スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

4月総会と山歩き

平成27年  みつがしわ山の会 総会・山歩き
   
R0002.jpg 4月22~23日 
4月22日 1日目

Ⅰ,総会 開会挨拶
 4月22日 総会(白兎会館) 14時(受付開始)
kt会長 開会挨拶 (会の目標を話される) 会長職最後の言葉 顧問職に就任 tot_25r.jpg tot_27.jpg   
14:30 会長 開会挨拶   H,27~28年度,新会長・副会長 4月例会説明(担当幹事)

Ⅱ,第23回総会 次第
H26年~27年度 みつがしわ山の会、全活動 その他 報告
総務担当 Dmさん

Ⅲ,研修会 
16:00から講師 Dmさん,Koさん 
①低体温  
②山岳遭難の概要と救助 
③筋肉痙攣への対処法
④他SSS+ABCDE(山で倒れている人への対処方)
資料Ⅰ   資料2 クイック⇒リンク先 (拡大 可)
  資料3

研修3 研修2 
      
  研修担当 Koさん テープ貼り ツボの位置説明   mtgsw_1.jpg安全登山講習会 
有痛性筋肉痙攣を何回も発症して ふくらはぎの激痛に動顚し苦しんだ。
先輩方の応急処置 助けを受けて回復しましたが、(この時には、もう絶対に、
山歩きは止めようと、思いながら‥・) 涙が乾くと、又、歩いているのです。

蒜山での、この研修会への参加をAkさんから奨めて貰った
事が思い出されます。 受講は出来なかった、でも、今日、
こうして総会で講習を受けることが出来ました。
登山途中でのリタイヤは、全て、この症状でした。登山の基本である
体調管理も出来てなかったのです。
研修担当の方から実演も合わせて貴重な指導を受ける事が出来ました。  


Ⅳ,懇親会
 
tot_31rR.jpg tot_29rR.jpg tot_33rR.jpg    
totr_4.jpg totr_5.jpg totr_6.jpg   
18:00 ビールで乾杯 会席料理(旬の食材 お料理を美味しく頂きながら 
全員が幸せな笑顔の宴席 会話が弾みます。 この場に居られる事に感激、
小豆島総会から、早1年 いろいろ ありましたが‥・参加できてよかった。 
2時間の宴会、最後は全員が輪になって大合唱 『花は咲く』 『忠義桜』
を歌って閉会となりました。
kw-1R_20150427232721e97.jpg
記念写真 (広報担当Kwさん)


4月23日 2日目
山歩き 久松山(キュウショウザン)263、1mー縦走ー摩尼山(マニサン)357m 

tot_34r.jpg tot_42r.jpg tot_45r.jpg 
6:30 朝の散歩 白兎会館周辺を部屋の仲間と歩きました、8:27 久松公園登山口 石段から登り広場へ 8:36
準備体操 前方には僅かに雪渓の尾根 山を眺めながら、

tot_43r.jpg tot_47r.jpg tot_46r.jpg 
沢沿いの湿地では、シャガの花など‥・ 眺めながら登っていく 
tot_49r.jpg tot_44r.jpg tot_52r.jpg
9:14 久松山まで、もう一息 9:44急登のジグザク道 息を切らして山頂へ 
市街地からも眺めた石崖の城跡 二の丸 本丸跡 山頂へ辿り着く  
totr_11.jpg totr_10.jpg totr_9.jpg  
 kw_12R.jpg  
此処からの展望 砂丘 湖山池 山陰海岸を眺めて何枚もの写真を写しましたが‥・
tot_54r.jpg tot_55r.jpg tot_63r.jpg      
9:58 白、淡紫、濃紫 初めて出合った鳥取の山歩きイカリソウ、この花が、
たくさんあります。船のイカリにも似た花 名前を即覚えた奇麗なお花 
tot_57ab.jpg tot_53r.jpg tot_50r.jpg
10:15  
    次々に出て来る表示 長い行程 
tot_56r.jpg tot_59r.jpg tot_62r.jpg   
tot_67r.jpg tot_61r.jpg tot_64r.jpg
10:57 
看板 赤い実 食べれる!!リンクウラジロノキ 白い花 イチリンソウ 
 
tot_65r.jpg tot_94.jpg tot_93r.jpg   
 11:45 林の中でのお弁当 これが又、格別に素敵な場所 上には、大木の山桜が満開 
周囲はコシアブラなど新芽の樹林 ツツジも見られ、イカリソウを避けて坐るのも難しい
自生地 其々に古木に掛けてのお弁当    
kw_24R.jpg
(カメラ Kwさん) 
kw_23R.jpg kw_21R.jpg tot_72r_20150424140100e96.jpg 
  mtgsw_1.jpg今回は、絶景での写真が失敗 ガッカリです。
(カメラの設定ミス) 例会での写真は、控えないといけません。
(何時も列を乱し カメラして‥・)
趣味で写させて頂いています。
( blogでの、ご迷惑な写真は知らせて下さい、即、外します。
 使わせて頂ける写真がありましたら、お願いします。)
 
摩尼山 山頂(357m) 帝釈天が現れたという、巨大な岩 立岩の前を登り 
奥の院へと歩く 予習不足と記憶力が無く 直に忘れます。 復習も大変に成りました。 
リンク
摩尼山     
 tot_73r_201504241401056dd.jpg tot_76r.jpg tot_77r.jpg
 
tot_81r.jpg tot_78r.jpg tot_84rR.jpg

tot_75r.jpg tot_74r.jpg
tot_79r.jpg tot_80r.jpg
赤紫のコバノミツバツツジが新緑とマッチして、奇麗  登りの苦しい歩きも和らぎました。
9時20分 鳥取城の頂上 鳥取市街地を眼下にして集合写真前 スナップ・・・ 
集合写真撮影前のスナップ (Kkさん撮影)
mtgsw_1.jpg 何とか修正出来た写真で、blog UPしました。 
HP開設12年目、今迄に無い、失敗 26年度の会のページも失くしたり、
加齢症候群を強く自覚しています。何時まで歩けるのだろうと不安に思いながら‥・

tot_87r.jpg tot_88r.jpg
摩尼寺 本殿をはじめ立派なお寺の建物 鐘楼堂等を眺めながら、
石段を下って 山門 広場へと下山

tot_85r.jpg 
tot_86r.jpg
 
kw_29R.jpg tot_89r.jpg 

14:19 整理体操 

閉会式
  
①天気良く ②登山コース良く ③摩尼寺への下山 
素晴しい例会登山でした。 
幹事の方々の お陰です。ありがとうございました。
~Ym副会長閉会の言葉~~

 mitu.jpgtot_36r.jpg宿舎 白兎会館前
幹事Ymさんから筍のお土産  お心遣いを頂いて帰りました。
今回の企画 準備とお忙しい中で たくさんの筍掘り 思いを馳せ乍 
帰宅 直に湯がき 調理しました。

寄り道 リンク仁風閣 
   入館して見学 時間調整しました。

スポンサーサイト

Tag:みつがしわ山の会  Trackback:0 comment:0 

仁風閣

4月22日  仁風閣   
岡山を9時過ぎ出発 県境、黒尾峠越え 河原道の駅で
休憩 昼食 後 鳥取市街地へ向かいました。
総会 受付開始迄の時間 仁風閣を見学しました。  
tot_topaR.jpg 
明治40年に建てられた白亜の木造建築は重要文化財 
(フレンチ・ルネッサンス様式) 
らせん階段、マントルピース、シャンデリアと…全て、
驚くばかりの美しい造りとなっています。 
池泉回遊式庭園を2階から眺め、時の天皇の宿舎
窓辺で手を振ってみるのでした。
(写真 拡大)
tot_8R.jpg tot_9R.jpg tot_10R.jpg  

tot_17R.jpg tot_13R.jpg tot_18R.jpg tot_11R.jpg tot_22R.jpg  
 岡野貞一 音楽碑
時を越えて歌い継がれる 唱歌 『ふるさと、おぼろ月夜、
春の小川、もみじ、春が来た、小川 』
など作曲 鳥取市 出身
tot_12.jpg 

 
tot_19R.jpg tot_20R.jpg
『らせん階段』 殊に素晴しい!!
tot_14R.jpg tot_16R.jpg
ガラス窓は、どこも、透明に磨かれています。周囲の風景は、
窓ガラス越しとは思えなく そのままに自然体で眺める事ができます。 



国道53号 鳥取自動車道 『道の駅 かわはら』 に立寄り昼食 
河原城 山陰の風物詩  山頂に並ぶ風車 那岐の残雪を眺めました。
tot_2R.jpg tot_7R.jpg tot_3R.jpg

tot_4R.jpg tot_5R.jpg

4月 みつがしわ 総会と山行き
今回も 〟おまけ〟の 楽しみ 寄り道、 
とても 有意義な時間を持つ事が出来ました。
 Fjさん 同乗させて頂き、ありがとうございました。

リンク例会 山行きへ戻る   リンクみつがしわ山の会

Tag:史跡 散策  Trackback:0 comment:0 

黒沢山 668m

黒沢山 668m
   
昭和池の右側を池の先端まで歩き、流れ込む 黒澤川に沿って 田辺地区から
万福寺へ・黒沢山山頂へと歩きました。            地図 拡大 移動可

 
kro1_7r.jpg kro1_5r.jpg kro1_6r.jpg  
 9:16   県道R343 からの分岐大きな看板  9:18 昭和池に到着 駐車 9:36
kro1_4r.jpg 
9:33 池に沿って歩く
kro1_8r.jpg
9:33  昭和池は、山の左右から 其々に水が流れ込んでいます。
 神秘的な水面の青さ 静寂さ、鏡の様に山を映しています。
kro1_12r.jpg kro1_14r.jpg kro1_17r.jpg 
9:46細い滝10:08池の先端に流れ込む黒沢川に沿って参拝道を登る。10:13
急坂の沢筋歩き、続いて沢と離れ竹林の中を延々と登る…山頂の稜線迄とて遠かった。
kro1_16r.jpg kro_47.jpg kro1_19r.jpg
11:02明るい稜線の分岐 11:13 ショウジョウバカマが多く見られえました。11:15 
古木に咲くスミレ
kro1_20r.jpg kro1_38r.jpg kro1_22r.jpg 
11:18 黒澤山の満福寺に到着11:18  11:19 約2時間 小休止2回 (汗;;衣服調整
水分補給 ワラビ摘みチョット) 
kro1_21r.jpg 
11:18 立派な万福寺、梵鐘、神社… 庭
kro1_24r.jpg
11:23   お寺の境内から眺めた昭和池と駐車した車 歩いた方の
池の側 道がよく見える。
kro1_25r.jpg kro1_26r.jpg kro1_29r.jpg
11:30 万福寺から山頂へ 石段を登り 山頂へ11:42 標高668mの四等三角点 
広々と木漏れ日の三角点 汗ばんだ 身体が気持ちよく爽やかな休憩
kro1_32r.jpg kro1_34r.jpg
 12:45 奥の院 求胡幡堂? 文字が読めませんが、護摩を焚くお堂 12:53 
お堂に入って手を合わせました お願いも・・・
kro1_33r.jpg kro1_34r.jpg kro1_37r.jpg
12:48 ゴマに願いを書いて (バレーが  テニスが上手くなりますようにと・・・ 
家内安全 入試 合格など何でも叶えて下さる 虚空蔵 奥の院
 kro1_31r.jpg kro1_41r.jpg
12:45 赤い新芽の山桜 山桜が満開 12:58 山桜が至る所に咲いています。          
 
kro1_40r.jpg
14:15 昭和池へ下山 登った山をしばし眺める。 この鉄塔の側も歩いた。
kro1_45r.jpg
万福寺から眺めた昭和池を 下山して池から 万福寺、黒澤山を探してカメラする。

kro_abc.jpg 昭和池と山  山は後方で繋がり、池が両方に伸びている。( パノラマ画像)
kro1_36r.jpg 岡山の山jpg  
花の季節 山日和に恵まれて、黒沢山を歩いてきました。
岡山県の山  (山と渓谷社 2010年3月発行)
56山の紹介 残る山が3山となりました。 
黒澤山は山頂の展望が無いと記してあり終盤での歩きと成りましたが、
木漏れ日が気持ちいい広い山頂でした。少し下山して展望のある場所でお弁当 
景色も想像していたより ず~と素晴しかった。 
活き活きと芽吹く自然の息吹に出合って 元気を貰って帰りました。

Tag:山歩き  Trackback:0 comment:0 

“かの・山 鉄砲山へ

setotozan  鉄砲山から
山歩き会の仲間から度々 聞く山へ 一緒に歩かせて貰いました。
かの 有名な山 月に40回は登る山とは…
set_13R.jpg
 『県東部の地理 電車』 に非常に弱い…
瀬戸駅集合 下見もして、一番に到着
誰も来ない!!未だ岡山駅に居ると言う
紹介者 リーダーKmさんに電話 
集合は駅の裏口と聞いて 移動 
山歩きの人影が見えてホッとする。


set_14R.jpg set_15R.jpg
 8:00 瀬戸駅からも望める山 鉄砲山へと 歩き開始 菜の花満開の登山口
set_16R.jpg set_18R.jpg set_19R.jpg
set_23R.jpg set_21R.jpg set_22R.jpg
標高166m 急登が多くて、早々と汗が流れる、
トレーニングには最適な山と聞く、
この山で鍛える山友は、健脚 そして今日の仲間も健脚 
約1時間の登りで山頂に到着 朝は寒く…衣服調整 失敗
set_27R.jpg set_29R.jpg set_24R.jpg 

set_26R.jpg 
山頂は整備され看板 藤棚、トイレ、展望舎もあります。
瀬戸の市街地、山並を眺め後発の友を待って 充分な休憩 
写真に長い貨物列車が写って!!
山陽本線が田園風景の中に見えていたのです。    
      
set_34R.jpg set_30R.jpg set_32R.jpg
set_36R.jpg set_31R.jpg set_33R.jpg
set_42R.jpg set_41R.jpg
熊山? 山頂にたくさんの鉄塔の山並を眺める。
set_37R.jpg set_43R.jpg
お弁当後には、
登山道 周辺のワラビ採り等をしながら…目的地『木庭の滝』へ 
set_46R.jpg set_44R.jpg 
set_49R.jpg set_48R.jpg
仲間(みつがしわ山の会)11人も参加しました。
set_50R.jpg set_51R.jpg set_52R.jpg
瀬戸に並ぶ山々を登り下りと繰り返して、展望、ワラビ採り等しながら、
心身ともに安らぎ 春山を楽しみました。
滑り易い急斜面を、下り14時10分 下山口へ降りる。
set_53R.jpg set_54R.jpg set_55R.jpg
最終目的地のキリンビールへ14時20分に全員が到着
山頂から 何時も眺める キリンビール
汗を流した後のジュースが美味しかった。

Tag:山歩き  Trackback:0 comment:0 

須磨アルプス

須磨アルプス  平成27年4月8日岩場 尾根歩き

明石海峡を眺めて 須磨アルプスを縦走 山仲間の紹介で「瀬戸歩く会」
の皆さんと一緒に、海を眺め 神戸ビル街を眼下に展望 
スリル満点の岩場の尾根縦走とバラエティに富んだ1日を過しました。

山歩き 先輩の方々 担当幹事の皆さんの、お陰で、この素晴しい例会に
参加が出来ました。瀬戸から列車を乗り継ぎ六甲山系西端 須磨からの歩きでした。

コース概要
須磨駅から桜満開の須磨公園へ 開会式  挨拶 準備体操 
9;30 スタート-ー鉢伏山ーー旗振山ーー鉄拐山ーー横尾山ーー馬の背ーー東山ーー横尾ーー妙法寺駅下山

「黄緑色コースーーsma_tzua.jpg 
写真 拡大

sma1_2r.jpgsma1_1r.jpgsma1_3r.jpg
9:27 須磨公園 桜満開 9:28開会式 CL,SL挨拶,説明,連絡 準備体操  9:39公園内みどりの塔
sma1_6r.jpgsma1_7r.jpgsma1_8r.jpg
9:47      10:04鉢伏山へと石段を歩く     1017明石海峡
sma1_18r.jpg sma1r_34.jpg 
須磨海岸 明石大橋は神戸と淡路市岩屋とを結ぶ明石海峡を横断している。世界最長の吊橋3,991 
sma1_33r.jpgsma1_14r.jpgsma1_02r.jpg    
12:25    10:41旗振山253m    12:56鉄拐山   
sma1_38r.jpg sma1_36r.jpg
2:53                        12:58
sma1_41r.jpgsma1_47r.jpgsma1_26r.jpgsma1_48r.jpg sma1_11r.jpg 
 13:25                                              12:58          
sma1_53r.jpg sma1_66r.jpg 
  14:09                                                              14:10
sma1_62r.jpg sma1_56r.jpg 
  
sma1_60r.jpg   
14:08  岩場の尾根 馬の背 眼下にする  東山の岩場から
  sma1_63r.jpgsma1_64r.jpgsma1_65r.jpg

神戸 生田区での現役時代を過し、六甲山 100万ドルの夜景 麻耶山、
メリケン波止場、ポートタワーと都会を感じていましたが… あれから半世紀、高層ビルの
神戸市街地を山から 感無量で眺めました。

列車の乗り継ぎ 僅かな時間で駅ホームのお店で 人気スポット 『駅そば』
食べる事が出来ました。 初体験をたくさんしました。 

Tag:山歩き  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

mount

Author:mount
2002年から伯耆大山の麓で『シニアライフ』 
大山暮らしの日々 感動を記録に残したくて
PCに挑戦 H,Pを始めました。四苦八苦で何回と無く
挫折しながらも継続しています。
数年後には、BLOGが始まりました。
BLOGとHPと両方でリンクして
日々の暮らしを画像日記で記録しています。

鳥取で始めた山歩き・SKIクラブに入会 公民館講座
と親友の輪も広がり楽しく過ごしました。
10年近くして無縁だった病気に成り帰岡
岡山で再び山歩き会・SKIに入会 仲間との出会い
元気を貰って第二のシニア ライフ
私の林住期 岡山暮らしHP/BLOGと続けて書いてます。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。