中蒜山 登山

紅葉晩秋中蒜山登山



上蒜山(1202m)・中蒜山(1122m)・下蒜山(1100m)
蒜山は西から三つの山が連なり「蒜山三座」と呼ばれます。

下蒜山(2012年5月例会登山) 上・中蒜山は、未踏 
県北 最終登山として中蒜山に出かけました。

私のお気に入り県境越えルート 一般道R181経由で 新庄村
野土路乢ーから蒜山高原へ ベアバレースキー場 経由で登山口へ 
写真 拡大
hiru_wd6.jpg

野土路トンネルを抜けると、蒜山三座が!!
ススキの原野 スキー場の中、正面に蒜山、皆ヶ山、大山、三平山
絶景に感動 高原の空気に包まれる。 hiru_wd4.jpg
大山 南壁、早くも雪帽子・烏ヶ山も薄化粧 冬到来の11月末 
(この景色を眺めたくて、大山の西壁 伯耆町への通路としていた。)
hru85.jpg    
左側に三平山 ( 初回登山で7年前に登った。ササユリが咲いていた、
運動靴 ジーンズ・・・スタイル )


中蒜山登山口 到着 
hru23R_20141217130847f8c.jpg 
写真 拡大
hru56R.jpg hru57R.jpg hru58R.jpg 

hru59R.jpg hru60R.jpg hru61R.jpg 

hru63R.jpg hru66R.jpg hru30R.jpg

hru68R.jpg hru69R.jpg hru32R.jpg

hru26R.jpg hru35R.jpg hru47R.jpg

hru34R.jpg hru39R.jpg hru73R.jpg

hru76R.jpg hru41R.jpg hru83R.jpg
写真 拡大

hruwd_1R.jpg

上蒜山の遠方に東大山の山容 展望に思い出がいっぱい 懐かしい山々 
 琴浦町の発電風車 赤崎港 海岸線・・・ 胸がつまります。(歳のセイ!加齢!)
 東大山の山並 矢筈、小矢筈、甲、勝田ヶ山、船上山  特徴ある山容
東大山 船上山 
東大山 東端の船上山(隠岐に流された後醍醐天皇の行在所址(あんざいしょ) 
船上神社があります。日本海の展望を天皇も大層喜ばれたと・・・
  
hru_wide.jpg
 
山頂まで落葉の登山道 急登 鎖の岩場もあります。
潅木の間からは、蒜山平野 ベアバレーも見える。

hru71R.jpghru_65.jpg
イワカガミ(葉は常緑 鏡のような光沢がある、
花期6~7月 花弁は5っに別れさらに細く分れている。) 

 hru18R.jpg    

登山道の入り口 「塩釜冷泉」 周辺には塩釜キャンプ場
山菜市場 水車 駐車場 食堂 等 設備が揃っています。


hru17R.jpg hru22R.jpg 

hru9R.jpg hru10R.jpg
麓は、今が紅葉の真盛り 昨日までの雨 登山者は少ない、  
hru16R.jpg hru21R.jpg hru25R.jpg 
塩釜の名水を汲む人は大勢います。   
hru19R.jpg hru20R.jpg 

hru15R_20141217162027571.jpg

 hru12R.jpg  

hru13R.jpg 
   



4月に登った雨乞山
急登の短縮コースからの縦走を試みた‥‥
迷い、迷って 涙と汗の登山 諦めた その時に山頂へ出た!! 
山頂から~下山は登山道もしっかりしていて展望もよく
反射板の下山道は終始 素晴しかった。苦しかった登りも忘れて
遠くに大山も見えて 国道通過時 車窓から写す。
hru8R.jpg hru3R.jpg 

 hru6RR.jpg  


 

    
 



スポンサーサイト

Tag:山歩き  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

mount

Author:mount
2002年から伯耆大山の麓で『シニアライフ』 
大山暮らしの日々 感動を記録に残したくて
PCに挑戦 H,Pを始めました。四苦八苦で何回と無く
挫折しながらも継続しています。
数年後には、BLOGが始まりました。
BLOGとHPと両方でリンクして
日々の暮らしを画像日記で記録しています。

鳥取で始めた山歩き・SKIクラブに入会 公民館講座
と親友の輪も広がり楽しく過ごしました。
10年近くして無縁だった病気に成り帰岡
岡山で再び山歩き会・SKIに入会 仲間との出会い
元気を貰って第二のシニア ライフ
私の林住期 岡山暮らしHP/BLOGと続けて書いてます。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR