スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

矢筈山 登山 

矢筈山  
マップ 中国地方 晴天の日を選んで加茂町の矢筈山へ登りました。   
 因美線JR 知和駅近く 千磐神社の登山口から~
矢筈城史跡 山頂へ往復登山をしました。

県南は桜も散って若葉の季節 ここで満開の桜に出会うとは、思いがけなく・・・ラッキー


県北 因美線 なじみが薄く解りません。 カーナビとネットでの下調べ
地図も持って出かけました。 2013/4/11
 



因美線 知和駅
 桜が満開   国道側に千磐神社と広い駐車場がある。     
千磐神社境内 杉の神木 と藤の巨大かずら!! 登山マップと杖が用意されていました。 ありがとう。 千磐(ちわ)神社 横からの登山道
JR知和駅を過ぎて しばらくすると右手に千磐(ちわ)神社 
   神社の横の登山口から登る。登山案内地図、杖も用意されています。

10:24 急な登坂が続く汗して40分大岩へ到着  11:15 丁度 中間地点 尾根の広場 橿台 難しい漢字標識・・・
登山道の整備、標識と行き届いた管理に驚きました。急坂道が長々と続きやっと40分で大岩到着
 
狼煙場跡 山麓からよく見える山頂の丘にあります。」  尾根の稜線の歩き 山頂 稜線に咲く馬酔木(アセビ)   
成興寺丸 次々に標識 
 矢筈山 保存会により看板も詳細に心遣いされています。 本丸まで後少し‥登山道には杭が並べられ歩きやすい
思いもしない…氷雨がパラパラと寒い天気となりました。 
稜線の歩き 景色が見えません。 城跡の標識 看板から此処での、
戦国時代 戦いに明け暮れた先人をしのびました。 


矢筈城跡 矢筈山(756m) 晴れ~小雨に!~霙に!!頂上近く雪!!!雪吹雪にと急変!! 急登り長々と続く 杭の階段
急坂の登山道に杭の階段 氷雨は雹にそしてボタン雪がひらひらと舞う山頂 本丸跡に到着
風雪を避け岩陰でお握り、お味噌汁、おやつ、コーヒーの昼食をして下山しました。 

雪吹雪 岩陰でおにぎり ホットコーヒのお弁当・・・  国道から臨む 矢筈山  
y13_3_11_23.jpg 

 文化遺産 矢筈城跡 矢筈山 (756m) 
山頂部がV字形になり、矢筈のような格好 この名が付いた。
 戦国時代に 草刈氏が城を構え、毛利氏に従って秀吉群と戦ったと伝えられ
本丸、二の丸、三の丸、馬場などの跡がたくさん残っている。 山頂でした。
どのような城が此処に建っていたのかしらと・・・
 
今回は、防寒も雨具も不携帯の登山 予報のお天気マークは通用しない県北
(山陰、大山暮らしと同じ…山の天気・・・)
 
今回の、山歩き、忘れられない、 4月半ば 雪に出合った桜が満開だった。
矢筈、小矢筈と山の名前 由来も知りました。 (大山 縦走で矢筈山→小矢筈→甲ヶ山→勝田ヶ山→船上山)
2回の体験 苦しい歩きを思い出すのでした。
  
晴れ⇒氷雨⇒霙(ミゾレ)⇒ボタン雪⇒粉雪 矢筈の天気でした。 

スポンサーサイト

Tag:山歩き  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

mount

Author:mount
2002年から伯耆大山の麓で『シニアライフ』 
大山暮らしの日々 感動を記録に残したくて
PCに挑戦 H,Pを始めました。四苦八苦で何回と無く
挫折しながらも継続しています。
数年後には、BLOGが始まりました。
BLOGとHPと両方でリンクして
日々の暮らしを画像日記で記録しています。

鳥取で始めた山歩き・SKIクラブに入会 公民館講座
と親友の輪も広がり楽しく過ごしました。
10年近くして無縁だった病気に成り帰岡
岡山で再び山歩き会・SKIに入会 仲間との出会い
元気を貰って第二のシニア ライフ
私の林住期 岡山暮らしHP/BLOGと続けて書いてます。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。