初滑り カナダ Whistler

メープルb   ウィスラーブラッコム

wid_knd1.jpg wid_knd2.jpg
↑↑展望wid写真  ↓↓hikou.jpg機内 座席TV画面 携帯での写真
kanada7.jpg 
成田空港18:15(約9時間)バンクーバー着10:15(日付変更線通過 時差 -17時間)
↓↓ 地図 移動・写真も可(人形をマウスでクリック)
mepur.jpgバンクーバー空港 大きな 木彫りこけし人形クリスマスツリーの出迎え knd80.jpg kanad1k.jpg  knd4.jpg knd_1k.jpgknd3.jpg knd79.jpg
 

 knd76.jpg knd_5.jpg
mepurr.jpg バンクーバーダウンタウン ビルの谷間に日本庭園 「イヌクシュク」ilanaaq.jpg knd78.jpg
   
ilanaaq.jpgバンクーバー空港 Jステーション 現地担当員の出迎を受けてウイスラーへ バス2時間 
宿泊ホテルWhistler Village Inn & Suites
ウィスラー ビレッジ イン&スイーツへ到着
knd9_16R.jpg knd9_36R.jpg

knd9_44.jpg knd9_34R.jpg

knd9_8R.jpg knd9_5R.jpg mepur.jpgゲレンデ&ダウンタウンMAP拡大可 
 ウィスラー・ブラッコムゲレンデスキーコースが200以上最長滑走距離も11km
kndMAP.jpg
 
knd8_27R.jpg  

 knd7_54.jpg knd77.jpg peaktopeak.jpg
  メープルfウィスラーのシンボル ピーク2ピーク ゴンドラ 支柱から支柱までの距離が3,024m(世界記録)
knd8_26R.jpg knd8_21R_.jpg
   
knd72.jpg knd11.jpg knd8_8R.jpg
 
knd8_11R.jpg knd7_5.jpg knd8_12R.jpg 

knd8_24R.jpg ui_66.jpg ui_62r.jpg     
メープルf  小鳥(スズメ?) 餌がほし~のでしょうか、何時までも飛びません、
640a.jpg ui_67.jpg    
メープルfシーズン初め 山頂エリアは積雪量が少なく リフトの稼動が待たれる現在でした、knd8_38R.jpg knd8_28R.jpg ui_61r.jpg        

ui_63.jpg
knd9_25R.jpg
 
knd9_29R.jpg knd9_26R.jpg knd9_24R.jpg 
mepurr.jpg 最終日は雨 ウイスラーゴンドラの山頂駅レストランへ ランチに出かける。 
テラス ランチ コーナーは 氷雨と雪

knd9_15R.jpg
 knd_70.jpg knd9_11R.jpg 
mepur.jpgカナダ留学をした 前 職場仲間からカナダは雨がよく降る、 
 でも、現地の人は傘を差さない、 ホント
!!
knd9_13R.jpg knd9_18R.jpg knd9_7R.jpg
 mepur.jpg ウイスラーのダウンタウンはアフタースキーも魅力いっぱいで楽しめます、
 デラックスなホテル コンドミニアム、スーパーマーケット、ショッピング
100軒近くのレストラン テラスが並んでいます。
数回出かけてウインドショッピングをしましたが…ウロウロと道迷い…

素敵なレストランでのディナー フルコースに出掛けました、
メンバーのYさんと知人のSさんの案内 2人の英単語だけのオーダー 豊富な体験に
助けられて、お食事と会話を愉しみました。支払いに15%チップ記入(これも又大変)
knd9_37R.jpg knd9_41aR.jpg knd9_39R.jpg
早朝未だ薄暗い中ダウンタウンを後にバンクーバーへ 空港免税店でのショッピングと朝食
熱帯魚の水槽 カラフルな藻、クラゲ 魚!! 成田空港への出発時間までを過しました。


knd9_43R.jpg


ilanaaq.jpg
「イヌクシュク」(カナダ先住民族イヌイット人が石や岩を積み作った大型オブジェ 
この地にやってきた人たちを歓迎 「Welcome」の意味があります、)

メープルbr 
カナダ国旗 (サトウカエデの葉っぱメープルの葉(楓 かえで)が
モチーフと成っている、そのカエデから作られる甘味料、メープルシロップ
カナダの特産品で世界の80%以上を供給しています。
(日本でのケヤキ通りと同じようにメープルの大木通りは 落葉の通りと成っていました。)
  mepur.jpgカナダ ウイスラーへ
北米No,1  スキーリゾート憧れのカナディアンロッキーへ 
今期チャンスが来ました、「仲良く滑ろう会」海外スキー
初滑りプランで実現しました。

県内外 各スキー場での指導員 エキスパートスキーヤーのクラブです。
スキー歴だけが長くて 下手なスキーのmountですがT・R Mさんメンバー
の皆さんに引張って貰って シニアースキー今期も楽しむ事が出来ます。
 とても有難く感謝しています。


 メープルb
スポンサーサイト

Tag:スキー  Trackback:0 comment:2 

中蒜山 登山

紅葉晩秋中蒜山登山



上蒜山(1202m)・中蒜山(1122m)・下蒜山(1100m)
蒜山は西から三つの山が連なり「蒜山三座」と呼ばれます。

下蒜山(2012年5月例会登山) 上・中蒜山は、未踏 
県北 最終登山として中蒜山に出かけました。

私のお気に入り県境越えルート 一般道R181経由で 新庄村
野土路乢ーから蒜山高原へ ベアバレースキー場 経由で登山口へ 
写真 拡大
hiru_wd6.jpg

野土路トンネルを抜けると、蒜山三座が!!
ススキの原野 スキー場の中、正面に蒜山、皆ヶ山、大山、三平山
絶景に感動 高原の空気に包まれる。 hiru_wd4.jpg
大山 南壁、早くも雪帽子・烏ヶ山も薄化粧 冬到来の11月末 
(この景色を眺めたくて、大山の西壁 伯耆町への通路としていた。)
hru85.jpg    
左側に三平山 ( 初回登山で7年前に登った。ササユリが咲いていた、
運動靴 ジーンズ・・・スタイル )


中蒜山登山口 到着 
hru23R_20141217130847f8c.jpg 
写真 拡大
hru56R.jpg hru57R.jpg hru58R.jpg 

hru59R.jpg hru60R.jpg hru61R.jpg 

hru63R.jpg hru66R.jpg hru30R.jpg

hru68R.jpg hru69R.jpg hru32R.jpg

hru26R.jpg hru35R.jpg hru47R.jpg

hru34R.jpg hru39R.jpg hru73R.jpg

hru76R.jpg hru41R.jpg hru83R.jpg
写真 拡大

hruwd_1R.jpg

上蒜山の遠方に東大山の山容 展望に思い出がいっぱい 懐かしい山々 
 琴浦町の発電風車 赤崎港 海岸線・・・ 胸がつまります。(歳のセイ!加齢!)
 東大山の山並 矢筈、小矢筈、甲、勝田ヶ山、船上山  特徴ある山容
東大山 船上山 
東大山 東端の船上山(隠岐に流された後醍醐天皇の行在所址(あんざいしょ) 
船上神社があります。日本海の展望を天皇も大層喜ばれたと・・・
  
hru_wide.jpg
 
山頂まで落葉の登山道 急登 鎖の岩場もあります。
潅木の間からは、蒜山平野 ベアバレーも見える。

hru71R.jpghru_65.jpg
イワカガミ(葉は常緑 鏡のような光沢がある、
花期6~7月 花弁は5っに別れさらに細く分れている。) 

 hru18R.jpg    

登山道の入り口 「塩釜冷泉」 周辺には塩釜キャンプ場
山菜市場 水車 駐車場 食堂 等 設備が揃っています。


hru17R.jpg hru22R.jpg 

hru9R.jpg hru10R.jpg
麓は、今が紅葉の真盛り 昨日までの雨 登山者は少ない、  
hru16R.jpg hru21R.jpg hru25R.jpg 
塩釜の名水を汲む人は大勢います。   
hru19R.jpg hru20R.jpg 

hru15R_20141217162027571.jpg

 hru12R.jpg  

hru13R.jpg 
   



4月に登った雨乞山
急登の短縮コースからの縦走を試みた‥‥
迷い、迷って 涙と汗の登山 諦めた その時に山頂へ出た!! 
山頂から~下山は登山道もしっかりしていて展望もよく
反射板の下山道は終始 素晴しかった。苦しかった登りも忘れて
遠くに大山も見えて 国道通過時 車窓から写す。
hru8R.jpg hru3R.jpg 

 hru6RR.jpg  


 

    
 



Tag:山歩き  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

mount

Author:mount
2002年から伯耆大山の麓で『シニアライフ』 
大山暮らしの日々 感動を記録に残したくて
PCに挑戦 H,Pを始めました。四苦八苦で何回と無く
挫折しながらも継続しています。
数年後には、BLOGが始まりました。
BLOGとHPと両方でリンクして
日々の暮らしを画像日記で記録しています。

鳥取で始めた山歩き・SKIクラブに入会 公民館講座
と親友の輪も広がり楽しく過ごしました。
10年近くして無縁だった病気に成り帰岡
岡山で再び山歩き会・SKIに入会 仲間との出会い
元気を貰って第二のシニア ライフ
私の林住期 岡山暮らしHP/BLOGと続けて書いてます。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR