スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

雪彦山(兵庫県) 

  雪彦山(せっぴこざん) 
shk10_3_20sa.jpg 
播磨の名峰、兵庫県姫路市 彦山へ
修験道の岩峰日本三彦山(弥彦山(新潟県)英彦山(福岡県・大分県)
shk_tk_3R.jpg 

画像サムネイル 
shk_tk_1R.jpgshk10_3_7R.jpgshk10_3_5R.jpg
9時23分 岡山から約1時間50分(休憩含め)神社前横キャンプ場休憩舎、登山案内板を眺める、
shk10_3_9R.jpgshk10_3_13R.jpg
9時30分 見所の多い出雲岩⇒馬の背天狗岩⇒鹿の壺分岐⇒三角点雪彦山(大天井岳)
表登山道コースから縦走登山へ 出発
shk10_3_14R.jpgshk_tk_4R.jpgshk_tk_6R.jpg
9:30分 表登山道へ 右が裏登山道、最初からの超急登 雪彦山を背景にして登る。 
shk10_3_6R.jpg
9時35分 展望岩から雪彦山 大天井岳を一望する。 
shk_tk_9R.jpgshk_tk_10R.jpgshk10_3_49R_20161027145805051.jpg 
11:10
shk_tk_11R.jpgshk_tk_12R.jpg 
岩に伸びる根っこ 大岩のどこから木の養分を採って大木に成ったのだろう?
shk_tk_13R.jpgshk_tk_15R.jpg
11時29分 鎖場が次々に出て来て巨岩に吃驚 絶景が続く 恐怖と隣り合わせ
カメラが出せない、
shk10_3_23R.jpg 
10時43分 行者堂跡へ到着  (1時間10分)
shk10_3_33R.jpgshk10_3_43R.jpg
shk10_3_41R.jpgshk10_3_49R.jpg
shk10_3_46R.jpgshk10_3_50R.jpgshk10_3_52R.jpg
11時46分 行者修行場ら3しく険しい鎖場と岩登りが続く
鳥取三徳山が思い出される・・・⇒
三徳山投入堂2012年11月登山) 
 12時07分 「馬の背」この表示は、山歩き,スキーでも、身が引き閉まる、
そこで眺める絶景が楽しみです。この厳しい登山
shk10_3_58R.jpgshk10_3_56R.jpgshk10_3_60R.jpg 
12時34分 遙か遠くに眺めた名峰 雪彦山の 山頂 バンザイ
shk10_3_61R.jpg 
12時35分 (3時間の登り) 衣服調整、水分補給、展望を楽しみ、
小休止をしながらの登山 登山中誰にも会うことが無かった。
shk10_3_62R.jpg 
12時36分 此所山頂でお弁当タイム のんびりと熱い味噌汁、コーヒー
自然の中で食べる お弁当は、格別に美味しい
空模様がと、思う間にポツポツと雨が落ちる。登りきつて居てよかった、
下山はカッパを着けて13時10分 腰を上げる。
shk10_3_65R.jpgshk10_3_67R.jpg 
13時12分 
足を止めて景色を眺めて・・・一時も気を抜くこと無く
巨岩急登の歩き下山縦走コース
shk10_3_68R.jpg 
13時23分 遙か下の岩に何か見える、何かしら? 確認出来ない、
暫く下山してから眺めると人が大勢?誰か転落したのだろうか?
それにしても、ヘリの救援も無い!!!そして鎖場・地蔵岳・展望岩へ到着 
ここの岩に鮮やかなオレンジ色の制服 白いヘルメット10人の制服姿の人は、 消
防隊隊員 の訓練中と説明を受け挨拶
岩で展望してから下山コースへ戻り 虹ヶ滝へと下りました。
shk10_3_69R.jpgshk10_3_70R.jpg
13時28分 急な岩場の下山 雨で濡れて、より危険な岩歩き鎖場が次々に出て来ます。
shk10_3_72s.jpgshk10_3_75s.jpg
13時26分
shk10_3_73s.jpgshk10_3_74s.jpg
13時36分           
shk10_3_76s.jpg   
 13:時55分 
  岩山の自然林の谷間と岩山 渓谷下山  
shk10_3_79R.jpgshk10_3_85R.jpgshk10_3_87R.jpg
 14時23分 下山道コース 「虹ヶ滝」四苦八苦して降りてきました。
shk10_3_81R.jpg 
14時32分
 虹ヶ滝へ下って来て奇岩の中を落ちる水を眺めて又しても川渡り
水量も多く どこを通ろう 濡れ石、苔の石 滑ったらどうしょう~~
ヒヤヒヤで渡る。 
shk10_3_98R.jpgshk10_3_97R.jpg
shk10_3_90R.jpgshk10_3_97R.jpgshk10_3_96R.jpg
14時41分 最後の渓流越えを終えて、又、最後のキツイ登です。
アクシデント~~~ 
大腿部筋肉の硬直ア・ァ・イタイ<<<(キツイ歩きで時々成るんです。)
**アクエリアス飲んで、マッサージしてアァ早い回復が出来ました。 
もっと休憩したらの声を背にしてトットと登り切る。
shk10_3_91R.jpgshk10_3_94R.jpg  
15時06分 下山は得意なのに・・・カメラを待って先に歩く
なだらかな道で待って居ると現れたのは消防の人と歩く山友
shk10_3_100R.jpg
15時35分 湧水源流と共に麓へと下りてきました。水は此所で砂防ダムに入った。
shk10_3_103R.jpgshk10_3_110s.jpg
15時50分 ダム 横の階段から車道へと下りる。
巨岩が多い雪彦山の砂防ダムはオープンタイプと表示が付いています。
shk10_3_107R.jpgshk10_3_106R.jpg
16時00分 車へ帰着 無事下りてきました。(私の足も、その時だけで快調) 
ダムからの水は、ここ公園内を潤しています。
shk10_3_113R.jpgshk10_3_115R.jpg 
18時30分夕陽に染まる風景に向かって岡山へと戻って来ました。

shk10_3_110R.jpg此れは、ヒルと言う虫 
スパッツにも、手にも、アレアレ・・・血が流れ!! 
 
mt_tmrz_1.jpg厳しい山歩き、苦しい登山、弱い足 それでも又、
山が呼ぶ 自然が大好き、弱い気持ちを元気にしてくれる。
今日も、素晴らしい山へ登る事が出来ました。

スポンサーサイト

Tag:山歩き  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

mount

Author:mount
2002年から伯耆大山の麓で『シニアライフ』 
大山暮らしの日々 感動を記録に残したくて
PCに挑戦 H,Pを始めました。四苦八苦で何回と無く
挫折しながらも継続しています。
数年後には、BLOGが始まりました。
BLOGとHPと両方でリンクして
日々の暮らしを画像日記で記録しています。

鳥取で始めた山歩き・SKIクラブに入会 公民館講座
と親友の輪も広がり楽しく過ごしました。
10年近くして無縁だった病気に成り帰岡
岡山で再び山歩き会・SKIに入会 仲間との出会い
元気を貰って第二のシニア ライフ
私の林住期 岡山暮らしHP/BLOGと続けて書いてます。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。