にと見える。      
 貸切の別棟に寛ぎ お食事処へ 温泉棟へ浴槽内の鏡、大窓に深い渓谷 
山々を眺める。



5月28日~29日 
 
kmo_10_32_01.jpg kmo_823_6.jpg kmo_2_25.jpg   
10:50三峯神社前バス停  此処ビジターセンターで登山届をポストに入れて、
      神社横登山口 から登る、 
kmo2_fj2.jpg kmo2_80.jpg kmo_2_fj1.jpg 

kmo_11_48_13.jpg kmo_28_021.jpg
 霧藻ヶ峰休憩所  
kmo2_83.jpg kmo_13_10_16.jpg kmo_13_08_17.jpg
  七ッ石小屋  13:10秩父宮両殿下の レリーフ  
 kmo2_fj4.jpg kmo_11_22_15.jpg kmo_13_28_18.jpg 
15:05 鹿を見かけましたが逃げもしないで・・・ 今回 白組み只1人 FJさん随分とお世話に成りました。登山体験、知識とも抱負で大ベレラン 素敵な写真を写して貰いました。   
「雲取山荘」へ到着 今日の歩き ラストフィニッシュ  kmo_16_48_21.jpg kmo_16_58_19.jpg   
   歩き疲れて・・・リンク 雲取山荘到着  (約 6時間の登山)

kmo_18_10_22.jpg
 kmo_5_20_19.jpg kmo_1925_28.jpg 
  山荘での夕食 カンパーイ  飲めない はずの・・・アルコールが とても おいし~い!!
   雲取山荘の
玄関フロワー『舞の海』色紙  

         

夜 9時過ぎ 4人部屋 コタツに足を入れ 就眠
眠れない・・・ そっと部屋を出て  階下へ 読書する人 お茶する人も
外に出てみる、玄関灯と庭先の裸電球がなんとも懐かしい  
電池を手にした人達?? ゲロ、ゲロとガマ蛙の鳴き声
至る所でガマ蛙 観察中 そ~と、草叢を覗くと、数知れない大きな蛙が
並んで大合唱 すご~い はじめて目にする光景 ガマ蛙の合唱
空には、満天の星 落ちて来そう 手を伸ばせば届きそう
大きな星 これも すご~い、(カメラは部屋で 残念) 
  
 kmo2_84.jpg kmo_19_34_29.jpg
5月29日 雲取山 ご来光 4時20分

5月29日 最終日 雲取山荘を後にして鴨沢コースでの下山   
kmo2_fj7.jpg

5:58 朝食のお弁当とお茶をザックに詰めて、早朝出発 
準備体操後、いよいよ楽しみな山頂へ そして下山コースへ
 kmo2_42.jpg
29日 6:00 雲取山荘  (Fj さんカメラ

kmo2_40.jpg

雲取山 山頂
kmo2_8.jpg kmo2_fj13.jpg kmo2_fj11.jpgkmo2_37.jpg kumo_70.jpg kmo2_fj33.jpg
雲取山 山頂 記念写真
kmo2_19.jpg

kmo_13_00_19.jpg kmo_a002.jpg 「ヤシオツツジ」 咲く登山道 
8:15 ミツバツツジ満開 大木に吃驚  小さい木は全く生えて居ない??

kmo2_20.jpg 

kmo2_fj31.jpg 
16:40 奥多摩駅へ到着 2日間の登山 無事終了  
 温泉で汗を流し 夕食・・・ 高速バスに乗り 目覚めれば岡山 
5月30日 岡山駅 構内のレストランでモーニング 後 解散

地図拡大で、地形~立体写真も見れます。  
              

  yama_0.jpg 「舞の海」 元関取 日本百名山 雲取山へ
初登山にチャレンジ TV放映をみました。瞬発力が基本の相撲、
延々と続く登山は、関取にとっても、とても苦しそうな登山でした。 

 「何故登っているんだろう?と後悔しながらの一歩一歩だったと…!!
山頂に立って 「舞の海」が話しました。人生で初めて出会った絶景と感動
苦しさに耐え頑張ってこそ この達成感を味わいました。
 
苦しい時もハア、ハアと頑張った。未来を信じて、登山が人生と重なる。
失いかけていた何かを見つけた。 喜びの言葉でした。

鍛えられた(舞の海)も やはり、苦しい登山だったのです。 
私は、途中での頑張りも出来ず、リタイヤ、リルート涙の登山
忘れかけた、過去も思い出しました。それでも、尚、登山の魅力、
自然が好きと、仲間に励まされ、誘って貰い山歩きを続けています。
今シーズン思いがけなく度々の大きなツアーに参加出来ました。

BLOGで山歩きの、あの日、あの時を 思い出しています。 
今回、画像処理失敗もあり、FJさんの写真も使わせて頂きました。
ありがとうございました。
 

スポンサーサイト

Tag:岡山 百名山  Trackback:0 comment:0 

両神山・雲取り山


 両神山・雲取山 (日本百名山) 登山
    
5月27日(月) 


『両神山』1723m 埼玉県奥秩父 日本百名山 

雲取山 2017m 唯一東京にある日本百名山 

    
  5月26日
14時30分西秩父に到着→ バスで三峰口
ryo_f1.jpg ryo_13.jpg ryo_f9.jpg
ryo_27.jpg ryo_f3.jpg ryo_f5.jpg 
登山口 日向大谷 17時20分 民宿 『両神山荘』に到着 
 ryo_29.jpg ryo_f8.jpg ryo_f7.jpg
5月26日  17時50分 夕食 民宿の夕食は、とても美味し~い 
旬の山菜料理の数々に全員が大満足でした。
当日の宿泊は7人メンバーの先客と私達8人とでした。 

  yama_0.jpg5月27日 両神山 1723m
ryo_2_71.jpg   山頂風景
ryo_2_8.jpg
 

ryo_1.jpg ryo_3.jpg ryo_4.jpg
   6:10 山荘 玄関で準備体操 7:10 日向大谷登山口から歩く 
ryo_15.jpg ryo_6.jpg ryo_5.jpg
雨具着けたり 脱いだり 深い渓谷には 今未だ残雪が見られる。ryo_2_18.jpg 
 8:50 「 弘法の井戸』 冷水に元気を貰って 
ryo_2_40.jpg ryo_2_3.jpg ryo_64.jpg
8:22 休憩   8:56 「弘法の井戸」 9:56 急坂登り 
ryo_10.jpg ryo_18.jpg ryo_2_88.jpg 
10:29 両神神社  駒狐が迎えてくれました。
ryo_45.jpg ryo_22.jpg 27_9_01.jpg
ryo_48.jpg ryo_9.jpg 27_957_08.jpg ryo_21.jpgryo_24.jpgryo_11_2_42.jpg
     11:10 両神山 山頂 ゴール (4時間) 体調がイマイチのFさん満面の喜び 笑顔 最高で~す。
狭く、嶮しい岩の山頂でお弁当 おいし~~い、  「 八丁尾根」の巨大岩の山頂
ryo_19.jpg ryo_67.jpg ryo_2_21.jpg
 山頂の表示石版
山頂 岩の山頂は8人がお弁当食べるのに、やっと座れる。深い谷が恐い 両神山 山頂からの展望 山頂 近く嶮しい岩場の下山
▲ 
カモシカ 初めて見ました。 フサフサトやさしい顔 ヤギにも似て、のんびりと・・・ ryo_41.jpg ryo_40.jpg        
14:46 鳥居を 潜りぬけて7時間20分 後 山荘へ無事 帰着14:50 END

尚 預けた 荷物をザックに戻して、  明日の歩き 雲取山 へ向けての行動となります。
宿泊先 「お宿 しちこ」へと向かいます。


両神山のお花
ryo_35.jpg ryo_30.jpgryo_36.jpg
 ミヤマキケマン    ラショウモンカズラ  ヤマアジサイ(いい香り、大木もあり香りでホット顔を上げて木を探したり・・・元気づけられました。)
ryo_16.jpg ryo_46.jpg ryo_17.jpg
  オドリコソウ 
        ヒトリシズカ     バイケイソウ?(たくさん自生 花はこれから?)

yama_0.jpg 日本100名山 両神山 と雲取山 登山
 
みつがしわ山の会 先輩の方達との名山登山
県内登山のmount 今回も誘いを貰って、大型登山に挑戦
現地へのアクセスだけでも大変です。
学ぶ事が余りにも多く、失敗、反省もしながら、
優しい山仲間にアドバイスを貰い 楽しむ事が出来ました。

夜中に降った雨が止み 途中での夕立、小雨もありましたが、
次第に晴れてラッキー!
カモシカにも出会いました。

yama_0.jpg ニセアカシアの花   
リンク
ニセアカシアの天ぷ
 
ニセアカシア  ニセアカシア2
山々の大木に今、満開のニセアカシアの花 (フジの白い花に似てる、)
両神山荘のお料理で、とても美味しくていい香り、これは 何の天ぷらと聞きました。
食べれるのですね!!大木で採れないですが・・・ 深い渓流の山々たくさん咲いていました。  
 
リンク 28・29日 雲取山

Tag:日本百名山  Trackback:0 comment:0 

龍ノ口山・八幡宮 登山

龍ノ口山 登山

257m
(龍ノ口山 登山  地図 移動 可)

奥秩父(両神山・雲取山)登山 出発3日前 龍ノ口山へ 登りました。

(地図サムネイル 拡大可能)
tatunokuti_地図
mountのロゴ トレーニング不足を心配しながらも・・・引きこもりの日が続いていました。 
そんな時に、明日は龍ノ口山を歩きませんか。連絡受けて早朝 出かけました。

『あれ、あれ、トレーニングなのに軽装備でどうしたの?』 
そんな言葉を先輩から掛けられて… あぁ・・・そうだった失敗

日本百名山も次々に歩かれる大先輩達に誘って頂き、
県外遠征の経験が殆ど無い、私なのに…行く事にしました。
仲間は連日 県北、県外へとトレーニングの登山
大きなザックには何本もの水と保温ポットも持参での参加!!

岡山市街地の龍ノ口山は何回も登り、みつがしわ山の会でのボランティア作業にも
参加した私は、小さいリュック、軽装でグリンシャワー公園 集合地へ出掛けたのでした。 
5月23日は殊に新緑が映え展望も素晴らしくて写真を写しながら歩きました。
 tat_20.jpg

 当日、コース案内で参加を お願いしたFunaちゃんから写真を頂きました。 
mount_rogo002.gif週間ヤマケイ 月毎に掲載されるFunaちゃんの今回の写真 ↓↓
Funaちゃん撮影 ヤマケイ掲載写真から
 
mountのロゴ 
トレーニング登山 山へ2回登る、初めての事です。
 
西尾根の急登岩場から八幡宮へ登る(赤線)、 
八幡宮から五差路へ下り 四御神コースへと下山 
分岐から北側の小川沿い 龍ノ口池 堤防へ下山

北側の鳥居 登山口の少し上で小川を横切り此処から2回目の登山(緑線)
地蔵尾根コースへ『初めて歩くコース』で、かさね岩へ岩を恐々と一歩一歩です。
絶壁、踏み外したら…助かりません!!
岩の上は、最高の景観です。旭川・大原橋・牟佐地区と高速道が通る山々 
JR津山線と眺めました。

━ 西尾根岩コース 八幡宮へ直登り━━━━━★ 
tat_03.jpg tat_05.jpg tat_06.jpg tat_02.jpg tat_04.jpg 岩に咲く クロモジの花 黄色い花も木もいい香り

~~~~~~地蔵尾根コース ~~~~
tat_15.jpg rtat_14.jpg tat_16.jpg 
危険な岩登り… 2年前の訓練が思い出される、 funa_tat_2.jpg tat_01.jpg 
tat_18.jpg tat_19.jpg tat_22.jpg   
いい眺め 最高の気分 行者尾根辺りはヘラシダの群生広場です。 
山頂で 汗乾かしポーズ ほど良い風が気持ちいい
     
 
  スライド 画像 岡山駅前方向     
龍ノ口山 山頂からの展望 岡山ドーム 西バイパス    
 
mountのロゴ 
龍ノ口山の頂上へは、東西南北 どこからも登山道があり
今回、地図をアップして、コース名の記入等をしました。 

下山後には、仲間の菜園でイチゴ摘み、大根、玉葱の抜き取り
野菜も頂いて帰りました。


Tag:山歩き  Trackback:0 comment:0 

バラ

mini 菜園バラ

2月中旬 県南岡山に珍しく雪が降りました。

積雪対策 雪囲いも無く 屋根から落ちる重い雪に
庭木が数日間埋もれ折れた。

傷んだ木々が甦りました。サツキ、シモツケも咲き始めた。
バラが例年以上にたくさん咲きました

hana_515.jpg hana_514a.jpg hana516.jpg sai515_4.jpg 『シモツケ』 雪で殆ど潰される(大山から引越した花) bara_008.jpg   hana_33.jpg     『サツキ』雪で全滅状態なのに花が咲く 『タイム』 とてもいい香りのハーブ (庭一面のタイムの花 持ち帰った一株から増えました。) 
全滅と思ったサツキにも花が咲く ハーブ『タイム』いい香り薬効あり    
   

 
my mini 菜園
夏野菜が日毎大きくなる、支柱、ネット張りもしました。
ゴーヤー 緑のカーテン 西側・南側と、夏バテ防止 ジュース用に、
2階のテラスまで、届くようにもたくさん実が付くように欲張ってたくさん植える、 
野菜の花が とても綺麗
sai515_3.jpgsai515_5.jpg 『エンドウ』 
hana_22.jpg hana_23.jpg ジャガイモの花    
 キューリ(スライド)花  トマト花  ジャガイモの紫色花弁と花芯の黄色が綺麗ジャガイモの
sai515_2.jpg     

     春雪の庭と菜園 2014年2月18日   
hana_310.jpg hana312.jpg hana_311.jpg
  

   
  

Tag:山歩き  Trackback:0 comment:0 

十二本木山・土倉山

十二本木山・ 土倉山

十二本木山(417m)    土倉山(401.6m)

新ルート・岡山の山 百選』 空港北に位置する展望台の山
このように紹介されています。自宅から岡山空港までは14km(23分)です。
近くのこの山を歩いて来ました。 空港辺りまでしか行った事が無く
初めて、(近くにも、いい山があるあると・・・)

jyu_008.jpg 

この十二本木山・ 土倉山への登山ルートはいろいろある様ですが、
本の通りに少年自然の家から歩きました。

jyu518_01.jpg jyu518_31.jpg jyu418_32.jpg
少年自然の家は、立派な建物施設が整っています。学生の団体が野外学習をしていました。
遊歩道はよく整備されて詳細な表示がしっかりとしてあり迷う事も無く コース選びも出来ます。 
『コシダ口』の標識
jyu518_02.jpg jyu518_03.jpg jyu518_14.jpg 
12:15(やまなみのたわ)  12:15● 岩がきれいな コシダの道
jyu518_04.jpg jyu418_35.jpg jyu518_05.jpg
見晴らし台からの展望  岡山空港、『空港温泉レスパール藤ヶ鳴』の建物や滑走路が見える。 
空港離発着の飛行機が爆音と共に何回も上空を飛びました。
jyu518_06.jpg 
jyu518_07.jpg jyu518_39.jpg   
12:23避難小屋  12:27(みはらし台) 休憩 お弁当 爽やかな新緑の風 変わった鉄塔 
景色を眺めました。12:50 (つつじのたわ)

jyu418_36.jpg12:52 (イシミカワ) 四差路 ハゼの木 ウルシの木が多い
 とてもコワイ 激しく被れます。要注意!!『少年自然の家』 管理内の登山道には、分岐毎に解りやすい標識があり
迷う事はありません。  ハイキングが楽しめます。
最終 此処からは、自然に十二本木山への車道があり
途中に処分場?大きなコンクリート槽が見えます。
此処からの登山道は、荒れ放題の細い坂道です。20分も登ると、
雑草が覆い茂り道らしきはありません。



jyu518_2.jpg jyu518_1.jpg jyu518_4.jpg 
jyu518_3.jpg
 jyu518_7.jpg jyu518_8.jpg   
気がつくと、高く伸びた雑草の中 上のほうに鳥居がみえます。 どうやら此処が山頂? 
そして草陰には本で見た様な牛の狛犬2頭の牛は(豚みたいでもあり・・・
2匹とも口を閉じています。拝殿、本殿とも殆ど倒壊しています。
黒い焼き板、白壁の本殿は昔には立派な造りだったようです。
神社の周囲には石柱が並び 一金1円3円等と彫られています。
何銭とか何文とかの字は見られません。それ程に古い寺では無いようです。
ここが十二本木山(417m)の山頂 参拝者も寄付金も多く賑わったであろうと・・・
神社建物は崩れ大地に戻り・・・人々は何処へ・・・周辺の草木は
今も綺麗な花を咲かせていました。感無量の思いでした。
jyu518_11.jpg 
jyu518_12.jpg jyu518_41.jpg     
 此処から、分岐まで戻り 本の通りに土倉山へ 標識等も無く、山頂の変わった鉄塔
を目指して車道歩き、ヤブコギありそして鉄塔へ到着。 三角点も展望所へも
行く事が出来無いままに引き返しました。土倉山まで約2時間の往復でした。
何処かで迷って遠回りしたようです。  そして下山は再び『自然の家』のコース
でアスレチックやロープの急坂下山 岩越えなどをしながら登山口へ降りてきました。
所要時間 4時間20分 約19,800歩 
jyu518_13.jpg jyu518_16.jpg jyu518_15.jpg

jyu418_007.jpg 一際目をひく山ツツジの花(ヒラドツツジ) ササユリ
スミレに出会い、野いちごの初食べもしました。 a_20140522153043c3b.jpg
                               
先輩から何時も聞く言葉 それは、何時の記録??  
参考にした記録を、今更に調べました。
2002年2月調査とありました。24年前の記録
こんなにも人気が無い山、神社だったのでしようか・・・
             

今でも、時々は訪ねる 金山の現在にも似てる。
岡山市街地の展望も素晴らしく賑わっていました。
可っては、ヘルスセンターもあり、温泉、劇場と
子供達と度々訪れていました。
何かと心に残る 近くの山~もう、終ったのでしょうネ。 

Tag:山歩き  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

mount

Author:mount
2002年から伯耆大山の麓で『シニアライフ』 
大山暮らしの日々 感動を記録に残したくて
PCに挑戦 H,Pを始めました。四苦八苦で何回と無く
挫折しながらも継続しています。
数年後には、BLOGが始まりました。
BLOGとHPと両方でリンクして
日々の暮らしを画像日記で記録しています。

鳥取で始めた山歩き・SKIクラブに入会 公民館講座
と親友の輪も広がり楽しく過ごしました。
10年近くして無縁だった病気に成り帰岡
岡山で再び山歩き会・SKIに入会 仲間との出会い
元気を貰って第二のシニア ライフ
私の林住期 岡山暮らしHP/BLOGと続けて書いてます。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。