スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

赤穂の山

『坂越から高山・雄鷹台山を歩く』
[コース]
坂越駅⇒上浜市⇒251m分岐⇒赤穂高山⇒251m分岐雄鷹台山⇒加里屋⇒播州赤穂駅
 10km 17701歩

sak3_26_tz 
 (地図拡大)
天気予報は曇り、にわか雨が多い春本番の昨今 雨具も持参
しかし、いいお天気に恵まれて播州赤穂の山歩きを楽しみました。
sak3_26_1s.jpgsak3_26_2s.jpg
集合地 JR坂越駅9:00 開会 CL・ AMさん挨拶 準備体操
頂いた地図を見ながらコース説明を聞く、どんな景色がルンルンでスタート
sak3_26_3s.jpgsak3_26_4s.jpg sak3_26_5s.jpgsak3_26_6s.jpg
9:30鉄塔広場で小休憩 衣服調整 水分補給
sak3_26_7s.jpg sak3_26_11s.jpgsak3_26_16s.jpgsak3_26_60s.jpg
 9:40急登の先に転落車!!  
 sak3_26_18s.jpgsak3_26_17s.jpg
10:23 後山頂上 251m 分岐地点
sak3_26_21s.jpg 
10:43 芽吹き前の山々はホンワリ白く(山笑う)風景の中に、
崩れ岩、砂利の急登を1歩1歩滑らないように登り振り返り眺める、
sak3_26_22s.jpg 
10:43
sak3_26_23s.jpg
sak3_26_25s.jpg
11:06 
sak3_26_t6s.jpg 
11:24 
sak3_26_t7s.jpg
11:32


sak3_26_t8s.jpg
11:35
sak3_26_27s.jpg

sak3_26_24s.jpgsak3_26_26s.jpgsak3_26_30s.jpg
12:10 今日のルートの最高地 高山299,3m 山陽道、高山トンネルの上
鉄塔広場へ到着  暖かい日射し半分日陰の展望場所を探しお弁当タイム 充分な休憩 
鉄塔近くの三角点確認後下山へ
sak3_26_28s.jpgsak3_26_29s.jpg 
12:20 
sak3_26_34s.jpgsak3_26_35s.jpg
sak3_26_38s.jpgsak3_26_41s.jpg
13:20
sak3_26_42s.jpg
13:27
sak3_26_43s.jpg
sak3_26_t9s.jpg
sak3_26_t2s.jpg
sak3_26_t10s.jpgsak3_26_t11s.jpgsak3_26_t12s.jpgsak3_26_t13s.jpgsak3_26_t3s.jpg
sak3_26_46s.jpgsak3_26_47s.jpg
sak3_26_49s.jpgsak3_26_t1s.jpgsak3_26_50s.jpg
14:03 最後の雄高台山へ到着  sak3_26_51s.jpg
sak3_26_52s.jpg sak3_26_53s.jpg sak3_26_54s.jpgsak3_26_55s.jpgsak3_26_t4s.jpg
ドウダンツツジの大木が延々と続く道 紅葉の頃に又訪れたい。
大山の元谷   砂滑り下山にも似ている高山への岩の沢が何回もあり
珍しい歩きをしました。

赤穂市街地の展望 赤穂城跡、駅、観覧車も見える海浜公園
千種川 河口、播磨灘に浮ぶ小豆島 周辺の山々をCr・Amさん
先輩から聞きながら、カメラキチはパチパチと・・・ 
絶景に目を奪われました。 今回も参加出来てよかった。
今日の1日を自然の山から元気を貰い楽しく過ごしました。
fkちゃん Tkさん写真ありがとう。 使わせて頂きblog up出来ました。

sak3_26_56s.jpg 
7:05 もたろう線(吉備線)ワンマンカーで帰宅 大勢が下車!!
 吉備津彦神社、イベント 賑やかな夕刻に帰宅しました。
スポンサーサイト

Tag:岡山徒歩の会  Trackback:0 comment:0 

奥神辺 春スキー

奥神鍋スキー
knb3_1Ar.jpgknb3_15_mr.jpg 
兵庫県 北部は、近年にない、豪雪3月春スキーに出掛けました。 
姫路から円山川沿い~播但線で 日本海にも近い豊岡日髙ヘ
遠き日 昔には一般道で度々滑った神鍋スキー場です。
knn3_15_1s.jpgknn3_15_3s.jpgknn3_15_6s.jpg
knn3_15_7s.jpgknn3_15_6s.jpg
knn3_15_8s.jpgknn3_15_20s.jpg knn3_15_12s.jpg knn3_15_10s.jpgknn3_15_11s.jpg
 knn3_15_13s.jpgknn3_15_16s.jpgknn3_15_17s.jpg 
岡山6時出発 奥神鍋 駐車場9時前(3時間弱)
今年も晴れの国岡山から兵庫県北部へ
雪景色 絶景を眺め乍ら・・・
昨今のTopニュース(森友学園、築地市場移転問題)
等と話題も尽きない、
knn3_15_19s.jpgknn3_15_22s.jpg 
神鍋スキー場で アップ神鍋はビギナー向け 昨年は雪が無くクローズ
麓の(ゆとろぎ温泉)に入りました。今年は、積雪も多く休日には、
ファミリーで賑わっていることでしょう。
knn3_15_23s.jpgknn3_15_26s.jpg knn3_15_27s.jpg knn3_15_29s.jpg
knn3_15_31s.jpgknn3_15_34s.jpg knn3_15_35s.jpg
兵庫県姫路播磨近くから北上 日本海に近い豊岡日高町は
予想外の天気となり、雪、霰、強風、ガス発生
目まぐるしく変わる。山陰独特の天気の中で滑りました。
顔を打つ霰が痛い!!視界も悪くゴーグル,眼鏡も外して
滑ったり 
一瞬 暗くなり春雷をゲレンデで聞く!!
突風で万場スキー場への連絡リフトが止まっている。諦めて休憩に入る。
リフトが動き出した。スキー場移動する何とかリフトが山頂へ着く 
林間コースで麓へと滑る。

人が少なく未圧雪の広く長いコースでルートが??林間コース 
途中 谷間に向かって居る?!引き戻して遙か下に仲間を見つける。
 
knn3_15_28r.jpgknn3_15_40sR.jpg   knn3_15_24Fr.jpg 
昼食に入ったレストランは貸切状態
シャンデリアはスズラン ランプのモチーフ、デラックス、
しかし、昼なのに数人のお客 このエリア 奥神鍋スキー場
のメイン広場 レストラン、ナイター、キッッズコーナーもあります。
数軒の食堂どこも よく空いている。悪天候で訪れる人が少ない。

knn3_15_37s.jpgknn3_15_38s.jpg 
knn3_15_21s.jpg knn3_15_39s.jpgknn3_15_41s.jpg 
knn3_15_43s.jpgknn3_15_44s.jpg 
兵庫、神鍋のスキー場  アップかんなべスキー場は神鍋山
奥神鍋・万場スキー場は蘇武岳に位置しています。
広大なスキー場です。スキーヤー・ボダーも存分に楽しめます。
懐かしく忘れられない思い出のスキー場は、
各競技大会も行なわれますが、施設ゲレンデとも、
リフト鉄柱に記された年代からしても昭和と
記され当時のままです。大自然の中のここスキー場の賑わいと
設備の充実を願いながら帰途につきました。

Tag:スキー  Trackback:0 comment:0 

倉敷ツーデーマーチ

3月11日 ツーデーマーチ
krsk_tdyA.jpg
 瀬戸内倉敷ツーデーマーチ』自然と親しみながら、体力づくり、
健康づくり、倉敷市の「歩く祭典」参加しました


krs_to_17s.jpg
開会式 大勢の参加者 人の渦   行列に並び出発を待ちました。
何も見えません聞こえません。何が行なわれ居るのか?

そんな時に、はっきりと聞こえる女性の声挨拶は倉敷市長
よく聞こえました。どうして・・・しかしその後も全く聞こえません、
準備体操もしていたらしいけれど? タイムオーバーで
やっと動き始めました。大勢の人に見送られて歩き始めました。krs_to_19s.jpgkrs_to_3sr.jpg
krs_to_18s.jpgkrs_to_15s.jpg
krs_to_22s.jpgkrs_to_1sr.jpg
krs_to_14s.jpgkrs_to_2sr.jpg
krs_to_21s.jpg
krs_to_23s.jpgkrs_to_26s.jpgkrs_to_25s.jpg
krs_to_24s.jpgkrs_to_28s.jpgkrs_to_27s.jpg
途中での案内や地域の皆さんの心からのご親切、心遣いに、
心が洗われました。甘酒   豚汁と美味しく頂きました。
現在は、参加するのが精一杯です。
歩きの会からのボランティア活動 過ぎた日が思い出されます。
ボランティア
船上山マラソン
krs_to_33s.jpg
krs_to_31s.jpg  
20kmコース 2313人 先頭は陸橋を渡り反対側 歩道を歩いています。krs_to_35s.jpg krs_to_36s.jpgkrs_to_37s.jpg krs_to_38s.jpgkrs_to_39s.jpg
12:00 熊野神社へ 豚汁の接待も受けて
お弁当とする。ブルーシートで座るスペースも準備されていました。

krs_to_40s.jpg
krs_to_41s.jpgkrs_to_42s.jpg
krs_to_44s.jpg
krs_to_43s.jpgkrs_to_45s.jpg
krs_to_46s.jpgkrs_to_47s.jpgkrs_to_30s.jpg

krs_to_50s.jpgkrs_to_52s.jpgkrs_to_53s.jpgkrs_to_54s.jpgkrs_to_56s.jpgkrs_to_48s.jpgkrs_to_55s.jpgkrs_to_59s.jpgkrs_to_60s.jpg
 14:35会場へ戻って来ました。 朝とは変わって、広場は、様々な
出店で賑わっていいます。

krs_to_62s.jpgkrs_to_61s.jpgkrs_to_63s.jpg krs_to_64s.jpgkrs_to_65s.jpg
倉敷川千本桜 入船橋(船倉町)から粒栄橋(有城)まで
約3kmの川沿いに、約千本の河津桜が満開でした。
倉敷川沿いを桜の名所にと植えられた木は未だ若木


14:30ゴール   受付Uさんの達の笑顔に迎えられる。
徒歩の会 数人が今日、明日とボランティア役員として
送り出して下さり、ゴールを喜んで下さった。
何時もお世話に成る先輩の顔に出会い喜びも一入でした。
krs_to_13s.jpg
krs_to_16rs.jpgkrs_to_11s.jpg
倉敷ツーデーマーチ2日間で11720人参加
参加者の皆さんの活き活きとした明るい笑顔
数人の方から声掛けを頂きました。
浜松~福島~青森からやって来ましたと・・・
全国各地から参加されて居るのでした!!

当地へも是非来て下さいと紹介も頂きました。
岡山の紹介は一緒に参加の先輩Dさんから・・・

どの様な歩きをされているのかしら?
聞いてみました。国内、海外も歩かれています。
豊富な話題と知識   情報に吃驚するばかりです。
krs_to_50s.jpgkrs_to_57s.jpg
此れまでも県内の乗り物、地理などでも解らなくて
度々失敗してきました。倉敷川沿いの河津桜を知りました。
3月梅の開花期に満開の桜が咲いていました。
倉敷ツーデーマーチに参加してとても良かった。

「歩くよろこび ふれあう心 夢と歴史の瀬戸の道」
 毎年3月第2週の土・日曜日に開催されます。
 来年も参加したい~体力の保持に頑張ろう、 
参加延人数 2日間で11720人でした。







 
...more

Tag:岡山徒歩の会  Trackback:0 comment:0 

ワカサ氷ノ山

わかさ氷ノ山
hyo3_7_6ra.jpg  今日はスキー日和と連絡を受けて早朝岡山を後にしました。
どこへ・・・今、未だ2mの積雪 やっぱり**兵庫、鳥取の 県境へ 
数十年ぶりに戸倉スキー場へと向かう。
宍粟の山々雪景色を眺めながらR29号 日本海方面へ夏登山で通った、
近く波賀町戸倉峠へと2時間チョット
hyo3_7_1s.jpghyo3_7_2s.jpg hyo3_7_3s.jpg hyo3_7_4s.jpghyo3_7_5s.jpg
 リンゴの『道の駅1号』「はが」で休憩   
hyo3_7_8s.jpg 
国道29沿い 引原川 引原ダム 音水湖をチョット散歩休憩
hyo3_7_9s.jpg hyo3_7_10s.jpghyo3_7_12s.jpg2016年9月 音水湖 
音水湖 雪の堤防 右端の写真リンク⇒藤無山登山9月14日  音水湖
hyo3_7_13s.jpg
新戸倉スキー場へ到着・・・何とな変 看板は壊れ人の気配が無い。
除雪もされてない、ロープが引っ張ってある、どうやらスキー場は閉鎖
されて居るようです。途中の看板にもスキー場は記されているのに!!

それではと 古いスキー場 戸倉スキー場 
軽トラ2台と2.3人の地元の人が居られる。
スキー客がいません。ロッジに明かりが点いている。
戸が開かないので覗き見ると物置状態、
向いに見える登行リフトが急斜面を登っていく
リフト乗り場までも圧雪も無い。
どうぞ滑って下さい、と云われて・・・引ける。
hyo3_7_15s.jpghyo3_7_16s.jpg
戸倉峠をぬけて、鳥取県へ、わかさスキー場へと移動
峠を下り若桜町へ 可って、あれ程 賑わい大勢が滑ったスキー場が 
閉鎖されて居る!! 新戸倉は、スキーの全盛期に開設され4人乗り
リフトが造られて居た。 驚きと共に何とも淋しい・・・

hyo3_7_31s.jpghyo3_7_22s.jpghyo3_7_18s.jpg
hyo3_7_19s.jpghyo3_7_20s.jpg
やっぱり、若桜のスキー場へ来ました。昨日の雪でゲレンデは、
新雪を楽しむ事が出来て今回が一番のコンディション 
樹氷チャンピオンリフトも動いている。 
午後からはゲレンデ移動 イヌワシコース 
誰も滑ってない、グルーミングされたコースに新雪がある、
珍しい事です。その内100人近い学生が到着 
滑り始めたら、リフト待ちも・・・  それまでしっかり滑ろう。
準備してゲレンデに出て来た生徒さんを前にして、
先生の話しは、何時までも続く・・・
そして、リフト乗り場へとやって来た。 それでは、此所でシッレイ
樹氷アルパインコースを滑ってから帰る事にしました。
hyo3_7_23s.jpghyo3_7_24s.jpghyo3_7_25s.jpghyo3_7_26s.jpghyo3_7_29s.jpghyo3_7_28s.jpghyo3_7_30s.jpghyo3_7_27s.jpghyo3_7_32s.jpg
今日は若桜の麓の温泉『ふれあいの湯』で温まって帰りました。
それにしても、あんなに賑わい大勢が滑り、新戸倉スキー場も開設したのに
もう無くなっていました。
ここ わかさスキー場の継続と地元高齢者がにこやかに、
スキー場で働く姿 ウナギの寝床と言われた昔し民宿など無くなり、
町全体が豊かになっています。
 


Tag:スキー  Trackback:0 comment:0 

白石島

白石島
sri_tp_A1.jpg
 
白石港→海岸→展望台→鎧岩→開龍寺→白石港 
瀬戸内海 国立公園、白石島は、周囲約10km 観光名所として、
大勢の人が訪れます。 笠岡港から船で渡ります。笠岡諸島で2番目に
大きい白石島 大小31の島々が有ります。高島、白石島、北木島、真鍋島、大飛島、
小飛島、六島の7島が有名です。無人島? 学校は?
少し調べてみよう。


よく整備されたハイキングコースを歩きました。鎧岩等の奇岩と海の美しい景色、
開龍寺や仏舎利塔といった建造物と変化に富んだ絶景を眺めました。
sri3_5_1s.jpgsri3_5_3s.jpgsri3_5_4s.jpg sri3_5_5s.jpg
sri3_5_6r.jpgsri3_5_8s.jpg 
白石島海水浴場 白い砂浜広々とした海岸
目の前には弁天島 瀨戸内海を眺めながら
瀬戸山の会 開会式 準備体操

sri3_5_7s.jpg
sri3_5_9s.jpgsri3_5_11s.jpgsri3_5_12s.jpg sri3_5_14s.jpgsri3_5_16s.jpgsri3_5_17s.jpgsri3_5_18s.jpgsri3_5_19s.jpgsri3_5_22s.jpgsri3_5_27s.jpgsri3_5_32s.jpgsri3_5_36s.jpgsri3_5_35s.jpgsri3_5_34s.jpgsri3_5_33s.jpg
ミツマタ          ツバキ

sri3_5_23s.jpgsri3_5_25s.jpg 
sri3_5_26s.jpg sri3_5_28s.jpgsri3_5_29s.jpg
sri3_5_29s.jpgsri3_5_31s.jpgsri3_5_37s.jpgsri3_5_41s.jpgsri3_5_45s.jpgsri3_5_42s.jpg
マンサク        ?            スイセン         
sri3_5_38s.jpg
国指定重要無形民俗文化財の「白石 踊」源平水島合戦の戦死者の霊を弔う
ために始まった 歌を聞かせて貰いました。とんがった建物は、仏舎利塔
sri3_5_43s.jpgsri3_5_50s.jpgsri3_5_40s.jpgsri3_5_52s.jpgsri3_5_46s.jpgsri3_5_57s.jpgsri3_5_53s.jpg
sri3_5_58s.jpg 
瀨戸内海の島 笠岡市白石島で奇岩・巨石を廻って仏舎仏塔 開龍寺 
白石踊りの歌を聞きました。 島をハイキング
連絡船で景色も見たくて船室に入らないで、塩の香、海風を受け
笠岡港~笠岡駅ー岡山ー備前一宮へ戻りました。
今日は早々と帰宅 吉備線への乗継ぎもラッキーでした。
 庭の沈丁花が今日は仄かに香ってきました。
sri3_5_59s.jpg
 


Tag:山歩き  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

mount

Author:mount
2002年から伯耆大山の麓で『シニアライフ』 
大山暮らしの日々 感動を記録に残したくて
PCに挑戦 H,Pを始めました。四苦八苦で何回と無く
挫折しながらも継続しています。
数年後には、BLOGが始まりました。
BLOGとHPと両方でリンクして
日々の暮らしを画像日記で記録しています。

鳥取で始めた山歩き・SKIクラブに入会 公民館講座
と親友の輪も広がり楽しく過ごしました。
10年近くして無縁だった病気に成り帰岡
岡山で再び山歩き会・SKIに入会 仲間との出会い
元気を貰って第二のシニア ライフ
私の林住期 岡山暮らしHP/BLOGと続けて書いてます。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。