星山~櫃ヶ山縦走

hosh_topa_20.jpg  


星山1030m~櫃ヶ山963m 縦走

コース 勝山美しい森 ビジターセンター(登山口)9:50・・星山10:50・・
五輪山11:50・・櫃ヶ山14:00・・天狗の森‥大月 下山 16:30
toho_2_2015052815040349d.jpg 真庭市 湯原にある1,030mの星山へ 神庭の滝~ビジターセンター 
登山口として、48名参加 緑滴る初夏の山歩き 
笹尾根歩き 絶景の展望を楽しみました。
hosh26.jpg hosh_42.jpg hosh_43.jpg
9:40下車 開会 準備体操  9:50登山道 10:18 
hosh_46.jpg hosh_44.jpg hosh_45.jpg
登山道は次第に急登となる、汗がながれメガネが曇る、汗止めハチマキを巻き換えて・・・
星山 頂上20分 標高860mの標識 水分補給
hos_10.jpg
hosh_11.jpg
hosh_27.jpg hos_3.jpg ht_ot_1.jpg
11:00 星山頂上 一等三角点 山頂標識に気が付いて~引き返して急ぎカメラする、 
今日の担当CL・(AMさん) 足を止める事も無き続いて全員が星山を通り過ぎる!!
山頂標識も展望表示盤も無視、休憩も無く・・・ 
(徒歩の会  皆さんは登山経歴が、とても長く 度々歩いて居られるようで・・・) 
hosh_1.jpg ht_ot_8.jpg hosh_23.jpg
蕾のササユリ  タニウツギ(ヒメウツギ)  ウツギ が 満開
hosh_25.jpg 
ht_ot_5.jpg 
山頂の笹尾根の縦走路 櫃ヶ山へと歩く 気持ちよい歩きが続く 
ht_ot_9.jpg  
 
ht_ot_4.jpg        
hosh_5.jpg 
 どこまでも続く笹原の尾根 縦走路歩き 緑・黄緑と大自然 初夏の色がとてもきれい 
展望も抜群にいい、周囲の山並 前方に櫃・ヶ山を眺めながら歩く。 

hosh_14.jpg 


hosh_12.jpg hosh_17.jpg hosh_13.jpg
hosh_9.jpg hosh_29.jpg hos_7.jpg
13:00 櫃ヶ山 到着 休憩 展望 (登った事のある三坂山 
登りたい擂鉢山も目の前に見える、)

米子道の通過時に、何時も仰ぎ見る櫃ヶ山(湯原冨士)の山頂 
下の方にはダチョウ公園が見える。 
hosh_18.jpg hosh_16.jpg
13:30 下山は天狗の森 コースへと歩く、
hosh_19.jpg hosh_21.jpg hosh_8.jpg
14:35 櫃ヶ山原生林はブナの木 ミズナラ・カツラ・モミジ等の 巨大古木が見られ、
植物もミズタキナ等が自生   
 
hosh_20.jpg hosh_22.jpg hosh_48.jpg
14:30 天狗御供下駄の小屋 15:40天狗の森から2.9mへ 登山口へ到着
      
 mount_2s 山歩き 2回目に登った櫃ヶ山は、
(忘れる事が出来ない、苦しいばかりの山歩き8年前の夏の日)
2007年7月 リンク櫃ヶ山
大山の山友も、今日の様な景色と大きな感動を
私に体験して欲しかったのでしょう。

素晴しい絶景の山を2山も歩きました。
山歩きは2度としない‥と《涙、涙<<》同じ山 当時を思い出しながら・・・
今では、山歩き、自然がすき 咲く花がすき山友との出会い、
山友と、お喋りにも心癒されてます。
これまでの出会い先輩方の指導を貰って縦走が出来ました。
今日の様に素晴しい展望の山へボツボツ歩き続けたい。
スポンサーサイト

Tag:岡山徒歩の会  Trackback:0 comment:0 

伊勢神宮/二見ヶ浦

岡山徒歩の会 5月 第3 日曜日 

5月16日 伊勢神宮/二見ヶ浦
 
  
17日熊野古道、(伊勢路/馬越峠越)  リンク⇒17日熊野古道

ise_tp_15.jpg
toho_2_2015052815040349d.jpg
(特別有志)伊勢神宮・熊野古道を歩く(馬越峠コース)(バス)
期日場所 5月16日(土) 岡山駅西口バスセンター6:30発
コース 16日 伊勢神宮(外宮・内宮・おはらい横丁)二見が浦 尾鷲泊り
17日 熊野古道馬越峠(天狗倉山535m)コース
  

 伊勢神宮参拝 (数年振り・・・) 写真拡大で はっきりします、
ise_2s.jpg ise_3a.jpg ise_4s.jpg 
5:21 始発電車 津山線(金川)ー 6:30 岡山発… 11:40 約5時間後伊勢神宮到着 
 
ise_5a.jpg ise_8s.jpg ise_9s.jpg
11:50 外宮~ 内宮参拝 
 
ise_10s.jpg ise_17s.jpg ise_11a.jpg 
11:55 一昨年、遷宮(せんぐう)が行なわれました(社殿を建て替る行事)
伊勢は森と五十鈴川の、流れ数々の神社で‥何かしら神秘的で 
神のパワーを感じながら歩きました。参拝者が多い 結婚式が行なわれていました。
人、人、人が溢れています。メンバーと逸れないようにと人知れず気を遣うmount 
土地勘を失くし、もの忘れも多いい日のツアー参加です。 

ise_16s.jpg ise_19a.jpg
『おかげ横丁」 散策 赤福本店 行列待ちして食べた かき氷(赤福お餅と餡,抹茶入り)
期待通りに、おいし~い かき氷でした。 再び行列に並び『赤福』を本店で買いました。 
次は、二見ヶ浦へ夫婦岩 波静かな伊勢湾の観光スポット をロケーションにise2_3.jpg ise2_1.jpg  

ise_25a.jpg ise_snt.jpg ise_28a.jpg
熊野古道センター 入館  尾鷲檜6549本を使い 総ヒノキ作り風格のある立派な建物
館内では展示室 熊野古道(世界遺産)紹介映画を観ました。  
最終行程17:00 夢古道の湯で早朝から11時間の旅の汗を流し~~尾鷲の民宿風帆
 
ase_mnsk1.jpg ise_89.jpg ise_31a.jpg

       toho_2_2015052815040349d.jpg7.5畳に3人のお部屋へ入りました。心配りの行き届いた
民宿は、とても安らぎ温かいおもてなしを頂きました。伊勢海老の
舟盛りがメインの お料理で懇親会 飲めないビールも頂いて乾杯
39名の参加者は自己紹介もして、全員が満面の笑顔 
その輪の中に私も入れて得得頂き幸せいっぱい

今回の企画担当お世話下さった幹事のDmさん他 役員の方々に
全員が感謝いっぱいです。
盛り沢山の観光を楽しみ、素敵な民宿風帆
女将のブログ
宿泊ツアーに参加しました。素敵な山の会へ入会、
心優しい山友との出会い、とても うれしい… 明日は、
いよいよ、熊野古道歩き(山友から、度々聞いた、熊野路)

17日 リンク⇒熊野古道 (馬越峠コース)


Tag:岡山徒歩の会  Trackback:0 comment:0 

熊野古道 伊勢路

5月17日 熊野古道

ise_kmn_tp_20150529161655fb6.jpg
拡大可能
ise_tiz.jpg 
5月17日
熊野古道伊勢路・馬越峠(まごせとうげ)
5:30 朝散歩 同部屋の友達と、
民宿風帆(ふうはん)→尾鷲神社→尾張漁港 尾鷲市街地
漁港には、早くも漁船数隻が入り 魚、カキ等を船から港へ降ろしています。
カキがとても大きい!!早朝の潮風、空気をいっぱいに吸いながら…
魚を目がけて鳥が急降下 漁船の帰りを待つ鳥たち、
珍しい風景に出会いました。
ise_38a.jpg ise_40a.jpg ise_41a.jpg

ise_43a.jpg 6時前 漁船の帰りを待つ海鳥たち・・・

朝食後、登山口の道の駅「海山」へバス移動

登山口(道の駅 海山)バス移動 準備体操・・・夜泣き地蔵・・・馬越一里塚・・・林道分岐・・・馬越峠・・・桜地蔵・・・馬越公園展望台・・馬越不動滝・・・旧熊野街道・・・尾鷲市街・・・尾鷲神社終点(~道の駅海山)
ise_50a.jpg ise_52a.jpg ise_49a.jpg
7:38 道の駅 準備体操 7:51案内標識 登山コース説明 道の駅
ise_51a.jpg ise_53a.jpg ise_63a.jpg
ise_60a.jpg ise_61a.jpg ise_62a.jpg
8:09 夜鳴き地蔵 8:13 一枚石の橋 8:34 小休止
ise_59a.jpg ise_68a.jpg ise_67a.jpg 
   
ase_kmn_1.jpg 
集合写真 全員が最高の笑顔
ise_72a.jpgise_69a.jpg 
 嶮しい巨岩の峠越え!! 先人もみんな此処 難関峠を通り伊勢参りしたのです。
 
ise_82a.jpg ise_74a.jpg ise_75a.jpg 
山頂 岩の広場から尾張市街地、港 熊野の山並を展望   ise_86a.jpg ise_85a.jpg
7時30分~11時30分(4時間)熊野古道歩きを終えて尾鷲の町へ戻ってきました。
  
mount_ise.jpg  信仰心、篤い昔の人々が伊勢神宮にお参りして、
歩いた詣で道 石畳の坂道、峠越え、尾鷲ヒノキの森林、
古い歴史の刻まれた熊野街道、参拝道です。
尾鷲にも尾鷲神社、金剛寺と熊野街道は信仰熱き町に入り
神にふれた山歩きでした。

山歩きは、山城跡の登山も多く そこには、戦いに明け暮れる
武士、民の悲話に繫がります。
ここ、熊野路は昔も今も幸せな歩きが見えます。


今回の費用20,000円 盛り沢山の施設利用 夢温泉・古道センター・昼食
民宿の会席と・・・ 徒歩の会だから出来た企画 ありがとうございました。

(鳥取県の大山 大山寺『大山道』にも似ています。)



リンク⇒ 5月16日 伊勢神宮  リンク⇒山歩き

Tag:岡山徒歩の会  Trackback:0 comment:0 

三室山 登山1358.04m

三室山  (みむろやま) 標高1,358mmmr_top.jpg
5月例会登山 5月15日(金曜日) 
   

 兵庫県宍粟市と鳥取県若桜町に位置し 中国山地東部、
兵庫県では、氷ノ山に次いで第2位の標高 山頂からの展望が見事な山です。

三室山をピークとして、ダルガ峰 、駒の尾山、 鍋ヶ谷山、
船木山、後山とt稜線が連なっています。

(2013年10月の例会登山でした。)
リンク⇒5月6日下見後山縦走  ⇒10月1日下見 後山縦走
リンク⇒10月30日後山 例会

三室山 登山ルート

三室山 登山 コース (GPSデータ)
登山ルート GPSデータ (ありがとうございました) 
   

mmr_1s.jpg mmr_2s.jpg  岡山6時出発 (3時間のバス)  9:00野外センターでの開会式 準備体操  9:42 登山口到着
mmr_3s.jpg 
10:26 積雪量が多く スギの植林地帯は・・・根曲がりスギと成っている。 。
mmr_4a.jpg
10:34 スキー場も(ちぐさ/・戸倉・おおやスキー場等がある。
mmr_5a.jpg mmr_8a.jpg mmr_10a.jpg
10:55  大岩が次々に出てくる。 岩はクサリが架けられている。
mmr_03.jpg
11:00 水分補給 小休止
 
mmr_14a.jpg
11:20
mmr_17a.jpgmmr_15a.jpg
11:23 急登の岩越え 危険場所は、ロープ、クサリで一歩一歩ベテラン先輩の指導、声かけで難関所を通過しました。
mmr_16a.jpg mmr_19a.jpg mmr_20.jpg 
11:38
mmr_08.jpg
11:47 記念写真 全員が笑顔
mmr_07.jpg mmr_09.jpg
山頂での展望!!  いつの間にか消えて 真っ白 ガスってくる、は~い“みつがしわ女子組”で~す
mmr_22a.jpgmmr_25a.jpg山頂 360度の展望 お弁当の間にガスって何も見えません 
12:20 広い 山頂でお弁当 休憩後 下山
mm28s.jpg 
13:15 ガマズミの白い花が至る所に咲いていました。
mmr_05.jpg mmr_010.jpg
mmr_30a.jpg mmr_32a.jpg
15:21 下山 整理体操 閉会 そして、三室滝へ寄ってからバスに乗車 岡山へ向う。
mmr_33a.jpg
 標高での水量と渓谷は見事な3本の滝 
mmr_34a.jpg
尚、続けての暖流滝も見事な滝 大岩に波頭を高くあげて絶景です。

杉の植林地そしてブナ林、ヤブ道(根曲がりタケ)の道 大岩の道
いろいろな登山道を往復しての三室山登山 大汗を流しました。
途中から曇り空、山頂到着 直には眺めた後山も全部が隠れ一面ガスに包まれた。

時間設定通りの登山 滝も眺めて いい月例会の1日を楽しみました。  

 mount_2sいなか暮らし HP  mount_2sみつがしわHP

Tag:みつがしわ山の会  Trackback:0 comment:0 

妹山(いもやま)

妹山(いもやま)

2015年5月9日

山百選の中に 展望がいい山と記載されている山なのに

何故か鏡野町 山ガイドにも地図にも記載されていない山です。

山歩き 岡山百選
 山ちゃんのHP
 を参考にして登る事にしました。

 1121m 15/5/9
 国道R179(下斎原)バス停から 三ッ子原支 電柱21を確認して、
道端に車を置き、記載通りに橋を渡り歩き始めました。
imy_1s.jpg imy_1_1.jpg  imy_2s.jpg 
8:40       8:41 橋の鎖を開けて歩き始める。   9:41
imy_4s.jpg imy_7s.jpg imy_47s.jpg 
プリントした 地図と 記録を参照しながら、沢沿いの車道を登って行く、 
咲く花を写しながら、ツヅラ折れの道は高度を上げていく、ガマズミの白い花
しかし、右に山が見えない、 沢渡りの場所も 未だ出てこない。
不安にも成りながら、沢沿いの車道歩きが続く、山シャクヤクを見つけてうれしい、
しかし 歩き始めて1時間20分 おかしいなぁ~  
imy_6s.jpg imy_23s.jpg imy_13s.jpg
10:00 ヤマシャクヤク       ヒトリシズカ                チゴユリ
imy_14s.jpg imy_19s.jpg imy_55as.jpg  
山を巻いて・・・突然に目の前に見えてきた山、三ヶ上(昨年歩いた あの尾根道、大岩も見える、)

三ヶ上 登山を思い出し、しばらく眺めてから引戻す。
慎重に歩いたはずなのに・・・ 今回も 登山口が判らない、
登った車道をドンドン下って行く、もしかして・・・と、草を掻き分けて渓流を渡ってみる、
この沢を渡らなければ、山が違う。不安ながら入り込んだ杉林の中にテープが見つかった。
imy_10s.jpg imy_17as.jpg imy_20s.jpg
imy_25s.jpg imy_12as.jpg imy_53as.jpg
スギの植林地、驚異の急傾斜が何処までも続いている。
掴む草木も殆ど無く一歩一歩をよじ登り這い上がる。
杉の大木があるのみ‥・反り返るような急斜面 杉林・・・
汗が絞るほどにタオルを濡らしメガネを曇らせる、そんな場所に
所々に咲くツツジのピンクでホッとする。カメラを出して、息継ぎ
登っても登っても、杉林 
根曲がり竹の沢合いのヤブコギへと進む 
imy_24s.jpg imy_33as.jpg 
その内 前方が 明るく見えて来る。 どうにか山頂近くへ出たのかしらと・・・ 
その位置で 下山用に特に大きな目印 ピンクのテープをつける。
手持ちテープも最後となり・・・落ちてるリボンやテープも拾って、
付ける。 枝を折り 目印としながら 笹、雑木を掻き分けて歩く、
ヤブ林の先はに展望が広がった。 しかし、頂上ではなかった。 
左、未だ先に山頂らしき場所が目に入り 先ずはひと安心。
imy_26s.jpg
もう、此処でいい、此処を山頂にと・・・リュック 降ろして座り込む
もう、一歩も歩けない・・・ 疲労困憊で 此処で満足14;00遅い お弁当とする。

目の前には泉山も見える・・・ツツジも咲いている。写真を写して下山のつもりが、
又、元気が戻ってきた。 尾根の先に見える山頂へと 此処からは低い笹、雑木を
右へ左へと掻き分けてヤブコギで山頂に見える大岩まで登り着いた。
 hyoua.jpg
芋山山頂 ゴール

imy5_9_03.jpg imy_41s.jpg 
 
imy5_9_01.jpg imy5_9_02.jpg    
 
 imy_30s.jpg imy_34s.jpg      
 素晴しい展望 地図 コンパスで山を眺める。 泉山・角ヶ仙 ・花地ヶ山と・・・
不確かな確認ながら、山友に案内して貰った山々を思い出し眺めて最高に うれしい、
写真を写し 大大満足で下山とする。

hyoua.jpg下山は、14:30から、 付けたテープを頼りに、
苦しかった難所を思い出しながら トットト早い<<
急勾配の杉林の下山も嘘の様に降りて16:00前には車へ帰り着いた。 
↓↓国道からも車を止めて妹山を振り返り写真を写して帰岡する。
16:15 
 imy_60ab.jpg imy_58s.jpg 
 
 岡山県の山
   岡山の山 56中 (3山を残して‥・)

岡山百選岡山県百選の中から 妹山へ
hyoua.jpg難しそうと、躊躇したけれど、地図にも鏡野町 山ガイドにも無い山 気に成る山へ
(2時間近くのロスはしたけれど、三ヶ上も眺め、山シャクヤクにも出会えた。
あの展望は素晴しかった。 妹山 登山 
道迷いは 度々の事 それにしても、今回は 凄かった、そして展望ベスト
何時までも心に残る、登山と成りました。 

Tag:山歩き  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

mount

Author:mount
2002年から伯耆大山の麓で『シニアライフ』 
大山暮らしの日々 感動を記録に残したくて
PCに挑戦 H,Pを始めました。四苦八苦で何回と無く
挫折しながらも継続しています。
数年後には、BLOGが始まりました。
BLOGとHPと両方でリンクして
日々の暮らしを画像日記で記録しています。

鳥取で始めた山歩き・SKIクラブに入会 公民館講座
と親友の輪も広がり楽しく過ごしました。
10年近くして無縁だった病気に成り帰岡
岡山で再び山歩き会・SKIに入会 仲間との出会い
元気を貰って第二のシニア ライフ
私の林住期 岡山暮らしHP/BLOGと続けて書いてます。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR