スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

踏跡を辿って矢倉山縦走

矢倉山 登山(659.4m)
ykr10_30_tzB.jpg 
    
ykr10_30_1R.jpg

8:57  田添集落の入口付近に駐車 林道へと歩く 
ykr10_30_3R.jpgykr10_30_5R.jpg 
9:07林道入口(倒木のため侵入禁止)の看板がある。渓流沿いの荒れた道を登る。
ykr10_30_9R.jpgykr10_30_10R.jpgykr10_30_11S.jpg
9:38 テープを見かける 相当古い9:44雑草の中に放置車が見られる。
9:46鎖が張られた簡単なゲート鍵も付いている。(拡大で見える)
ykr10_30_6R.jpgykr10_30_12Sr.jpgykr10_30_8R.jpg 
谷間の渓流沿い湿地帯には野草が咲いている。 アケボノソウ、ノアザミ、
野イチゴにカメラを向け一呼吸 何処までもヤブコギが続く、
時折見える作業道らしき場所にも出会う、倒木雑草を掻き分け登って行く、
左側の尾根に取り付く、急な斜面を這い上がる。
カメラはザックに入れて登って行く。
ykr10_30_18rc.jpgykr10_30_16S.jpgykr10_30_19R.jpg            11:25「東みやべ、西いわや、と文字が刻まれた道標石碑 11:30ヤブコギ約2時間以上フゥ~~
ykr10_30_20S.jpgykr10_30_25R.jpgykr10_30_26R.jpg
12:22踏跡が分かりにくい主稜線に辿り付く 更に歩くと矢倉奥の院石碑 
12:42山頂手前の岩場でお弁当とする。 

12:59二等三角点の標柱と三角点も見つかりました。ykr10_30_29R.jpg
13:36
ykr10_30_30S.jpg
13:36
主稜線を更に進むと、見晴らしの岩場に出る、周囲の小枝等を取除き
絶景カメラポイントで展望 山並を眺める。しかし、崖下は断崖絶壁
とても恐い所 踏み外すと大事です。 
三坂山、摺鉢山、天ヶ山、大空山、霰ヶ山、西方向には櫃ヶ山、
星山も。北東には泉山や花知ヶ仙)
と登った山々が見られた。
ykr10_30_A4S.jpgykr10_30_A5S.jpgykr10_30_A6S.jpg
13:49展望岩から、倒木を避けながら稜線を下って行くと「猿田彦神」
と刻まれた石碑がある稜線の鞍部に到着する。
ここから平草集落を目指して谷沿いの湿地帯を下って行くと林道に出る。
林道を暫く進むと平草集落。この先は舗装された車道を下って行く。
ykr10_30_A10S.jpgykr10_30_15rs.jpgykr10_30_A14S.jpg

15:47           16:23
ykr10_30_BS_201611080737246c5.jpgykr10_30_15rs2.jpg 
宮部集落から矢倉山の山容を望む、地元の方に山を眺めながら、 
矢倉山の古今を聞きました。荒れた「矢倉山の山頂に所有林があり、
神社参拝もしていたのですが・・・」
深い山の谷間にどっしりとした矢倉山、その昔の面影は変わること無く・・・
しかし山に入ると、全く手入れがされず山道は草木が茂り荒れてヤブコギ歩き、
山林は間伐も、されなく倒木の山です。 荒れた山道ヤブコギ歩き、
先人が心を込め造ったポイントには辿る事が出来ました。
自然がいい 自然を守る…これではダメです。

全容を眺め山頂 稜線 展望岩も見えて達成感を感じて駐車地点へと戻ってきました。
この長い車道歩きで往復とも一台の車にも人にも出会う事は無かった。 
今は過疎の集落。四苦八苦の難登山ヤブコギ登山の体験
記憶力の無い曖昧なBLOGのページとなりました。  
ykr10_30_A9S.jpgykr10_30_A12S.jpgykr10_30_A11S.jpg
此所 県北でもバナナに実を付けています。夏の花ハルジオンが咲いている。黄野菊が自生
ykr10_30_A8S.jpgハナワラビykr10_30_A7S.jpg
ノコンギク         ハナワラビ      スギヒラタケ(食べれます。)      

戻る



スポンサーサイト
テーマ : 登山の思い出 画像日記
ジャンル : 日記

Tag:岡山 百名山  Trackback:0 comment:0 

那岐山 

那岐山 登山 1255m
中国山地の秀峰 那岐山は岡山県と鳥取県との県境に聳える連山、
東から那岐山,滝山,広戸山へと縦
走 
山頂からの展望は、360度の大パノラマ
日本海から瀨戸内海と四国まで絶景を楽しむ事ができました。
ngtz_1a_2.jpg  

ng10_15_1R.jpgng10_15_2R.jpgng10_15_4R.jpg
9:38車を上まで上げると早くも満車 次々に車がやって来て同じように引き返しています。
U-タンしています。少し下ったカーブ手前の道路脇に駐車9:44 
ng10_15_6R.jpgng10_15_7R.jpgng10_15_8R.jpg
登山道は標識もしっかり付けられています。先ずは大神岩1000mを目指す。
1人の50代?男性Aさんに出会い話しながら登る、
ng10_15_9R.jpgng10_15_10R.jpgng10_15_11R.jpg 
10:57大神岩へ到着。Aさんは此所から下山されました。 
ng10_15_12R.jpgng10_15_13R.jpg 
11:26 八合目
ng10_15_15R.jpg 
11:26自然林の中は笹がきれいに生えている。
ng10_15_16R.jpgng10_15_17R.jpgng10_15_18R.jpg 
11:32 稜線の手前の急登箇所で、「須佐之男命」の文字が刻まれた岩(神仏ポイント) 
今回初めて見ました。 此所を過ぎると!!
ng10_15_19R.jpg 
11:41笹尾根の稜線 那岐山を眺める。
ng10_15_21SA.jpg

11:42 どの山へ登ったのだろう?汗して登った山々 袴ヶ仙(袴に似て堂々とした山容)
日名倉山(
ベルピール鐘楼門も確認)(写真拡大⇒クリックはっきりします。)
ng10_15_22R.jpg 
11:42駒の尾山、日名倉山など宍粟の山も見えてる・・・
ng10_15_23R.jpgng10_15_25R.jpg 
11:47山頂には休憩小屋があります。三角点峰(1240m)です。

ng10_15_27R.jpgng10_15_28R.jpgng10_15_29R.jpg
12:02神仏ポイント3(奈義神)石彫りがしてあります。
ng10_15_30R.jpg
12:06
ng10_15_31R.jpgng10_15_32R.jpg
右に避難小屋 笹尾根を登るとそこは 又、すばらしい絶景広場   最高の展望です。 
ng10_15_35R.jpgng10_15_33R.jpgng10_15_39R.jpg
12:12標高1255m那岐山山頂に到着 先着登山者も10数人
日本原高原麓の景色と展望 遥かに大山が霞んでいる、西の方向に泉山、
花知ヶ仙、三十人ヶ仙が見える。北方向には鳥取市街地や日本海が、
南には小豆島や瀬戸内海が望める。袴ヶ仙、日名倉山、駒の尾山など宍粟の山々
東方向には扇ノ山、氷ノ山も眺めた。 写真からは??
お昼弁当 山歩きのだいご味をしっかりと感じ 高原の空気を吸った。
ng10_15_37R.jpg 
ng10_15_40sr.jpg
13:21 
ng10_15_41R.jpgng10_15_42R.jpg
13:32 那岐山頂から菩提寺Aコ-スを目指して下る。分岐の少し手前の展望ポイン
此所で地図を見ていると那岐山の達人Bさん(毎日登っている人)から声掛けして貰う、
阿草山(815m)地図上では無名の山と目の前の山慈母山(1009.4m)等、情報を聞く
ことができました。興味深い話し、(ここは展望も良くて広いので
廃棄してあった古材で椅子を作りましたが、即、撤去された)と・・・ハァ
ng10_15_43SR.jpg 
14:11大倉山 木地師の山 反射板が見える。リンク大倉山 
思い出の詰まった山並 反射板へも汗を流して辿り着いたのでした。
ng10_15_44R.jpgng10_15_45R.jpg
14:25Aコース登山道 鞍部の林道に出ると目の前には慈母山に向かって
階段道が続いている。 林道を右に進むとBコースに合流し、左手の山道を下る。
メモ紙を手にした男性(Cさん)に会う。これから山野草のスケッチに登っていると、
メモ紙にはビッシリと植物の名前が記載されている。家に帰ったら整理します。
山野草の達人Cさんからは那岐山の裸の登山者の話し珍情報、有名な登山家の
話しなども話しに夢中 聞き入りました。
ng10_15_46R.jpgng10_15_49R.jpgng10_15_50R.jpg      
15:08せせらぎを耳にしながら登山口の蛇淵の滝Bコースへ ゴールしました。
ng10_15_56R.jpgng10_15_57R.jpgng10_15_55R.jpg
15:50那岐山麓(山の駅)へ寄り那岐山を今・ 一度眺め   休憩してから帰途に向かう。
↓↓ 山の駅 山野草公園 赤い橋(天空橋)
ng10_15_59R.jpgng10_15_61R.jpg
立寄った《塩手池》あの山頂に登ってあの尾根から降りて来た。此所に・・・ 感無量 
ng10_15_63R.jpgng10_15_64R.jpgng10_15_67R.jpgng10_15_66R.jpg 
16:30 逆さ那岐山&塩手池 (数年前にも此所へ立寄り、もう一度との願いが叶いました。) 
逆さ那岐山→2013年5月12日広戸仙

    
県北登山の1日 山仲間の遠征登山、百名山登山
の会話に心惹かれながらも・・・夢の夢
県内の山 那岐山は、魅力いっぱいの山 私にはNo、1
今日は、那岐山に心寄せる人達A、B,Cさんと出会い話しを聞くことが出来ました。
ng10_15_54R.jpg毎日登るお二方
植物絵と観察のCさんの会話に出た人 毎日那岐山
裸の鉄人
Aさんと写った写真をネットから見付けました!!
このマムシグサは植物観察日記にさんは記された事であろうと。



Tag:山歩き  Trackback:0 comment:0 

不溜山(タマラズガセン)

不溜山タマラズガセン) 1124,6m 22200歩 13.8 km
tmrz10_10_Rs38.jpg 
(カラマツ林の林道から眺める不溜山)
麓から山容は見られません。山々に囲まれて深い所に有ります。
tmrz10_10tzS_.jpg 
 mt_tmrz_1.jpg岡山百名山の不溜山 登山地図   真庭地区で先ず目にする山は、
読み方も難しい。資料からもヤブコギ記録が多く気に成る山へ10月10日(体育の日)
久々の秋晴れに恵まれて登る事が出来ました。
 秋の山野草を眺め、せせらぎを聞き乍らいくつもの滝を眺めて、
奥深い大自然の山歩き 帰岡5年目にして登りました。
陽射しの道ではヘビも見掛けましたが・・・次第に気温が下がり、
予想外の寒さに雨合羽を着けて山頂へ
頂上でのお弁当 山歩き9年目 未だ1回1回が反省ばかりの山歩きです。
(写真 クイックで拡大、画像も少し はっきりします。)

tmrz10_10_3S.jpgtmrz10_10_2S.jpgtmrz10_10_5S.jpg  
9:18 林道が荒れて居る 出合い手前の広場に駐車して  
「河内」 集落の民家近くからの歩きです。
tmrz10_10_9S.jpgtmrz10_10_10s.jpg
9:38 目木川沿いには「オタカラコウ、ヨシノアザミ」が咲いている。
林道の側の湿地には秋の花がたくさん咲いています。
tmrz10_10_31S.jpgtmrz10_10_8S.jpgtmrz10_10_79S.jpg
 アケボノソウ         ツリブネソウ        
tmrz10_10_7S.jpgtmrz10_10_4S.jpgtmrz10_10_6S.jpg
       ?                                            ?                                                    シロヨメナ
 tmrz10_10_11S.jpgtmrz10_10_12S.jpgtmrz10_10_14S.jpg
9:41 出合から林道富東谷起点線を目木川に沿って登る。
                        
tmrz10_10_15S.jpgtmrz10_10_13S.jpg
9:51  四季桜 へ到着 巨大な古木に!! この辺りまで車で入れると・・・
しかし林道富東谷線はとても荒れて居て車は無理 林道には草、木、等が茂って居る。 
tmrz10_10_17S.jpgtmrz10_10_26S.jpg 
9:54林道富東谷線を道標を見ながら登って行く。10:10 アケボノソウと小滝   
tmrz10_10_28S.jpg
10:30
tmrz10_10_32S.jpgtmrz10_10_34S.jpg 
10:46 おかやま環境の森 標柱 1
1:02 分岐 不溜山へ
 
tmrz10_10_35S.jpg
 11:06 林道富東線の終点 スギ林はよく整備されていますが道は酷く荒れています。
tmrz10_10_36S.jpgtmrz10_10_39S.jpg
 11:06 作業道はバラスが敷かれた荒れた道 歩き辛い。
tmrz10_10_38S.jpg 
11:39作業道の尾根からはカラマツ林の歩き道にはたくさんのカラマツの苗
が育っています。カラマツの間から不溜山が望めました。
tmrz10_10_45S.jpgtmrz10_10_44rS.jpg
12:00不溜山登山口 乗幸山との分岐 12:02ブナの古木 登山口
 
tmrz10_10_46a.jpg 
12:02 不溜山登山口からの展望 
tmrz10_10_49S.jpg 
12:14 ブナの道 クマザサの山道歩き
tmrz10_10_50S.jpgtmrz10_10_51S.jpg 
12:14 よく整備されたクマササの道
12時25分 山頂へ到着 クマササに周囲を囲まれた広い山頂   北方面の山を眺めながらお弁当 
温かいお味噌汁が欲しいなぁ~ 今日も冷コー持参です。防寒着も欲しい

tmrz10_10_R86.jpg
12:29 山頂からの展望tmrz10_10_sR87.jpg
12:29 山頂からの展望 ブナの森が見える。(拡大でよく見える、) 
tmrz10_10_R88.jpg
12:29 山頂からの展望
 富栄山 
tmrz10_10_R59S.jpg 
13:04 山頂からの展望 津黒山
tmrz10_10_61S.jpgtmrz10_10_62S.jpg
お弁当後にもう一度景色を眺め、記念写真13:16(雨合羽を脱いで)三等三角点  
tmrz10_10_R63.jpg に
13:38北西方向 登った山を眺めるのが嬉し~い 位置により随分変わるので難しい
大山のように特徴が無いので・・・
 
tmrz10_10_67S.jpgtmrz10_10_68S.jpg
14:42茶褐色の岩肌に湧水が落ちる  
14:43 深い渓谷の底に流れる目木川を眺め下山 
tmrz10_10_69S.jpgtmrz10_10_71S.jpg 
14:49いい香りの果実 口にしてみる。食べれるのかしら??14:57渓谷に架かる橋を渡る
tmrz10_10_72R.jpg(スライド写真⇒2枚目あり) 
15:03 巨岩の上の 大木は?どこに根付いて居るのだろう? 
tmrz10_10_74S.jpgtmrz10_10_78S.jpg
15:06       15:43鏡野町富集落が開けてきました。
  tmrz10_10_80S.jpgtmrz10_10_81S.jpg 
15:47次々に見た堰 最後の堰15:48河内集落 民家横から車へとゴール
tmrz10_10_82S.jpgtmrz10_10_83S.jpgtmrz10_10_84S.jpg 
 16:02帰路 10分位の場所で見かけたお堂へ寄る、
「チト堂」と記された お堂は、お地蔵様が祀てありました。
どこまでも信仰深い民の暮し今も、お遍路巡りとして
人々の心のよりどころ お参りする人が多いい。

次第に気温が下がり寒く防寒対策 要注意でした。
山頂の標識が杭から落ちたり文字も薄く登山の山としては残念です。
展望もいいのにと そんな事を思いながら帰りました。

作業道の尾根道から~乗幸山への縦走もしてみたい、
稜線は旭川と吉井川の分水嶺で目木川は(旭川水系)
詳しく説明も聞きましたが、直ぐ忘れている、復習しながら、
遅いBLOGのUPです。

Tag:山歩き  Trackback:0 comment:0 

雪彦山(兵庫県) 

  雪彦山(せっぴこざん) 
shk10_3_20sa.jpg 
播磨の名峰、兵庫県姫路市 彦山へ
修験道の岩峰日本三彦山(弥彦山(新潟県)英彦山(福岡県・大分県)
shk_tk_3R.jpg 

画像サムネイル 
shk_tk_1R.jpgshk10_3_7R.jpgshk10_3_5R.jpg
9時23分 岡山から約1時間50分(休憩含め)神社前横キャンプ場休憩舎、登山案内板を眺める、
shk10_3_9R.jpgshk10_3_13R.jpg
9時30分 見所の多い出雲岩⇒馬の背天狗岩⇒鹿の壺分岐⇒三角点雪彦山(大天井岳)
表登山道コースから縦走登山へ 出発
shk10_3_14R.jpgshk_tk_4R.jpgshk_tk_6R.jpg
9:30分 表登山道へ 右が裏登山道、最初からの超急登 雪彦山を背景にして登る。 
shk10_3_6R.jpg
9時35分 展望岩から雪彦山 大天井岳を一望する。 
shk_tk_9R.jpgshk_tk_10R.jpgshk10_3_49R_20161027145805051.jpg 
11:10
shk_tk_11R.jpgshk_tk_12R.jpg 
岩に伸びる根っこ 大岩のどこから木の養分を採って大木に成ったのだろう?
shk_tk_13R.jpgshk_tk_15R.jpg
11時29分 鎖場が次々に出て来て巨岩に吃驚 絶景が続く 恐怖と隣り合わせ
カメラが出せない、
shk10_3_23R.jpg 
10時43分 行者堂跡へ到着  (1時間10分)
shk10_3_33R.jpgshk10_3_43R.jpg
shk10_3_41R.jpgshk10_3_49R.jpg
shk10_3_46R.jpgshk10_3_50R.jpgshk10_3_52R.jpg
11時46分 行者修行場ら3しく険しい鎖場と岩登りが続く
鳥取三徳山が思い出される・・・⇒
三徳山投入堂2012年11月登山) 
 12時07分 「馬の背」この表示は、山歩き,スキーでも、身が引き閉まる、
そこで眺める絶景が楽しみです。この厳しい登山
shk10_3_58R.jpgshk10_3_56R.jpgshk10_3_60R.jpg 
12時34分 遙か遠くに眺めた名峰 雪彦山の 山頂 バンザイ
shk10_3_61R.jpg 
12時35分 (3時間の登り) 衣服調整、水分補給、展望を楽しみ、
小休止をしながらの登山 登山中誰にも会うことが無かった。
shk10_3_62R.jpg 
12時36分 此所山頂でお弁当タイム のんびりと熱い味噌汁、コーヒー
自然の中で食べる お弁当は、格別に美味しい
空模様がと、思う間にポツポツと雨が落ちる。登りきつて居てよかった、
下山はカッパを着けて13時10分 腰を上げる。
shk10_3_65R.jpgshk10_3_67R.jpg 
13時12分 
足を止めて景色を眺めて・・・一時も気を抜くこと無く
巨岩急登の歩き下山縦走コース
shk10_3_68R.jpg 
13時23分 遙か下の岩に何か見える、何かしら? 確認出来ない、
暫く下山してから眺めると人が大勢?誰か転落したのだろうか?
それにしても、ヘリの救援も無い!!!そして鎖場・地蔵岳・展望岩へ到着 
ここの岩に鮮やかなオレンジ色の制服 白いヘルメット10人の制服姿の人は、 消
防隊隊員 の訓練中と説明を受け挨拶
岩で展望してから下山コースへ戻り 虹ヶ滝へと下りました。
shk10_3_69R.jpgshk10_3_70R.jpg
13時28分 急な岩場の下山 雨で濡れて、より危険な岩歩き鎖場が次々に出て来ます。
shk10_3_72s.jpgshk10_3_75s.jpg
13時26分
shk10_3_73s.jpgshk10_3_74s.jpg
13時36分           
shk10_3_76s.jpg   
 13:時55分 
  岩山の自然林の谷間と岩山 渓谷下山  
shk10_3_79R.jpgshk10_3_85R.jpgshk10_3_87R.jpg
 14時23分 下山道コース 「虹ヶ滝」四苦八苦して降りてきました。
shk10_3_81R.jpg 
14時32分
 虹ヶ滝へ下って来て奇岩の中を落ちる水を眺めて又しても川渡り
水量も多く どこを通ろう 濡れ石、苔の石 滑ったらどうしょう~~
ヒヤヒヤで渡る。 
shk10_3_98R.jpgshk10_3_97R.jpg
shk10_3_90R.jpgshk10_3_97R.jpgshk10_3_96R.jpg
14時41分 最後の渓流越えを終えて、又、最後のキツイ登です。
アクシデント~~~ 
大腿部筋肉の硬直ア・ァ・イタイ<<<(キツイ歩きで時々成るんです。)
**アクエリアス飲んで、マッサージしてアァ早い回復が出来ました。 
もっと休憩したらの声を背にしてトットと登り切る。
shk10_3_91R.jpgshk10_3_94R.jpg  
15時06分 下山は得意なのに・・・カメラを待って先に歩く
なだらかな道で待って居ると現れたのは消防の人と歩く山友
shk10_3_100R.jpg
15時35分 湧水源流と共に麓へと下りてきました。水は此所で砂防ダムに入った。
shk10_3_103R.jpgshk10_3_110s.jpg
15時50分 ダム 横の階段から車道へと下りる。
巨岩が多い雪彦山の砂防ダムはオープンタイプと表示が付いています。
shk10_3_107R.jpgshk10_3_106R.jpg
16時00分 車へ帰着 無事下りてきました。(私の足も、その時だけで快調) 
ダムからの水は、ここ公園内を潤しています。
shk10_3_113R.jpgshk10_3_115R.jpg 
18時30分夕陽に染まる風景に向かって岡山へと戻って来ました。

shk10_3_110R.jpg此れは、ヒルと言う虫 
スパッツにも、手にも、アレアレ・・・血が流れ!! 
 
mt_tmrz_1.jpg厳しい山歩き、苦しい登山、弱い足 それでも又、
山が呼ぶ 自然が大好き、弱い気持ちを元気にしてくれる。
今日も、素晴らしい山へ登る事が出来ました。

Tag:山歩き  Trackback:0 comment:0 

『裸の島』

『裸の島』
裸の島 映画のあらすじ

もbv~~

戻る佐木島



Tag:Daily  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

mount

Author:mount
2002年から伯耆大山の麓で『シニアライフ』 
大山暮らしの日々 感動を記録に残したくて
PCに挑戦 H,Pを始めました。四苦八苦で何回と無く
挫折しながらも継続しています。
数年後には、BLOGが始まりました。
BLOGとHPと両方でリンクして
日々の暮らしを画像日記で記録しています。

鳥取で始めた山歩き・SKIクラブに入会 公民館講座
と親友の輪も広がり楽しく過ごしました。
10年近くして無縁だった病気に成り帰岡
岡山で再び山歩き会・SKIに入会 仲間との出会い
元気を貰って第二のシニア ライフ
私の林住期 岡山暮らしHP/BLOGと続けて書いてます。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。