毛無山


ブログの再編集ページへ移動
みつがしわ山の会』4月例会    

毛無山 (1218・4m) 登山  俣野 コース

毛無山 4月例会 
サージタンク(調圧水槽) 9:30集合開会式 10:00出発→10:30四合目展望台
→11:00五合目→11:30カタクリ原生地の広場→
12:00毛無山 山頂 お弁当休息  12:40下山→14:15登山口 閉会式
  
 

写真 サムネイ 説明   
kn4_30_40.jpg   kn4_30_41.jpg
 カタクリ
登山口 看板 出発地(俣野 サージタンク広場) 9:30 出発地からの大山展望  準備体操
サージタンク 広場(標高800m) 尾根に残雪の大山 正面に見える、会開式 準備体操   
二合目 急坂登りの登山道が続く  10時 約30分 登って・・・ 急坂 寒かったのに・・・汗ばんでくる。
 10時 登山道へと出発 
  小休止 芽吹き始めた山の冷気にリフレッシュする  登山 キャリアの先輩との歩き いろいろ教えて貰ってます。。 11:00 5合目 通過 
急坂の登山道 芽吹きの木々間に花を見 景色も眺め 水分補給 衣服調整と休憩もしながら歩く 
沢に雪を残した大山の東壁と烏ヶ山を正面に展望 感無量!!   高齢者グループ景勝地へ余裕の到着  秀峰 大山 
総勢47名の登山 2班に分かれて登る高齢組の16名 会話も楽しみながら登山 

10;40 展望台 1時間の歩きで到着
 展望 どの位置からも大山が見える、絶景に癒される。 弓ヶ浜美保半島 日本海から谷合いの田浪集落まで見える、      展望台 懐かしい大山を眺め  中国山地の山並み 日本海、弓ヶ浜 美保 半島も見える。
『力岩』 6合目 どっしりと力が貰えるかな!! 6合目 力岩の所 『無法松』 ?大自然の中 風雪に耐えた奇麗な老松
ブナの古木  6合目の『力岩』 右は『無法松』 風雪に耐えて活花のように奇麗な松 命名の意味 
カタクリ 自生地の看板 カタクリ 自生地 ブナ林の丘 広場八分咲き 12:00 山頂 到着 
カタクリの原生地 広場 ケヤキの林の中 八分咲き 開花カタクリを貼付ける。
山頂 秀峰 大山を遠景にして・・・(高齢者グループ) 毛無山1218m 山頂に立つ 『大山隠岐国立公園』 ここは岡山県 下山休憩 (半年間 病後の休養 トレ-ニング 今回 登山へ復帰Ydさん    
12時 ハイSinia も山頂へ到着 、お弁当 休息 

高原は爽やかな風が心地よく 写真を写したり、景色を眺めたり、
もう少しのんびりしたかったなぁ~と最後まで 頂上にいるmount   
大山 烏ヶ山、中国山地の山並み 田浪 登山口 周辺集落も見えて絶景
天気予報 雨の確立も高い中で心配な登山が うれしい事に雨具は
リュックから出す事も無く、下山時はは、太陽も見えてた。
『みつがしわ山の会』 登山2013年度 スタートが出来ました。

カメラの不調で カメラを諦めてポイントも見過ごしての登山 
Kwさん、Ydさんに相談、お蔭さまでカメラのOFFが可能に成り、
写真に夢中 しかし、登山途中の遅れ・・・急勾配の登り 
息を切らしハァハァと苦しい歩きで追っかけて登りました。
そこには、カタクリの花が群生 苦しかった事も忘れて大自然の中で
写真を写し、山歩きの楽しみの中に過しました。
スポンサーサイト

Tag:山歩き  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

mount

Author:mount
2002年から伯耆大山の麓で『シニアライフ』 
大山暮らしの日々 感動を記録に残したくて
PCに挑戦 H,Pを始めました。四苦八苦で何回と無く
挫折しながらも継続しています。
数年後には、BLOGが始まりました。
BLOGとHPと両方でリンクして
日々の暮らしを画像日記で記録しています。

鳥取で始めた山歩き・SKIクラブに入会 公民館講座
と親友の輪も広がり楽しく過ごしました。
10年近くして無縁だった病気に成り帰岡
岡山で再び山歩き会・SKIに入会 仲間との出会い
元気を貰って第二のシニア ライフ
私の林住期 岡山暮らしHP/BLOGと続けて書いてます。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR