熊山登山 (反射板コース)


熊山登山 (反射板コース 、石積展望広場) 

3月16日 熊山 test 登山では体力の減退を痛感!!
3月23日 再度熊山へ トレーニング

高速高架下を通り抜けて№,9の鉄塔 登山口から登る。



 資料を手にして記載通り、いきなり急登りハァ、ハァと息をきらし、
懸命に登る、周囲を眺める余裕も無く草木に掴まり、ストックを使い
 一歩 一歩登る。

汗がポタポタと落ちる、戻り寒波で寒かったのも束の間 
見上げる前方は何処までも直線的な急登の山壁が続く、
漸くに№,10鉄塔に出る、樹林に入り周囲の樹木に目を向ける。
ツツジの蕾が膨らんでいる、早くもピンクに咲いてる木も見える、
反射板に到着
kmym4_23r.jpg 那岐山 双眼鏡で何となく・・・見えて??シャッターを押す、写っていました。
反射板が聳える、 僅かに雪が見える 那岐山
kmym4_6r.jpg kmym4_7r.jpg kmym4_9r.jpg 
スタート地   山陽道の上下トンネルが見える
kmym4_14r.jpg kmym4_13r.jpg kmym4_15r.jpg
  №10鉄塔      ツツジ膨らんだ蕾
kmym4_16r.jpg kmym4_19r.jpg kmym4_22r.jpg
  
コバノミツバツツジ 早咲き  ヤブツバキ 終わり 花が落ちている、 3ッ石
kmym4_10r.jpg kmym4_12r.jpg  kmym4_17r.jpg

kmym4_20r.jpg kmym4_18r.jpg kmym4_21r.jpg
  
360度の石積の展望広場に到着  
風が強く冷たくい石積の影に入り 休憩お弁当
展望は雪帽子の大山、那岐山も見えると期待していたのに‥・
見えない。玩具のような双眼鏡を出して眺めると、わずかに白い物が

確認が難しいままにシャターを押す(パソコン上では見る事ができました。)
早い雪解けに驚きました。南には、ドームから岡山市街地、
金甲山 小豆島、瀬戸内海と眺めました。 

kmym4_36r.jpg kmym4_26r.jpg 
kmym4_29r.jpg
石積の展望広場  春霞‥・ 吉井川は岡山港へ入る
kmym4_30r.jpg kmym4_27r.jpg kmym4_28r.jpg 

kmym4_41r.jpg kmym4_40r.jpg kmym4_39r.jpg

kmym4_37r.jpg kmym4_42r.jpg kmym4_50r.jpg

kmym4_47r.jpg kmym4_45r.jpg kmym4_51r.jpg

kmym4_52r.jpg kmym4_54r.jpg kmym4_55r.jpg
下山も予定していたコースには入れない儘に熊山道からの下山 
地図を度々眺めながらも、やっぱり難しい‥・ 

熊山 大杉、神社石段へ出る
上の展望小屋から池迄降りて、其の儘に登る元の熊山道に合流  
下の展望台からは雪の大山を眺めた リンク
初 熊山登山 
3年前の感動の小屋 今日は見えない。

此の儘に下山すると熊山駅近く‥・ 出来るだけ登山口を目指して、
左方向へ入ろうとする。滝尾山山頂に上がり‥・引き戻す。
初めての場所へ寄り道しながら、やっぱり熊山登山口へと下りた。
白稜高校のグランドをそ~と歩かせて貰い駐車位置へと戻りました。

今日は、トレーニングがしっかり出来ました。
きつい登り、短縮と思い入り込んで何回も引き戻す
熊山は、想像以上に巨大な山 コースも多くて難しい
1週間前の歩きより難度も高いコースでの訓練となりました。

スポンサーサイト

Tag:トレーニング  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

mount

Author:mount
2002年から伯耆大山の麓で『シニアライフ』 
大山暮らしの日々 感動を記録に残したくて
PCに挑戦 H,Pを始めました。四苦八苦で何回と無く
挫折しながらも継続しています。
数年後には、BLOGが始まりました。
BLOGとHPと両方でリンクして
日々の暮らしを画像日記で記録しています。

鳥取で始めた山歩き・SKIクラブに入会 公民館講座
と親友の輪も広がり楽しく過ごしました。
10年近くして無縁だった病気に成り帰岡
岡山で再び山歩き会・SKIに入会 仲間との出会い
元気を貰って第二のシニア ライフ
私の林住期 岡山暮らしHP/BLOGと続けて書いてます。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR