兵庫県 黒鉄山

toho_2016_1.jpg黒鉄山を歩く
2月28日
tnw2_28_tz.jpg
2月最後の例会登山 兵庫県 黒鉄山へ17km 
赤穂線の天和駅からの歩き鷏和(てんわ)市街地を通り
山陽道ー新幹線橋脚下を通って、前方に眺める黒鉄山へと歩く
黒鉄山の山頂稜線に建物? ビルの様にも見える?     (写真 スライド、拡大)
tnw2_28_2.jpgtnw2_28_3.jpgtnw2_28_5.jpg
tnw2_28_7.jpgtnw2_28_6.jpgtnw2_28_8.jpgtnw2_28_9.jpgtnw2_28_11.jpgtnw2_28_14.jpg
10:00獣柵を開き 急登のジグザグ 登山道 黒鉄山へと向かう。
tnw2_28_13.jpg 
 10:40 水分補給 ジグザグの急登は石がゴロゴロと歩き難い、小休止
tnw2_28_16s.jpg
11:00 登山口から1時間の登り 山頂には大きな電波反射板が設置してありました。
これが、麓から見えていたのでした。 スライド 写真
tnw2_28_19.jpg
tnw2_28_20s.jpgtnw2_28_23.jpgtnw2_28_24.jpg
山頂の三角点と鉄山430m標識  
tnw2_28_26.jpgtnw2_28_28.jpg
続けて百閒岳430m 山頂広場でお弁当 360度の展望 赤穂 播磨灘の島々
小豆島も見えてるはず・・・ 快晴の登山日和 しかし、白く霞んで展望は無い、
当日は黄砂が季節風に乗って降ったのでした。 当日の天気図を調べて見ました。 
 
tnw2_28_30.jpgtnw2_28_25.jpg
  アマチュアもプロカメラマンも入会していた大山の山の会 何時の間にやらmountも  
カメラが離せない山歩きとなった。 個人情報と厳しい規制の中で‥・この風景、この情景と
シャッターを押す。  そんな時に一緒にと駆け寄ってくれた山友の笑顔 
とても嬉しくて心が和み、写させて貰いました。ありがとう。
tnw2_28_31.jpgtnw2_28_32.jpg
tnw2_28_32s_20160302161803cdc.jpg
下山は黒鉄山へと引き返して途中の分岐から笹谷へと急傾斜の下山
要注意、せせらぎを耳にして間も無く 渓谷の川が見えてくる。
谷川を渡る 右岸へ左岸へと繰り返す 次第に水の量も多くなり、
濡れ石も・・・要注意 そんな中、一歩踏み出してツルリと滑った。
水の中に座り込む、先輩の手に掴まり立ち上がれた!! 大失敗の沢渡り・・・
tnw2_28_36.jpgtnw2_28_40.jpg
友達が気遣って何回も<<<水を拭いて下さり乾いた、 そして登山口へゴール 
続いて、赤穂線 天和駅へ ト・ト・ト 急ぎ帰って来ました。
tnw2_28_18.jpgtnw2_28_s38.jpgtnw2_28_29.jpg 
mont_2016_1.jpg兵庫県の黒鉄山 県境 近くの山への歩き、今日もたくさんの事を
体験しました。赤穂線の列車の少ない事には驚きました。乗り遅れると1時間後、
下山後には全員が駅へと急ぎ足、早い歩き、その足がピタリと止まる。もう、間に合わないと
ノンビリ歩きにと変わった。天和駅へと長い平地歩きで戻ってきました。
天和駅から乗り継ぎ、乗換えて、思いの他に早く岡山駅へ到着 続けて、
津山線にも直ぐ乗れて帰宅しました。
徒歩の会 皆さんの知識の凄さは、山だけでなく列車の連絡と乗換え等!!
今回も、ついてウロウロするばかりのmountです。お世話に成りました。
ありがとうございました。
黄砂が降った日の天気図 晴 最高気温10,2℃ 最低5,4℃ 西風11m
2月29日 県南の天気図


スポンサーサイト

Tag:山歩き  Trackback:0 comment:0 

外国山・イモリ岩

徒歩の会 2月健脚登山
toho_2016_1.jpg
外国山 
stk2_21_tz_3.jpg
stk2_21_s2.jpg
stk2_21_s4.jpgstk2_21_s3.jpgstk2_21_s1.jpgstk2_21_s5.jpgstk2_21_s10.jpgstk2_21_s8.jpgstk2_21_s17.jpgstk2_21_s9.jpg stk2_21_sm15.jpgstk2_21_s7.jpg
和気橋を渡り 向いに見える山の山頂近くの大きな岩場へ 殆ど直線の急登り
目指したイモリ岩 2枚目の写真もあり 到着 展望 休憩後に縦走での下山 
stk2_21_s12.jpgstk2_21_s18_20160301090316ad8.jpgstk2_21_s20.jpg
stk2_21_sm22.jpgstk2_21_s23.jpgstk2_21_s30.jpg
麓の民家を通り 11:09外国山登山口 獣檻を開いて登山開始 キツイ登りで鉄塔の岩場 広場へ
到着 素晴し~~い 展望 この景色を眺めながらお弁当タイム 達成感大 汗した登り しんどかった
 丁度気持ちいいそよ風 全員の笑顔 
stk2_21_s28.jpgstk2_21_s26.jpgstk2_21_s43.jpgstk2_21_s27.jpgstk2_21_s36.jpgstk2_21_s32.jpgstk2_21_s33.jpg
外国山のシンボル稜線岩場歩きの下山コース 麓からも仰ぎ見る鉄塔の岩尾根 拡大、写真2枚目
stk2_21_s38.jpgstk2_21_s42.jpg
stk2_21_s44.jpgstk2_21_s45.jpg
 14:45東円光寺 鳥居を潜り麓へ下山する、満開の白梅 
  mont_2016_1.jpg
熊山橋ー熊山駅へ15:30ゴールしました。 
徒歩の会 51名と一緒に歩きました。 地図にも山の名前が出ない山も、
自然道を探し 作り、ルートを開拓 CL・SLの方々の下見登山の正確さ、
又、会員の皆さんの登山知識、地理、登山歴と驚き尊敬するばかりです。
一緒に歩かせて頂きいつの時も変わらない大自然の中で、様々な、
思いを寄せて自分を見つめています。


Tag:岡山徒歩の会  Trackback:0 comment:0 

奥美濃スキー 1日目 2日目

奥美濃スキー 予定
日目  2月8日  めいほうスキー
日目  2月9日  鷲ヶ岳・ホワイトピア
日目  2月10日 ダイナランド・高鷲スノーパーク
日目  2月11日 九頭竜湖・三方五湖観光

2月8日 めいほうスキー
20160219131531b6d.jpg 
okm2_8_s40.jpgokm2_8_r41.jpg
写真 拡大 2枚目写真 
okm2_8_s7.jpgokm2_8_s4.jpgokm2_8_s3.jpg
okm2_8_s49.jpgokm2_8_s19.jpgokm2_8_s17.jpg
白銀の伊吹山を眺めながら(名神高速道路 米原辺り)多賀SA(近江茶屋)休憩  岐阜一宮JCTから
東海北陸道へ  郡上八幡ICで高速を出る、郡上八幡城を眺め『せらぎ街道』高山方面へと向かう。
道の駅明宝で昼食 お店の人に馬に乗ってる武士の名前  読み方を聞きましたが
!!
磨墨(するすみは名馬の名前でした。何時も寄る大規模道の駅で、教えて頂き
お店の方から資料も貰って仲間と聞いてよかった。名馬の像を今一度仰ぎ眺めました。
okm2_8_s46.jpgokm2_8_s47.jpg
標高1,600mの頂上からは360度の大パノラマが広がり御岳・乗鞍・焼岳と白銀の山々を一望できます。
okm2_8_s31.jpgokm2_8_s34.jpg
okm2_8_r30.jpg

okm2_8_r43.jpg
okmno2015_2_19_3.jpg
2015年の積雪 風景okm2_8_s28.jpg

okm2_8_s25.jpgokm2_8_s20.jpg
めいほうスキー場ゲレンデ山頂からの、北アルプスを眺める。
この素晴らしい絶景に惹か
れて今年もめいほうスキー場へ
尚、半日リフト券も¥2500とシニアーへの配慮が嬉しいゲレンデです。
一番高く見える御岳 昨年からは噴煙が昇る山となりました。
今年は、降雪量が少なく看板の杭までが見えています。
此処での半日スキーを終えて
めいほうスキー場を後にし再び郡上八幡IC
へ戻り高鷲IC 宿泊先のサンモリッへ 到着しました。


昨年の豪雪 2015/2/19 
↓↓雪に埋まった看板は雪から掘り出された。

okmno2015_2_19_4.jpgokmno2015_2_19_6.jpg 

2月9日 鷲ヶ岳・ホワイトピア 
 okm_kos_2.jpg
写真 サムネイル
昨年より1週間早く奥美濃へ やって来た。此所は豪雪地帯 スキー場も、
たくさんあります。しかし今年は雪が少ない!! 
昨年は直ぐ近くの湯ノ平温泉、コンビニへも背丈もある雪の壁を通って行った。

しかし、夜中からしんしんと降り続いた雪
車の雪下ろし等してから、スキー場へと出発

okm_kos_1.jpg
 今日の ゲレンデMAP
okm2_9_s1.jpgokm2_9_s24jpg.jpg
スキー場は、温泉、スポーツ店、宿泊レインボー、 レストラン、レンタル店、
大きな駐車場も完備されています。
okm2_9_s2.jpgokm2_9_s7.jpg
okm2_9_s25jpg.jpgokm2_9_s5.jpg昨夜からの雪は、更に強く ナイター照明が点くゲレンデとなる。を
スキー場は、1日中 雪が降り 視界が悪く、ボードも多く 要注意です。
ナイター照明が1日中点いています。土曜日はオールナイト営業です。
夜中も滑れます。スキー人口が減ったと言われる現在24時間営業
!!
okm2_9_s14.jpg
okm2_9_s9.jpgokm2_9_s15.jpg
okm2_9_s6.jpgokm2_9_s13.jpgokm2_9_s22.jpg 
昨日と一転して雪の朝 ペンションも国道156も大雪 早朝から除雪車が大奮闘
okm2_10_s1.jpgokm2_9_s17.jpg okm2_9_s23.jpgokm2_9_s21.jpgokm2_9_s18.jpg
奥美濃方面での宿泊には、近年は、各スキー場へのアウセスがいい高鷲IC近く
サンモリッツと成りました。女将も次世代となり、趣味のステンドグラスが
年々多くなる、リホームも毎年されています。懐かしい話もしながら
お互いに加齢を話しながら・・・とても安らげるペンションです。 来期も来れるかしらと??
 

Tag:スキー  Trackback:0 comment:0 

奥美濃スキーツア 3・4日

2月10日 3日目スキー 高鷲スノーパーク・ダイナランド
2月11日 4日目 ツア最終日 観光  
daina_map(2).jpg 
↑↑ダイナランドと高鷲スノーパーク スキー場 ゲレンデ  (写真サムネイル・スライド)
okm2_10_s22.jpg
高鷲スノーパーク センターハウス 全景
okm2_10_s24.jpg
ダイナランド  レストラン 
okm2_10_s23.jpg 
ゲレンデから正面に 鷲ヶ岳・ホワイトピアスキー場  昨日滑ったコースも眺める、
ひるがの高原 スキー場も見える。 
okm2_10_s4.jpgokm2_10_s3.jpg
okm2_10_s5.jpgokm2_10_s16.jpgokm2_10_s13.jpgokm2_10_s7.jpg
okm2_10_26r.jpgokm2_10_s15.jpg
l_snow.gif l_snow.gifl_snow.gif  観光 アフタースキー 楽しむ
3日間のスキーを終え ペンションを後にしました。 帰りは, ルートを変えて観光しながら帰る事にする。
白鳥ICから、中部縦貫道へ入り冬の九頭竜湖を眺めながら福井ICへ 周囲の白銀の山々を湖面に
映す九頭竜湖 その絶景を延々と眺めながら福井へ 10数年振りに眺める景色を満喫しました。
道の駅、越前大仏等を訪ねてから、福井ICから北陸道に入り敦賀ICで若狭舞鶴道へ 三方五湖
レインボーライン等 観光もしてから帰って来ました。
okm2_11_s7.jpgokm2_11_s2.jpgokm2_11_s3.jpgokm2_11_s4.jpgokm2_11_s5.jpg
okm2_11_s9.jpgokm2_11_s10.jpgokm2_11_s11.jpg
okm2_11_s12.jpgokm2_11_s15.jpg
okm2_11_s14.jpg
九頭竜湖ダム水門を過ぎると道の駅へ到着 此処は九頭竜駅 福井からJR 越美北線の終点駅 
駅長さんがホームで説明して下さった。 今年の積雪の少ない事と・・・高山本線へ油坂峠を通って、
美濃へと入る予定 今回も数ヶ所でその工事場所を目にして通りました。
okm2_11_knku.jpgokm2_11_s16.jpgokm2_11_s18.jpg
↑↑ 越前大仏へ寄ってみました。全てが余りにも巨大で驚きました。 人影も僧侶も見かけなく 
不思議な思いがしました。 
手を合わす気にも成れないままに歩いて居ると・・・入館料売り場
小さな
窓口の奥に1人居られました。 入館料を納め 歩いて見ましたが、訳あり寺の感がしました。
地元の実業家が作った巨大寺、大仏 五重塔でした。
okm2_11_s19.jpgokm2_11_27.jpgokm2_11_s24.jpg
okm2_11_s23.jpgokm2_11_s22.jpgokm2_11_s20.jpgokm2_11_s25.jpg
三方五湖 レインボーラインで梅丈岳の山頂へ 此処では、大勢の観光客に出会いました。
夕陽が沈む頃に兵庫県 播但道経由で岡山へ戻りました。 2月のプラン奥美濃スキーが終りました。

Tag:スキー  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

mount

Author:mount
2002年から伯耆大山の麓で『シニアライフ』 
大山暮らしの日々 感動を記録に残したくて
PCに挑戦 H,Pを始めました。四苦八苦で何回と無く
挫折しながらも継続しています。
数年後には、BLOGが始まりました。
BLOGとHPと両方でリンクして
日々の暮らしを画像日記で記録しています。

鳥取で始めた山歩き・SKIクラブに入会 公民館講座
と親友の輪も広がり楽しく過ごしました。
10年近くして無縁だった病気に成り帰岡
岡山で再び山歩き会・SKIに入会 仲間との出会い
元気を貰って第二のシニア ライフ
私の林住期 岡山暮らしHP/BLOGと続けて書いてます。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR