スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

和気アルプス縦走

 和気アルプス縦走
wke_tp_tzA.jpg
徒歩の会 『有志山行』(10km)
今年最後の例会 49名参加 
wka12_25_1R.jpgwka_fk1.jpgwka12_25_6R.jpg
 8:40 スタート
wka12_25_4R.jpgwka12_25_8R.jpgwka_fk5.jpg
 wka12_25_9R.jpgwka12_25_10R.jpgwka_fk10.jpg
wka_fk7.jpgwka_fk9.jpg
wka12_25_20R.jpgwka12_25_27R.jpgwka12_25_28R.jpgwka12_25_15R.jpg 
wka12_25_22R.jpg
wka12_25_23R.jpgwka12_25_21R.jpg
wka12_25_25R.jpg
wka12_25_26R.jpg
wka12_25_30R.jpgwka12_25_31R.jpg
wka12_25_32R.jpgwka_fk11.jpg和文字焼きの火床
 観音山 和文字焼きの場所 稜線で休憩
wka12_25_34R.jpgwka12_25_35R.jpgwka12_25_39jpgR.jpg
wka12_25_38R.jpgwka12_25_40jpgR.jpgwka12_25_41jpgR.jpg 
14:47
和気登山 久々の歩きです。今回は、未踏の岩山(ザイテングラード)
ハイベテラン登山者がクライミングを楽しむ岩峰と思って眺めていました。
 初回⇒和気の山神ノ上山 2012年2月21日  

こんな岩ばかりの急岩峰へ 例会登山は期待と不安での参加でした。
会のCL/SLを始め先輩方の声掛け アドバイスでクリアー出来ました。
ストックは片付けましょう。一歩一歩 1人づつと見守って戴きながら、
安心して登りました。絶景ポイントで休憩 眼下には周囲の山々 
あの山 この山と眺めました。感動も大きくハイペンション
稜線の尾根歩きでお喋、笑顔!!笑うことも少ないこの頃にハッとしました。
何時もは仰ぎ見る和文字の尾根・和気富士と歩き 
和気駅へゴールしました。
岡山県南の山歩き今年の集大成の1日でした。 
とても素晴しい楽しい山歩きが出来ました。
厳しい歩きの中 絶景を写したくて皆さんに迷惑をかけましたが、
こんな、変人に、いいよ、いいよとの言葉にすくわれて写しました。
久し振りFkさん参加 写真を有り難うごございました。
ふくちゃん気ままにウォーキング





スポンサーサイト

Tag:山歩き  Trackback:0 comment:0 

地元の古代山城跡散策  



seto_12.jpgseto12_11tzuA.jpg
サムネイル 拡大
st12_11_1s.jpgst12_11_2s.jpgst12_11_3s.jpg
8:00瀨戸公民館 開会 準備体操 44名参加 スタート 
笹岡地区内住宅街で見かけたアートの住宅
st12_11_4s.jpgst12_11_5s.jpg  
8:36天童大神神社
st12_11_7s.jpgst12_11_8s.jpgst12_11_9s.jpg
9:00環太平洋大学 入試の日でした。
st12_11_11s.jpgst12_11_12s.jpgst12_11_13s.jpg
10:00 常楽寺  門前の紅葉通りは紅く燃えています。
st12_11_14s.jpgst12_11_15s.jpgst12_11_16s.jpg
st12_11_20s.jpg
11:00 瀬戸橋 たくさんの白鷺が見られました。
st12_11_21s.jpg
お弁当 飲み物(ビール)も頂いて12:00からの総会  
総会資料も頂いて、平成12年会員数62人で発足 今年は16年目だったのでした。
そして発足時と同じ62人の会員です。

かの山 鉄砲山へ  
朝の冷え込みと濃霧の旭川沿い 驚きながら瀨戸へと出て来ました。
例会行事を終えてから、地元の山友に鉄砲山を案内して貰いました。
素晴らしい展望をしてから岡山市へと帰りました。
 
st12_11_33s.jpgst12_11_25s.jpgst12_11_22s.jpgst12_11_24s.jpg st12_11_30s.jpgst12_11_28s.jpgset12_11_40s.jpg
13:25 山陽町のシンボル ピンクのタンクが見える。st12_11_29rs.jpg 
貝殻山東部 小串の鉄塔と水門を間に正儀の鉄塔がピカピカと光っている。
四国の白い観音像も確認出来ました。
  新幹線が通過する。
瀨戸の鉄砲山165.8mからの展望 そして再び写真と地図ナビで飽くこともなく眺める。
st_a1.jpg 瀨戸歩く会の皆さんのお世話に成り 毎月楽しみに参加しています。
瀨戸の公民館、瀨戸駅も解ら無かった入会当時 無知な私でしたが、
例会参加で少しづつ知ることが出来ました。瀨戸散策今年最後の
月例会にふさわしく楽しみました。瀨戸の皆さん本当にありがとうございました。

Tag:山歩き  Trackback:0 comment:0 

金山

金山登山 2016年12月8日 16540歩 9.1km
knym_tz_6.jpg 
(地図 拡大可) 国道53→苫田温泉→高野尻方面へとたどる
kny12_8_1s.jpgkny12_8_2s.jpgkny12_8_3s.jpg
9:20苫田温泉近くに駐車、太陽光発電施設が設置された地区を登って行く
kny12_8_4s.jpg
「めがね橋」と呼ばれている石積みの橋 
kny12_8_5s.jpgkny12_8_6s.jpgkny12_8_7s.jpg
獣檻 子猪が入り頭から突進を繰り返し出口を探している、
妙見の方に進み、中電のNo.20鉄塔 藪道を進む
高野尻集落に出る。実家に手伝いに来た男の人から
実家でのイベントが開催され、テレビ放映されたDVDを貰う。
kny12_8_8s.jpgkny12_8_9s.jpg 
集落から登って行くと『八幡宮』へ着く
kny12_8_10s.jpgkny12_8_11s.jpg 
11:30八幡宮
kny12_8_12s.jpg 
11:40綺麗な紅葉が映った山奥の静かな池kny12_8_13s.jpg
皮が剥がれ白い枯れ木が湖面に映っている、大自然のアート
素晴らしい風景に出会った。

kny12_8_14s.jpg 
kny12_8_15s.jpg
11:41仰ぎ見る山頂には4本のアンテナが見える。
金山の目印 赤い鉄塔は この上では無い・・・)
kny12_8_16s.jpgkny12_8_17s.jpg
お大師堂」があり、一休み 石垣で囲まれ、石垣には数多くのお大師像が奉られていました。
kny12_8_18s.jpgkny12_8_20s.jpg 
12:22 急な階段は鉄策は傷みがはげしい、倒木がゴロゴロと通りを塞ぐ
kny12_8_21s.jpg 
12:27 荒れ果てた昔階段は長々と続く そこで見かけた赤いテープ!! 
歩いた人もいました。
kny12_8_22s.jpgkny12_8_23s.jpgkny12_8_24s.jpg 
12:36電波塔の山頂486mへ到着 *写真後方に見える金山のシンボル赤い鉄塔へと歩く
13:45 金山山頂  金山一等三角点499,3m 妙見宮
kny12_8_25s.jpgkny12_8_26s.jpgkny12_8_27s.jpg
苫田山368mの間 峠を越えて山道に入り 「右妙見」の石標に合流 
往路に戻った。

kny12_8_28s.jpg
16:00苫田温泉地迄 戻って今一度振り返ると、
No,18 送電線が見える、この線の下近くを歩いた。

終わった山 忘れられた山 岡山市内の金山 
『金山休暇村』という施設 金山ヘルスセンターもあった、
平成9年6月に閉鎖 現在は廃墟
在りし日には子供達を連れて金山行きバスで写生大会、登山、観劇
芸能人の実演にと度々訪れた山は瀨戸内海の島々までも、
よくみえる。しかし、現在は登山道も荒れ放題です。 
そんな山も自然は変わりなく素晴らしい何時でも元気をくれる。

まわり 情報

↓↓ 高野尻~集落 テラスの古民家 
kym_tknA.jpg 
深い山奥 谷間の集落 高野尻、過疎高齢化の地で高台の立派な
古民家が小旗で飾られていた。偶然にも説明を頂いた、翌日に
イベントが行われる、地区の皆さんの活気が様々な形で催しとなり、
集う人も地元民もみんんなが元気に成る、魅力ある自然体験です。
一度出向いてみたいなぁ~ 

Tag:山歩き  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

mount

Author:mount
2002年から伯耆大山の麓で『シニアライフ』 
大山暮らしの日々 感動を記録に残したくて
PCに挑戦 H,Pを始めました。四苦八苦で何回と無く
挫折しながらも継続しています。
数年後には、BLOGが始まりました。
BLOGとHPと両方でリンクして
日々の暮らしを画像日記で記録しています。

鳥取で始めた山歩き・SKIクラブに入会 公民館講座
と親友の輪も広がり楽しく過ごしました。
10年近くして無縁だった病気に成り帰岡
岡山で再び山歩き会・SKIに入会 仲間との出会い
元気を貰って第二のシニア ライフ
私の林住期 岡山暮らしHP/BLOGと続けて書いてます。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。