スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

赤磐・倉懸山

倉懸山(405m)

熊山登山で吉井川を境にして正面に眺める鉄塔の高い山は?
いつも気がかり・・・山友から展望も好いと聞いて、地図を調べて吃驚
たくさんの山の名前が出てきました!!
登山道へは山陽町側 可真地区から大盛山へと鉄塔の山を目指して歩きました。


(赤磐市可真下)
kra9_23d.jpg krm9_27i.jpg

kra9_23_1R.jpgkra9_23_4R.jpgkra9_23_5R.jpgkra9_23_31.jpg
加山集落を通り 尾坂峠から北へ入る(倉懸山への標識あり)krk9_23h.jpg
展望広場から吉井川上流方向 
krk9_23g.jpg                                  
正面には吉井川橋 熊山 絶景の展望
kra9_23_18R.jpgkra9_23_13R.jpgkrm9_27e.jpg

竹で作られた展望台 上手く組まれて居る。 展望台に1段づつ登りながらも、
周囲の景色がよく見え素晴らしい 南東方向に「吉井川、熊山も、熊山の鉄塔も見えてる。
 倉懸山三角点ベンチ、テーブルもあり展望広場でお弁
 
kra9_23_14R.jpgkra9_23_15R.jpg

 kra9_23_27R.jpg
kra9_23_23R.jpgkra9_23_33.jpgkra9_23_32.jpg   
石積遺跡の上に大木が倒れている。 延々と続く椿の群生地を下る。
花の季節は、一面赤い椿の絨緞になるであろう・・・
kra9_23_2R.jpgkra9_23_20R.jpgkra9_23_30.jpgkra9_23_34.jpg  
  ハギ    ヨツバヒヨドリ  センブリ 
下山は、鉄塔フェンスの周囲を探すも雑草で踏み込めない‥・
展望広場へ戻り、周囲の雑草の中に石段を見つけて 此処からの下山とする。
迷い道かと不安な下山 道なき道を北方向へ、かすかな踏跡らしきを辿る。
出会う人も無い 荒れた道を登り、下り そして 標識に到着
石積遺跡 椿群生地へと周遊コースで下山した。


スポンサーサイト

Tag:山歩き  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

mount

Author:mount
2002年から伯耆大山の麓で『シニアライフ』 
大山暮らしの日々 感動を記録に残したくて
PCに挑戦 H,Pを始めました。四苦八苦で何回と無く
挫折しながらも継続しています。
数年後には、BLOGが始まりました。
BLOGとHPと両方でリンクして
日々の暮らしを画像日記で記録しています。

鳥取で始めた山歩き・SKIクラブに入会 公民館講座
と親友の輪も広がり楽しく過ごしました。
10年近くして無縁だった病気に成り帰岡
岡山で再び山歩き会・SKIに入会 仲間との出会い
元気を貰って第二のシニア ライフ
私の林住期 岡山暮らしHP/BLOGと続けて書いてます。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。