タムシバの花

タムシバの 熊山
2015年リンク→ツツジ&タムシバ
tmus_25r_201604120830338e5.jpgtmus_14r_20160412083029956.jpg
 
2014年リンク→タムシバ
kuma48_24_20160412083028cad.jpgkuma48_21_20160412083024cdb.jpg 
2013年リンク→タムシバ
 *写真 地図拡大 クリック



tms3_31_s30.jpg
tmsba_tz_A5.jpg
tms3_31_34z.jpg 
tms3_31_33z.jpgtms3_31_8z.jpg
tms3_31_38s.jpgtms3_31_32z.jpg
tms3_31_s42z.jpgtms3_31_34s.jpgtms3_31_32s.jpg
tms3_31_14z.jpg
tms3_31_13z.jpg
tms3_31_29z.jpgtms3_31_16z.jpg
tms3_31_15.jpgtms3_31_37s.jpgtms3_31_3z.jpg
tms3_31_41r.jpg
tms3_31_36z.jpgtms3_31_25z.jpgtms3_31_26z.jpg
tms3_31_17z.jpg
 
tms3_31_30z.jpg
tms3_31_19sz.jpgtms3_31_21z.jpgtms3_31_27z.jpg   tms3_31_28z.jpg
mount_2 山歩きで知った タムシバの花 ここ熊山でも見かけたタムシバ
今年も見たいと思いながら機会が無く 心配ばかりの日々…
遅すぎるかと思って訪れたのにタムシバは待ってくれていました。
最高に素晴らしい花に出会えました。 今年が最高でした。
何だか、これからは運がついて来るかしらと…幸せ

スポンサーサイト

Tag:山歩き  Trackback:0 comment:0 

3月 トレーニング

2016年3月 臥龍山(金川城跡) 朝トレ1時間半 
御津町役場前の登山口→1210段の木段→二の丸跡→本丸→道林寺跡→七曲神社→支所登山口へ
本丸 東屋で休憩 『ひと言記録を書く』 誰も歩いていない、金川城跡 gryu3_26_7z.jpg
 ↓道林寺跡では宇甘川 JR津山線 県道31号 山々展望
gryu3_26_11z.jpg
gryu3_26_3z.jpggryu3_26_10z.jpg
 ↓二丸跡で旭川と国道53を眺めるgryu3_26_12z.jpggryu3_26_5z.jpggryu3_26_6z.jpggryu3_26_2z.jpggryu3_26_8z.jpg
龍ノ口 トレ
グリンシャワー→段原コース→八幡宮→地蔵尾根コース→重ね岩→北展望尾根
→五差楼路→グリンシャワー
(約3:20)
ttu3_20_1R.jpgttu3_20_6R.jpg
ttu3_20_5R.jpgttu3_20_4R.jpgttu3_20_11R.jpgttu3_20_13R.jpgttu3_20_15R.jpgttu3_20_16R.jpgttu3_20_17R.jpgttu3_20_24R.jpgttu3_20_26R.jpgttu3_20_28R.jpgttu3_20_18R.jpgttu3_20_22R.jpgttu3_20_30R.jpgttu3_20_31R.jpgttu3_20_32R.jpgttu3_20_35R.jpgttu3_20_33R.jpg
3月末 トレーニング 参加しませんか、 うれしいメールが届きました。
清掃活動参加の山へ 春先 花が次々に咲いていました。
重ね岩でおにぎり弁当も食べて、ツクシを見つけて摘んで
調理方など山友と語り、花の名前『サンシュユ』 聞いて、いろいろと
・・・話しが出来ていいなぁ~ この枝垂れ桜 思い出せない(´・_・`) 

 


    

Tag:トレーニング  Trackback:0 comment:0 

賤ヶ岳

賤ヶ岳 ・大岩山ハイキング
 
3月28日
山友から 日帰り山旅連絡を受けて早朝(金川駅 始発5時18分)で岡山へ 
岡山発6時08分(JR」山陽本線)→姫路(JR神戸線)→近江塩津(JR北陸本線)
→余呉駅11時9分着
szk3_28_tzb
szk3_28_tza.jpg

賤ヶ岳は琵琶湖と余呉湖の間にあり、標高は421m
山頂からは、北に余呉湖、東に琵琶湖 小谷山、伊吹山
等々 素晴しい展望が出来ました。

賤ヶ岳の合戦で有名な古戦場は、説明標識も詳しくしてあります。
(信長亡き後の羽柴秀吉と柴田勝家の合戦により、秀吉の

天下統一への大きな節目となった) 古戦場の地で歴史の一端を、
より深くしました。

szk3_28_7r.jpgszk3_28_8r.jpgszk3_28_9r.jpgszk3_28_10Rr.jpgszk3_28_17r.jpgszk3_28_33Rr.jpg
szk3_28_20Rr.jpgszk3_28_19Rr.jpgszk3_28_13r.jpgszk3_28_28Rr.jpgszk3_28_30Rr.jpgszk3_28_29Rr.jpgszk3_28_31Rr.jpgszk3_28_23Rr.jpgszk3_28_22Rr.jpgszk3_28_27Rr.jpgszk3_28_37Rr.jpgszk3_28_34Rr.jpgszk3_28_36Rr.jpg
szk3_28_43Rr.jpg
szk3_28_43Rr.jpg
szk3_28_47Rr.jpgszk3_28_46Rr.jpg
szk3_28_01.jpgszk3_28_39Rr.jpgszk3_28_40Rr.jpgszk3_28_42Rr.jpgszk3_28_41Rr.jpgszk3_28_45Rr.jpgszk3_28_51Rr.jpg
szk3_28_50Rr.jpgszk3_28_55Rr.jpgszk3_28_52Rr_20160409000429f3f.jpgszk3_28_56Rr.jpgszk3_28_58Rr.jpgszk3_28_57Rr.jpgszk3_28_59Rr.jpgszk3_28_61Rr.jpgszk3_28_62Rr.jpgszk3_28_60Rr.jpgszk3_28_63Rr.jpgszk3_28_s66.jpg      
14時50分 木ノ本駅へGoal (3時間40分)

東北本線 木ノ本駅は駅舎が大きく立派です。乗車する人も多い
ホームからも、周囲の山並を一望 賤ヶ岳からの下山道リフトも
見えて感無量の山旅でした。

山頂からの眺望 この絶景は昔も今も変わりない…
戦いの日々(賤ヶ岳の戦い1583年)に想いを馳せました。
今回のツアープランのSさんから沢山の資料を頂き
長旅車中で予習もして、楽しく長い長い1日でした。 

Tag:山歩き  Trackback:0 comment:0 

七種山 登山

    mtg23月例会  七種山(なぐさやま 683m七種槍(なぐさやり 577.3m

ngs_tzA23_k5.jpg 
3月例会 25名参加 登山口 作門寺山門をスタート後30分も登ると滝が見えて
来ます。雄滝をはじめとして七種48滝を眺め乍 登っていくと七種神社へ到着 
参拝して休憩後、急坂道を登り山頂の七種山へ(兵庫100名山)
七種槍へと尾根道を歩く 左右の展望がとてもいい、嶮しい岩場のアップダウンを繰り返し
細心の注意で七種槍へ到着 その後の下山も急勾配が続き一歩一歩慎重に下山しました。

ngs23_k1S.jpg
kwn_1.jpg
8:12 作門寺 門前 スタート

ngs23_k2S.jpgngs23_k5S.jpgngs23_k8S.jpg
ngs23_k3S.jpgkwn_02.jpgngs23_k4S.jpgkwn_03.jpg
ngs23_k6S.jpgkwn_04.jpgngs23_k7S.jpgngs23_k10S.jpg
ngs23_k12S.jpgngs23_k14S.jpg
ngs_t1S.jpg
9時10分 七種神社での休憩3月 幹事さん達は休む暇も無く時間調整と・・・
お世話に成りました。  
ngs23_k15s.jpgngs23_k16S.jpgngs23_k17S.jpgngs23_k18S.jpgngs_t4S.jpgngs23_k19S.jpgngs_t5S.jpgngs23_k51s.jpgngs23_k44s.jpg
三角点 汚れを取ってもらって・・・四等三角点     『図根点』
ngs23_k21S.jpg10時18分 ngs23_k24S.jpgngs23_k27S.jpg
ngs23_k28S.jpgngs23_k29S.jpgngs23_k37S.jpgngs23_k32S.jpgngs23_k33r.jpg
2015年の出雲弥山 例会担当3人組 七種槍 休憩の度(おやつ)が
とどきますゴチソウサマ

ngs_t8S.jpg
ngs_t7S.jpg
ngs23_k43S.jpgngs_t9S.jpg
ngs23_k38S.jpg ngs23_k39S.jpg
ngs23_k45S.jpg ngs23_k48S.jpgngs23_k46S.jpg
kwn_9.jpg
ngs23_k49S.jpgkwn_11.jpg12時47分kwn_12.jpgkwn_13.jpgkwn_14.jpg
ngs23_k50S.jpgkwn_010.jpg
ngs23_k53S.jpgngs23_k54S.jpgngs23_k57S.jpgngs23_k56S.jpgngs23_k55S.jpgngs23_k58S.jpg
みつがしわ山の会  記念写真(kwさん撮影)
kwn_5_02.jpg 
10時02分
 七種山 山頂
12時18分 七種槍 山頂 集合写真  
12時18分 七種槍 山頂
mtg1.jpg
『七種山(なぐさやま)』 3月例会に参加できて
ほんとうによかった。岡山県山岳連盟 所属の
みつがしわ山の会に入会4年5ヶ月の間
登山歴も浅く知識も無いままに、例会登山、研修会
と参加させて頂きました。山仲間との出会い、たくさんの事を学び登山を
楽しみました。ラスト登山3月七種山縦走 (岩場の実技 和気での訓練)
思い出し感無量の歩きでした。
絶景を眺め、随所 カメラポイントもあり
写真を写したい・・・そんな気持ちを封じ、みつがしわ山の会の歩きに
ついて歩くのがイッパイでした。

危険な岩場が多い難コースも皆さんの歩きはとても早く、これがみつがしわ山の会
の底力と改めて感じました。『会は離れても又、山でお会いしましょう』と
うれしい声かけを頂きました。山岳部の方、エキスパート登山者が大勢の会で
登山体験も少ない私が写真も写したく、随分と勝手気儘な歩きで、ご迷惑をかけました。
日々の暮らしでも加齢症状が多く自分なりの歩きで山歩きを続けて行きたいと思っています。

 初参加登山 第1回 塔ノ丸登山・剣山登山縦走の時から写真担当のKwさん 
 の素晴しい写真毎回ありがとうございました。
(みつがしわ山の会 最後のページBLOGに数枚使わせて頂きました。) 

追記 
帰岡時 娘からのプレゼント『岡山県の山』は偶然にもみつがしわ山の会
会長、役員の方が著者でした。記載の56峯中 現在55をクリアー
新見 の天銀山が未踏 です又の機会に登りたいと思っています。

 2016年3月23日 (15,044歩)

hon_a.jpg

Tag:みつがしわ山の会  Trackback:0 comment:0 

九州の英彦山・由布岳登山

九州の英彦山・由布岳登山ツアー20160404104233a1d.png
拡大・スライド 可能 
kyusyu_pu_1.jpg
1日目 3月10日 AM6時 岡山出発                                                       
旧伊藤伝右衛門邸「白蓮」と炭鉱王の超大豪邸を見学しました。


hdh3_10_7shdh3_10_14shdh3_10_9shdh3_10_4s
touki_1.jpg小石原陶芸の窯元が何軒もありギャラリーに入って見せて貰いました。
『飛びかんな』 独特な模様が掘り出されています。
宿泊先しゃくな荘でもお料理はこの飛びかんなの器が使われていました。お料理を引き立てます。
山友は、この器を愛用 今回も買って帰られました。

 hdh3_10_18shdh3_10_17s
1日目の予定の観光を終えて 早目に宿泊 しゃくなげ荘に到着しました。
3人が入る お部屋はとても贅沢!! 明日に控えて早目の就寝 

1日目 『しゃくなげ荘』 玄関 hdh3_10_22s
hdh3_10_20shdh3_10_30shdh3_10_26s 
hdh3_10_23s

hdh3_10_27ssshdh3_10_29s
午前6時 宿泊『しゃくなげ荘』  
早朝散歩へ30分 白梅の咲く渓谷の河原、道路に数頭の鹿が散歩中!! 
急いでカメラを取り出すが・・・即、気付かれて、鹿は飛び跳ねて
川向の林へと逃げ込んだ。 頭の白い とても きれいな鹿だった。
遠く離れていたのに 敏感で早いのに驚いた。
眺める高い山々が白く成っています。空気が美味し~い、
どの山へ登るのかしらと・・・ 看板を眺める、

3月14日 湯布岳登山

Tag:山歩き  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

mount

Author:mount
2002年から伯耆大山の麓で『シニアライフ』 
大山暮らしの日々 感動を記録に残したくて
PCに挑戦 H,Pを始めました。四苦八苦で何回と無く
挫折しながらも継続しています。
数年後には、BLOGが始まりました。
BLOGとHPと両方でリンクして
日々の暮らしを画像日記で記録しています。

鳥取で始めた山歩き・SKIクラブに入会 公民館講座
と親友の輪も広がり楽しく過ごしました。
10年近くして無縁だった病気に成り帰岡
岡山で再び山歩き会・SKIに入会 仲間との出会い
元気を貰って第二のシニア ライフ
私の林住期 岡山暮らしHP/BLOGと続けて書いてます。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR