吉備津彦神社 記念イベント

吉備津彦神社 アートで奉祝を 26日、本殿修復の記念イベント

ちらしを手に来場を呼び掛けるみこの三宅さん。後ろは保存修復工事が完了した本殿

踊りながら絵を描く神田さおりさん

キャンドルアーティストのMASAさんの作品

 吉備津彦神社(岡山市北区一宮)は26日午後6時から、境内で日本舞踊やピアノ演奏、オブジェの展示、映像照射といったアートイベントを催す。2014年11月から取り組んだ本殿(岡山県重要文化財)の保存修復工事の完了を記念した奉祝行事で、夜の神社を音楽や明かりで包む。

 祭文(さいもん)殿近くにメインステージを設置。随神門や池に浮かぶ亀島、鶴島など5カ所にも舞台を設ける。

 メインステージでは、午後6時半から舞踊家の坂東三千美絵さんが祝儀曲として知られる日本舞踊の長唄「島の千歳」を披露。7時からは「踊絵師」として国内外で活動する神田さおりさんが、その場で感じたことを踊りながらキャンバスに描く。

 亀島にはステンドグラス作家Mieさんが大小さまざまなステンドグラスの立体オブジェを展示、映像を映し幻想的な空間をつくりあげる。鶴島では岡山市出身のピアニスト山地真美さんが随時演奏。アーティストのChiHiRoさんによる切り絵のインスタレーションや、ミラーボールを組み合わせたオブジェなども飾る。

 神饌(しんせん)所付近の約5メートルの桜の木には、キャンドルアーティストのMASAさんがろうそくに見立てたLEDライトをともす。

 みこの三宅香保梨さん(27)は「子どもから大人まで幅広く楽しめる行事がたくさんある。神社に足を運んでもらうきっかけになれば」と話している。催しは午後8時ごろまでで観覧無料。問い合わせは吉備津彦神社(086―284―0031)。

 本殿の保存修復工事は、老朽化に伴い檜皮(ひわだ)ぶき屋根を1976年以来40年ぶりに全面ふき替え。昨年9月に終了し、11月に本殿にご神体が戻る遷座祭を行った。  
戻る⇒blog 赤穂の山を歩く
スポンサーサイト

Tag:Daily  Trackback:0 comment:0 

氷ノ山

若桜 氷ノ山 SKI

wksa_TP_31.jpg

大寒波が1月23日に再び日本列島を通過して鳥取県は(県内全域)

23日~24日まで降雪が続き大雪 が山地60cm以上

さらに断続的に降り続き鳥取県の至る所で交通渋滞さらに通行止となり
TVから度々 智頭街道、鳥取道 米子道等が現地報道されました。

数日後 道路状況も復旧開通1月31日 若狭氷ノ山へ出かけました。

wk1_31_1s.jpgwk1_31_2s.jpgwk1_31_3s.jpg

8:26 R53 因幡街道 ループ橋 -⒋度  千代川

wk1_31_4r.jpgwk1_31_5s.jpg

9:00 河原城          10:22 スキー場へ到着 

wk1_31_6s.jpgwk1_31_7s.jpg

若狭氷ノ山スキー場 標高700m チャレンジリフトは1200m

wk1_31_8s.jpg

wk1_31_28s.jpg

wk1_31_11s.jpg

ロッジのゼッケンを着けた学生 数校がスキースクール授業を行っていました。

wk1_31_12s.jpg

パノラマリフト上からパノラマゲレンデを写す 

wk1_31_13s.jpg

wk1_31_14s.jpg wk1_31_16s.jpgwk1_31_32s.jpgwk1_31_31s.jpg wk1_31_18s.jpgwk1_31_19s.jpg

wk1_31_20s.jpgwk1_31_23s.jpgwk1_31_16s.jpg wk1_31_24s.jpg

10:48 ゼッケンに玉野光南高校!!岡山県南からの高校生一団でした、

wk1_31_25s.jpg

wk1_31_26s.jpgwk1_31_27s.jpg

中央センターのレストラン スノーピアでランチ

午後からは谷間を滑り込みリフトを乗継ぎイヌワシゲレンデを滑る、

アルパインコースでは上級クラスでのスクールが開かれていました。

転んでも、転んでも何度でも起き上がり、元気な笑い声、

学生達の姿に元気がでる、歳も忘れて高齢スキーを楽しみました。

wk1_31_34s.jpg

帰途 若狭街道の道の駅『はっとう』でCoffeeタイム 

特産物みやげ品など眺め ました。

wk1_31_33s.jpgwk1_31_35s.jpg

河原ICから鳥取道ー志度坂峠越えー佐用 JCTー中国道ー『上月SA
休憩ー美作ICで高速道を出てR374 吉野川ー吉井川沿い県南岡山へ
昨シーズン後半にスキー仲間が転倒 今回はお試しの はつ滑り

スキーは変わりなく滑られる、でも、肩も腰もイマイチと…

仲間が年々減ってスキーに出かけられない、さびし~い 

今日滑れたことを喜び、雪に躍る気持ちをおさえる今日です。



Tag:山歩き  Trackback:0 comment:0 

八丈岩山&三頂山

kigr_tzRb.jpg 
2017冬トレーニング 岡山県南 貝殻山歩き
リンク⇒『2012.04.15 貝殻山・天目山登山』
帰岡 最初に歩いた貝殻山いつ歩いても、感動する山
kig1_28_1R.jpgkig1_28_2R.jpgkig1_28_3R.jpg
小名郷池 公園へ駐車 公園内を過ぎると急階段が長々と続く、
歩いても歩いても何処までも…
kig1_28_4R.jpgkig1_28_5R.jpgkig1_28_7R.jpg 
11時00分 階段途中の休憩小屋 ちょっと足を止める。
続く階段 早くも、しんどい~気合を入れ登る。
kig1_28_11R.jpgkig1_28_15R.jpgkig1_28_14R.jpg 
11時20分 木立の中から景色も見えて来る、三頂山まで→400mkig1_28_16R.jpg 
11時48分 吉井川の河口 児島湖と小串の水門
岡山⇔土庄 航路「オリンピアドリーム」マリン号が
行交う児島湖を眺める。
kig1_28_17R.jpg 
11時49分 東北方向に芥子山(山頂に航空レーダーの白い塔が見える) 
東部西大寺の市街地が見える。 
kig1_28_18R.jpg 
11時50分 ビルの並ぶ市街地は西北方向?写真拡大で
京山の八方閣が
見えている。
kig1_28_19s.jpgkig1_28_20R.jpg 
青い倉庫、グリーンの建物は? 向いの山は 操山
写真が上手く写せない 解り難い。kig1_28_21R.jpg
児島湾大橋そして宮浦へ 宮浦公園の赤いポストから地図を頂く
(前回には地図が「数枚しか無く心配しました。)
ポストの地図はみつがしわ山の会Ymさんがボランティアで
長年ポストに入れて下さっています。

kig1_28_23RR.jpg 
11時58分 金甲山 (鉄塔の並ぶ山)続いて怒塚山を眺める、
kig1_28_26R.jpgkig1_28_27R.jpg 
12時02分 山頂の大岩に祠がありました。kig1_28_30R.jpg
12時09分 奇岩の山 岩面に褐色の色が付いて(岩のホホ紅)kig1_28_38R.jpg
12時12分 八丈岩山kig1_28_46R.jpg
13時06分  小串 水門を眺める、強い光を放つ高圧鉄塔が並ぶ
kig1_28_41R.jpgkig1_28.jpgkig1_28_43R.jpg
12時18分 暖かい,日射しの下 山頂で お弁当タイム倉敷の山仲間、
トレーニングの場所として、常に此所貝殻山を
歩いてからツアーに出かけると話される。何回登ってもいい眺めと、
山歩きの会話が続く 食後のひととき
kig1_28_37R.jpgkig1_28_36R.jpgkig1_28_33sR.jpgkig1_28_35aR.jpg
  眺めがいいので、度々足が止る、景色、山、街並みを見る、
kig1_28_49R.jpgkig1_28_47R.jpgkig1_28_50R.jpg
13時30分 三頂山園地 公園へ下山 
kig1_28_34R.jpgkig1_28_54R.jpg 
13時40分 小名郷池 市民憩の公園へGaul、貝殻山2回目の歩き
2月28日 小名郷池~三兆山~八丈岩歩き UP
多島海の景観 波静かな瀨戸の海 奇岩の山は、何処からも
素晴らしい展望 モノトーンの中にピンクの紅梅が綺麗でした。
リンク⇒ 貝殻山 初歩き 2017年1月3日 *。. (o^^)o

山歩き 寄り道 Coffee

山友のコ-ヒー開店日 岡南公民館へより道
ケーキ&コヒーを頂き 懐かしい歌を合唱

歌の解説も聞きながら、初対面の方と会話がはずみ 
とても楽しい時間を過しました。










Tag:山歩き  Trackback:0 comment:0 

ちぐさスキー

ちくさスキー

1月25日(水)天気:晴れ -4℃ 積雪:220cm

tgs_TP.jpg

tgs1_25_25s.jpg

tgs1_25_2s.jpgtgs1_25_4s.jpgtgs1_25_5s.jpg

7:00 岡山 山陽IC⇒®96 三石⇒®72千種町

tgs1_25_6s.jpgtgs1_25_8s.jpg

9:06中国自動車道 佐用IC橋架下、千種川を北上

tgs1_25_10s.jpg

9:36「板馬見渓谷 登山口」 

宍粟は高い山が多く四季を通して大自然を楽しめます。 

山の会から登った山 会での当番での下見で歩いた山々

岡山標高ベスト1後山(うしろやま)1344mを始め懐かしい

山容を眺め乍ら齣の尾山はちぐさ高原へと到着

tgs1_25_9s.jpg tgs1_25_11s.jpgtgs1_25_12s.jpg

tgs1_25_19s.jpgtgs1_25_24s.jpg

リフト山頂では看板も雪に埋もれています。

tgs1_25_16s.jpgtgs1_25_27.jpg

tgs1_25_29.jpg

tgs1_25_26s_.jpgtgs1_25_36s.jpg

tgs1_25_32.jpgtgs1_25_37s.jpgtgs1_25_39s.jpg

tgs1_25_34.jpgtgs1_25_38s.jpgtgs1_25_28s.jpg

tgs1_25_34s.jpgtgs1_25_35s.jpg tgs1_25_40s.jpg

tgs1_25_42s.jpg tgs1_25_43s.jpg

tgs1_25_47Ls.jpgtgs1_25_41s.jpgtgs1_25_46s.jpg

tgs1_25_48s.jpg
スキー場開き12月には雪不足の中での恒例祭事でした。

正月が過ぎても暖かい日が続き雪待ちのスキー場でした。

1月半ばに入ってから予報通り 大寒波大雪と成りました。

1月18日の若桜氷ノ山に続いて25日には、岡山から一番近い

兵庫県宍粟市のちくさスキー場へ 

県境三石辺りー5度!!千種川沿いR373は次第に雪が深くなる、

宍粟町に入ると豪雪、除雪が間に合わなく1車線通行です。

登り坂ではスリップする車で渋滞もあり、スキー全盛期半世紀も 昔

チーエン装着の頃が思い出される光景も…モノクロの風景を眺めゲレンデへ 
駐車場は次々に満車 姫路車が多い、豊富な雪 ゲレンデ整備が遅れている、

クローズされたコースもあり残念!!昼頃にはロープを押して入り滑る。

ふわふわ新雪に板が入り掘り出している人が何人もいました。

ボード不可だった唯一のスキー場は3年前から可能となりました。

それでも、スキーヤーが大勢で安心して滑れる優しいスキー場です。

暖かく風もなく青空のスキー場はキッズパークには昼頃には、

園児が神戸からバスで入り先生と元気に遊んでいます。

ウイークデイのゲレンデ、高齢者も大勢スキーを楽しんでいます。

Tag:山歩き  Trackback:0 comment:0 

吉備の中山 トレ 1月24日

1月24日
  hiko_c.jpghiko_a.jpg
吉備の中山 山全体が神の山として崇敬されています。吉備津彦命は
 吉備の国 を平定し、現人神として崇められました。永住された吉備中山の麓
屋敷跡に社殿が建てられたのが当神社 弥栄を二千年に渡ってり鎮守の杜、
として守り継がれています。


kink_tzA.jpg 
昨日23日に続けて 今朝もう1度吉備の中山 トレーニング
kbtr1_24_1.jpgkbtr1_24_3.jpg
8:30 吉備津彦神社 右神社からの急登コースkbtr1_24_8r.jpg
kbtr1_24_9r.jpg 
自然歩道 史跡 名所への分岐 三差路
kbtr1_24_11.jpg 
9:49 『木漏れ日の道』 朝陽が射し込み木立の影を踏む 
気持ちよく歩く通りです。
kbtr1_24_12.jpg
kbtr1_24_16r.jpgkbtr1_24_13.jpg
中山茶臼山古墳の東側   谷間見える八徳寺  穴観音の説明文
kbtr1_24_14.jpg 
9:48 中山茶臼山古墳の側に『穴観音』があります。
石仏には、穴が彫られていて、この穴に耳を当てると観音様の声が
聞こえるとの言い伝えがあります。以前に試してみましたが・・・?

kbtr1_24_15.jpg 
宮内庁の管理下にある吉備津彦の命の古墳は高い有刺鉄線で囲まれています。
kbtr1_24_17.jpg
kbtr1_24_20.jpg 
岡山市吉備津の山頂の『中山茶臼山古墳』
大型前方後円墳は大和から派遣され吉備の国を治めたと伝える
「吉備津彦命」のお墓「御陵」と呼ばれています。
吉備津彦命は第七代孝霊天皇の皇子だったことから御陵と云われているそうです。kbtr1_24_19.jpgkbtr1_24_21.jpg
御陵の前には国境の石標があります。三角点と同じ大きさ、
国の名前が彫り込んであります。ここが備中国と備前国との国境
御陵の広場は広く展望良いのですが・・・3人の人影があります。 
ここから黒住教本部も近く 車道も山道もあります。
今朝は吉備津神社へと降りて行きます。
kbtr1_24_22.jpg kbtr1_24_23.jpg 
10:00 石段は何段、意識したのにやっぱり忘れました、次回もう1度、
上から写す、ストックを使って車道へ降りる。 春には桜の石段が待たれます。
kbtr1_13_23.jpgkbtr1_24_24.jpgkbtr1_24_25.jpg
沢山の標識 案内板に足を止めながら 渓流沿いの遊歩道を下ります。
前回1月13日まで青々としていたバナナの葉が先日の寒波で枯れています。

kbtr1_13_25.jpgkbtr1_24_26.jpg
下山 谷間の水が流れ 祀られています。 吉備津神社南口から境内へ入る。
kbtr1_13_26.jpgkbtr1_24_27.jpg
10:20 回廊から入り 境内~を通り外回りを歩く、観光化された
吉備津神社 参拝者も多く重機もみられました。  
kbtr1_24_28.jpgkbtr1_24_30.jpg
お堀の景色を眺めてから備前一宮へと戻りました。
kbtr1_24_29.jpg
kbtr1_24_31.jpg 
10:46 山陽自動車道が北方向に見えます、吉備SAの手前トンネル周辺)
kbtr1_24_33.jpgkbtr1_24_32.jpg  
 桃太郎線 一宮駅 列車が総社へ向かう、岡山市で一番高い山 金山が見えている。

mount-A.jpg吉備の山麓に半世紀・・・神社の年間行事には深く関わりながらも神社に付いての
知識も無く バブルの世代を仕事と家庭子育てに追われて過した家住期でした。
参道に並ぶ自転車の数に修学旅行生のコースに成り大勢が訪れ
年末年始には神社参拝者で賑わう、我家は年末からのスキーツアーに出かけた。
今年はここでお正月 リタイヤ後の林住期も残り少ない・・・裏山を一歩一歩の朝
今日も歩けた。

Tag:山歩き  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

mount

Author:mount
2002年から伯耆大山の麓で『シニアライフ』 
大山暮らしの日々 感動を記録に残したくて
PCに挑戦 H,Pを始めました。四苦八苦で何回と無く
挫折しながらも継続しています。
数年後には、BLOGが始まりました。
BLOGとHPと両方でリンクして
日々の暮らしを画像日記で記録しています。

鳥取で始めた山歩き・SKIクラブに入会 公民館講座
と親友の輪も広がり楽しく過ごしました。
10年近くして無縁だった病気に成り帰岡
岡山で再び山歩き会・SKIに入会 仲間との出会い
元気を貰って第二のシニア ライフ
私の林住期 岡山暮らしHP/BLOGと続けて書いてます。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR