兵庫県 黒鉄山

toho_2016_1.jpg黒鉄山を歩く
2月28日
tnw2_28_tz.jpg
2月最後の例会登山 兵庫県 黒鉄山へ17km 
赤穂線の天和駅からの歩き鷏和(てんわ)市街地を通り
山陽道ー新幹線橋脚下を通って、前方に眺める黒鉄山へと歩く
黒鉄山の山頂稜線に建物? ビルの様にも見える?     (写真 スライド、拡大)
tnw2_28_2.jpgtnw2_28_3.jpgtnw2_28_5.jpg
tnw2_28_7.jpgtnw2_28_6.jpgtnw2_28_8.jpgtnw2_28_9.jpgtnw2_28_11.jpgtnw2_28_14.jpg
10:00獣柵を開き 急登のジグザグ 登山道 黒鉄山へと向かう。
tnw2_28_13.jpg 
 10:40 水分補給 ジグザグの急登は石がゴロゴロと歩き難い、小休止
tnw2_28_16s.jpg
11:00 登山口から1時間の登り 山頂には大きな電波反射板が設置してありました。
これが、麓から見えていたのでした。 スライド 写真
tnw2_28_19.jpg
tnw2_28_20s.jpgtnw2_28_23.jpgtnw2_28_24.jpg
山頂の三角点と鉄山430m標識  
tnw2_28_26.jpgtnw2_28_28.jpg
続けて百閒岳430m 山頂広場でお弁当 360度の展望 赤穂 播磨灘の島々
小豆島も見えてるはず・・・ 快晴の登山日和 しかし、白く霞んで展望は無い、
当日は黄砂が季節風に乗って降ったのでした。 当日の天気図を調べて見ました。 
 
tnw2_28_30.jpgtnw2_28_25.jpg
  アマチュアもプロカメラマンも入会していた大山の山の会 何時の間にやらmountも  
カメラが離せない山歩きとなった。 個人情報と厳しい規制の中で‥・この風景、この情景と
シャッターを押す。  そんな時に一緒にと駆け寄ってくれた山友の笑顔 
とても嬉しくて心が和み、写させて貰いました。ありがとう。
tnw2_28_31.jpgtnw2_28_32.jpg
tnw2_28_32s_20160302161803cdc.jpg
下山は黒鉄山へと引き返して途中の分岐から笹谷へと急傾斜の下山
要注意、せせらぎを耳にして間も無く 渓谷の川が見えてくる。
谷川を渡る 右岸へ左岸へと繰り返す 次第に水の量も多くなり、
濡れ石も・・・要注意 そんな中、一歩踏み出してツルリと滑った。
水の中に座り込む、先輩の手に掴まり立ち上がれた!! 大失敗の沢渡り・・・
tnw2_28_36.jpgtnw2_28_40.jpg
友達が気遣って何回も<<<水を拭いて下さり乾いた、 そして登山口へゴール 
続いて、赤穂線 天和駅へ ト・ト・ト 急ぎ帰って来ました。
tnw2_28_18.jpgtnw2_28_s38.jpgtnw2_28_29.jpg 
mont_2016_1.jpg兵庫県の黒鉄山 県境 近くの山への歩き、今日もたくさんの事を
体験しました。赤穂線の列車の少ない事には驚きました。乗り遅れると1時間後、
下山後には全員が駅へと急ぎ足、早い歩き、その足がピタリと止まる。もう、間に合わないと
ノンビリ歩きにと変わった。天和駅へと長い平地歩きで戻ってきました。
天和駅から乗り継ぎ、乗換えて、思いの他に早く岡山駅へ到着 続けて、
津山線にも直ぐ乗れて帰宅しました。
徒歩の会 皆さんの知識の凄さは、山だけでなく列車の連絡と乗換え等!!
今回も、ついてウロウロするばかりのmountです。お世話に成りました。
ありがとうございました。
黄砂が降った日の天気図 晴 最高気温10,2℃ 最低5,4℃ 西風11m
2月29日 県南の天気図


スポンサーサイト

Tag:山歩き  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

mount

Author:mount
2002年から伯耆大山の麓で『シニアライフ』 
大山暮らしの日々 感動を記録に残したくて
PCに挑戦 H,Pを始めました。四苦八苦で何回と無く
挫折しながらも継続しています。
数年後には、BLOGが始まりました。
BLOGとHPと両方でリンクして
日々の暮らしを画像日記で記録しています。

鳥取で始めた山歩き・SKIクラブに入会 公民館講座
と親友の輪も広がり楽しく過ごしました。
10年近くして無縁だった病気に成り帰岡
岡山で再び山歩き会・SKIに入会 仲間との出会い
元気を貰って第二のシニア ライフ
私の林住期 岡山暮らしHP/BLOGと続けて書いてます。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR