船通山

船通山 1142.4m (せんつうざん)
sntu_tizu1.jpg
 登り オレンジ色~健脚コース  下山 茶色~一般コース
ktkra.jpg

 鳥取県日南町と島根県奥出雲町との県境にある山
船通山登山 前日の午後に急な事に参加させて貰う事になりました。

今回のコースから 始めて登りました。
沢沿の急登も周辺には、たくさんの花が咲いて、
写真も写したり、会話も楽しみながら歩きました。

sntu_2R.jpg sntu_5R.jpg sntu_8R.jpg    
 sntu_4R.jpg sntu_3R.jpg 
ktkrR_20150507084549714.jpg 駐車場 登山口には, 休憩舎 標識 地図 登山コースなどが完備
この標識の場所から船通山を眺望してから出発  9時
右に見える山 山頂へ、一歩一歩 登ります。
sntu_17R.jpg sntu_9R.jpg sntu_11.jpg
 沢沿いの急登 お花  イチリンソウ  キケマン
sntu_80R.jpgsntu_48R.jpg sntu_32R.jpg
エンレイソウ   フデリンドウ   カタクリ
b02R.jpg sntu_15R.jpg sntu_16R.jpg
 イチリンソウ  ヤマシャクヤク (避難小屋 近くで見かける、未だ蕾) 
『セツブンソウ、ネコノメソウ、イカリソウ』等 たくさん花が咲いていました。 
 sntu_18R.jpg
 イチイの木の横を登る、もう直 頂上
sntu_82.jpg
        ktkr_e.jpg ktkr_d.jpg一面に咲くカタクリの花 保護の囲い 
この平坦な独特な山頂、大山の家から眺めていたのに~
確認できない 大山  
sntu_26R.jpg 
  
sntu_05.jpg sntu_37R.jpg sntu_29R.jpg
ktkra.jpg 山頂での写真   写しましょうと・・・親切なカメラマンに出会ってのー枚 
   鳥居の下でお弁当を食べてる女性! 
sntu_34R.jpgsntu_38R.jpg  sntu_40R.jpg
山頂は、満開のカタクリの花  (前には、こんなに たくさん では無かった!!)
 
sntu_01.jpg sntu_49R.jpg  
一般コースでの下山 此処で健脚コースと合流 金明水の水場へ降りてきました。
 ktkrR.jpg 出発して間もなく、しんどく成った場所 『金明水』 
椅子に掛けて休憩中のご夫婦から (先に、座り込んで居た方ですね、
金明水で飲んで元気を出して下さい。)
と 薬を頂きました。
元気復活、心配を掛けた仲間の前を山頂まで、
しんどかった事が嘘のように歩けました。漢方薬も持っていたのに・・・
それも、思いつかない 出せない 突然の苦しさ気力の減退でした。  
sntu_45R.jpg 
sntu_41R.jpg
ガマズミの花 (タムシバの白い花も見られました、)             
 
  ktkr_b.jpg中国山地の山々に春の季節  船通山の独特な山容は、
玄関先に眺め乍の10年間の、いなか暮らし
、近所の人、友人 夏休み大山入りする家族と、
山歩き ハイキングを楽しんだ日が思い出されました。
船通山も、大勢の人が楽しめるように、しっかりと
整備され 一面にカタクリの花が増えていました。
健脚コースは、お花の鑑賞ロードktkrR_20150507084549714.jpg
又、歩きたい 比婆山系の山々
ゆっくりと、山頂で、休憩 お弁当 、写真も写し
下山 それでも12時  鬼の舌震ヘ 寄って帰る事になりました。 
ktkr_d.jpg
リンク鬼の舌震  リンク山歩きNo,2
 戻る⇒船通山TP  リンクH・P
 
  
スポンサーサイト

Tag:山歩き  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

mount

Author:mount
2002年から伯耆大山の麓で『シニアライフ』 
大山暮らしの日々 感動を記録に残したくて
PCに挑戦 H,Pを始めました。四苦八苦で何回と無く
挫折しながらも継続しています。
数年後には、BLOGが始まりました。
BLOGとHPと両方でリンクして
日々の暮らしを画像日記で記録しています。

鳥取で始めた山歩き・SKIクラブに入会 公民館講座
と親友の輪も広がり楽しく過ごしました。
10年近くして無縁だった病気に成り帰岡
岡山で再び山歩き会・SKIに入会 仲間との出会い
元気を貰って第二のシニア ライフ
私の林住期 岡山暮らしHP/BLOGと続けて書いてます。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR