スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

那岐山 

那岐山 登山 1255m
中国山地の秀峰 那岐山は岡山県と鳥取県との県境に聳える連山、
東から那岐山,滝山,広戸山へと縦
走 
山頂からの展望は、360度の大パノラマ
日本海から瀨戸内海と四国まで絶景を楽しむ事ができました。
ngtz_1a_2.jpg  

ng10_15_1R.jpgng10_15_2R.jpgng10_15_4R.jpg
9:38車を上まで上げると早くも満車 次々に車がやって来て同じように引き返しています。
U-タンしています。少し下ったカーブ手前の道路脇に駐車9:44 
ng10_15_6R.jpgng10_15_7R.jpgng10_15_8R.jpg
登山道は標識もしっかり付けられています。先ずは大神岩1000mを目指す。
1人の50代?男性Aさんに出会い話しながら登る、
ng10_15_9R.jpgng10_15_10R.jpgng10_15_11R.jpg 
10:57大神岩へ到着。Aさんは此所から下山されました。 
ng10_15_12R.jpgng10_15_13R.jpg 
11:26 八合目
ng10_15_15R.jpg 
11:26自然林の中は笹がきれいに生えている。
ng10_15_16R.jpgng10_15_17R.jpgng10_15_18R.jpg 
11:32 稜線の手前の急登箇所で、「須佐之男命」の文字が刻まれた岩(神仏ポイント) 
今回初めて見ました。 此所を過ぎると!!
ng10_15_19R.jpg 
11:41笹尾根の稜線 那岐山を眺める。
ng10_15_21SA.jpg

11:42 どの山へ登ったのだろう?汗して登った山々 袴ヶ仙(袴に似て堂々とした山容)
日名倉山(
ベルピール鐘楼門も確認)(写真拡大⇒クリックはっきりします。)
ng10_15_22R.jpg 
11:42駒の尾山、日名倉山など宍粟の山も見えてる・・・
ng10_15_23R.jpgng10_15_25R.jpg 
11:47山頂には休憩小屋があります。三角点峰(1240m)です。

ng10_15_27R.jpgng10_15_28R.jpgng10_15_29R.jpg
12:02神仏ポイント3(奈義神)石彫りがしてあります。
ng10_15_30R.jpg
12:06
ng10_15_31R.jpgng10_15_32R.jpg
右に避難小屋 笹尾根を登るとそこは 又、すばらしい絶景広場   最高の展望です。 
ng10_15_35R.jpgng10_15_33R.jpgng10_15_39R.jpg
12:12標高1255m那岐山山頂に到着 先着登山者も10数人
日本原高原麓の景色と展望 遥かに大山が霞んでいる、西の方向に泉山、
花知ヶ仙、三十人ヶ仙が見える。北方向には鳥取市街地や日本海が、
南には小豆島や瀬戸内海が望める。袴ヶ仙、日名倉山、駒の尾山など宍粟の山々
東方向には扇ノ山、氷ノ山も眺めた。 写真からは??
お昼弁当 山歩きのだいご味をしっかりと感じ 高原の空気を吸った。
ng10_15_37R.jpg 
ng10_15_40sr.jpg
13:21 
ng10_15_41R.jpgng10_15_42R.jpg
13:32 那岐山頂から菩提寺Aコ-スを目指して下る。分岐の少し手前の展望ポイン
此所で地図を見ていると那岐山の達人Bさん(毎日登っている人)から声掛けして貰う、
阿草山(815m)地図上では無名の山と目の前の山慈母山(1009.4m)等、情報を聞く
ことができました。興味深い話し、(ここは展望も良くて広いので
廃棄してあった古材で椅子を作りましたが、即、撤去された)と・・・ハァ
ng10_15_43SR.jpg 
14:11大倉山 木地師の山 反射板が見える。リンク大倉山 
思い出の詰まった山並 反射板へも汗を流して辿り着いたのでした。
ng10_15_44R.jpgng10_15_45R.jpg
14:25Aコース登山道 鞍部の林道に出ると目の前には慈母山に向かって
階段道が続いている。 林道を右に進むとBコースに合流し、左手の山道を下る。
メモ紙を手にした男性(Cさん)に会う。これから山野草のスケッチに登っていると、
メモ紙にはビッシリと植物の名前が記載されている。家に帰ったら整理します。
山野草の達人Cさんからは那岐山の裸の登山者の話し珍情報、有名な登山家の
話しなども話しに夢中 聞き入りました。
ng10_15_46R.jpgng10_15_49R.jpgng10_15_50R.jpg      
15:08せせらぎを耳にしながら登山口の蛇淵の滝Bコースへ ゴールしました。
ng10_15_56R.jpgng10_15_57R.jpgng10_15_55R.jpg
15:50那岐山麓(山の駅)へ寄り那岐山を今・ 一度眺め   休憩してから帰途に向かう。
↓↓ 山の駅 山野草公園 赤い橋(天空橋)
ng10_15_59R.jpgng10_15_61R.jpg
立寄った《塩手池》あの山頂に登ってあの尾根から降りて来た。此所に・・・ 感無量 
ng10_15_63R.jpgng10_15_64R.jpgng10_15_67R.jpgng10_15_66R.jpg 
16:30 逆さ那岐山&塩手池 (数年前にも此所へ立寄り、もう一度との願いが叶いました。) 
逆さ那岐山→2013年5月12日広戸仙

    
県北登山の1日 山仲間の遠征登山、百名山登山
の会話に心惹かれながらも・・・夢の夢
県内の山 那岐山は、魅力いっぱいの山 私にはNo、1
今日は、那岐山に心寄せる人達A、B,Cさんと出会い話しを聞くことが出来ました。
ng10_15_54R.jpg毎日登るお二方
植物絵と観察のCさんの会話に出た人 毎日那岐山
裸の鉄人
Aさんと写った写真をネットから見付けました!!
このマムシグサは植物観察日記にさんは記された事であろうと。



スポンサーサイト

Tag:山歩き  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

mount

Author:mount
2002年から伯耆大山の麓で『シニアライフ』 
大山暮らしの日々 感動を記録に残したくて
PCに挑戦 H,Pを始めました。四苦八苦で何回と無く
挫折しながらも継続しています。
数年後には、BLOGが始まりました。
BLOGとHPと両方でリンクして
日々の暮らしを画像日記で記録しています。

鳥取で始めた山歩き・SKIクラブに入会 公民館講座
と親友の輪も広がり楽しく過ごしました。
10年近くして無縁だった病気に成り帰岡
岡山で再び山歩き会・SKIに入会 仲間との出会い
元気を貰って第二のシニア ライフ
私の林住期 岡山暮らしHP/BLOGと続けて書いてます。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。