スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

紅葉の東大山 甲ヶ山

  東大山縦走
kbt_88rs4.jpg 
2016/11/2 大山初冠雪の日の登山となりました。
山頂は薄雪化粧 雲と雪を被った雄峰を眺め乍らの登山でした。(地図サムネイル)
tyot11_13_4rS.jpg 
大山環状線→一息坂峠公園→中国自然歩道→川床→大休峠 
kbt11_2_2R.jpgkbt11_2_3R.jpgkbt11_2_4R.jpg
 7:56            7:56             8:00          
kbt11_2_6R.jpgkbt_tk3R.jpgkbt_tk2R.jpgkbt_tk6R.jpg
8:00     8:27     8:27     9:38
kbt11_2_13R.jpg
8:32
kbt_tk22R.jpgkbt11_2_21R.jpgkbt11_2_30rs1.jpg
8:50           8:53              
kbt11_218rs.jpg 
8:52
kbt11_2_16R.jpgkbt11_2_23sr.jpgkbt11_2_29sr.jpg
8:51           8:5             9:17              
kbt11_2_27sr.jpg
kbt_tk5R.jpg 
9:13                  9:38
kbt11_2_33rs1.jpg
9:22 1600年頃に参道として造られた石畳の道  
kbt11_2_34R.jpg 
9:30 大休峠に到着 登山開始から2時間 名前の通りにオオヤスミ
水分補給、ユートピア小屋など景色を仰ぎ眺める。
此所は各コースへの分岐点  川床 船上山野田ヶ山一向平 
kbt11_2_37sr1.jpg
kbt11_2_38s.jpgkbt11_2_38sr.jpg
9:34
kbt11_2_43R.jpg
10:13 大休峠1110m→矢筈ヶ山1358,4m急勾配を過ぎて小休止
踏み跡を眺める。
kbt11_2_44R.jpgkbt11_2_45R.jpg 
10:18 
kbt11_2_47R.jpg
10:41未明の 初雪で東尾根は薄化粧 報道ヘリが上空を旋回する賑やかな日となりました。
kbt11_2_48R.jpg
10:49
kbt11_2_49R.jpg
 10:55 日本海   海岸線 琴浦町、大山町、美保半島も見える。
琴浦町の山に大山町の海岸縁に並ぶ風車(拡大)に懐かしく感無量
kbt11_2_52R.jpg 
10:55
kbt_tk8R.jpgkbt_tk10R.jpgkbt_tk12R.jpg
11:05 矢筈ケ山1358.4m  一等三角点   11:31トンガリ帽子 紅葉の小矢筈
360度の展望 稜線歩き    
kbt_tk7R.jpg
kbt11_2_53R.jpg 
11:15小矢筈へと紅葉の絨毯道を歩きます。
 
kbt11_2_56R.jpgkbt11_2_57R.jpg 
11:16 サポートを お願いした山友KWさんの姿が遙か上
落葉樹の中に見える。 
kbt11_2_58R.jpgkbt11_2_59R.jpg
kbt11_2_60R.jpgkbt11_2_61R.jpgkbt11_2_66R.jpg
11:28小矢筈へ到着 険しい登りだった。そして絶景の山頂に到着 アァ・・・
 kbt11_2_64R.jpg  
11:29 小矢筈からの眺め 
kbt11_2_71R.jpg
12:05 紅葉の木々 カエデ ウルシ、ハゼ、 ナツハゼ、クロモジ、
ネジキ、ナラ、ブナ 大木、大きな枯葉はホウ 落葉を踏み眺めながら歩く。
kbt11_2_74R.jpg
12:14
kbt11_2_77R.jpg
12:23 船上東登山口で出会った若者グループとすれ違い・・・
聞かれ無いのに平均年齢など伝えて驚かせてしまった。山での出会い
矢筈へと下って行かれた。過ぎし日を思い出しながら・・・。 
ハイシニアーは続けて甲ヶ山へと登って行く、
kbt11_2_79R.jpgkbt11_2_81R.jpg
12:22 岩壁 浮き石もあり要注意 それぞれに足場を探し乍ら登って行く。
甲は山頂だけで無く全体が岩山 山頂部にロープが取付けてあり!! 
とても助かります。何時から??
kbt11_2_72R.jpgkbt11_2_73R.jpg


kbt11_2_82R.jpgkbt11_2_85R.jpgkbt11_2_87R.jpg
12:49        12:50 甲ヶ山1338m バン、バンザ~ィ  
此所で甲の山頂 お昼弁当 おいし~い、Hot  Cofeも入れて、充実感満点最高の幸せ
kbt11_2_90R.jpg 
12:52
kbt11_2_89R.jpg 
12:51日本海 山陰の海岸 弓ヶ浜、美保湾も遠望する。
kbt11_2_68R.jpg
12:53 越えてきた小矢筈山を眺める。
kbt11_2_98R.jpg
13:20大山スキー場は西側 豪円山 スキー場が遙か下に見える。
kbt11_2_91R.jpgkbt11_2_94R.jpg
12:44 いよ、いよ 甲ヶ山を渡ります。
四っんばいで、手も使ってあるきます。
kbt11_2_95R_2016111008010865b.jpg
kbt11_2_96R.jpgkbt11_2_92R.jpg
kbt_tk14R.jpgkbt_tk16R.jpg 
大山 最大の難所 甲ヶ山 岩峰越え 険しい関所越え
(先日10月27日の地震で甲ヶ山   取り付き付近が岩が動いて亀裂が広がっている)
と・・・地元のKWさん談 ホント 麓の梨園では、収穫前の梨落下で大被害・・・

kbt11_2_100R.jpg 
14:25  甲ヶ山 岩の稜線越えを終えて勝ヶ山→船上へと歩く 
kbt11_2_104R.jpgkbt11_2_103R.jpg 
14:10 甲ヶ山通過後「らくらく散歩会」 会長とKWさんのご主人 
船上山登山口からの出迎えと合流しました。
懐かしくうれしい対面となり感激 ありがとうございます。
絶好の紅葉と初冠雪の日の一大イベント 鳥取の方達の今、尚変わりない
ご親切 心遣いをたくさん頂きました。
kbt_tk22sr1.jpgkbt11_2_05.jpgkbt11_2_07.jpg
14:55  勝田ヶ山の展望場所で、 15:30勝田ヶ山 1149,1m到着  
紅葉の季節 秋には、琴浦町により登山道の刈り込み整備もされて広く歩きやすい、
随所で展望も出来る。 夏の日の悪夢の登山が思い出されれる。
「2015年8月30日 大山登山」B班 船上山~甲ヶ山往復)

kbt11_2_105R.jpgkbt11_2_106R.jpgkbt11_2_107R.jpgkbt11_2_109R.jpg
  
kbt11_2_08.jpg 
16:45
kbt11_2_06.jpgkbt_tk24R.jpg 
16:45 船上ダム湖が見えてゴール地点へもう直ぐ 17:05ゴール 

[データ]12km 19800歩 歩行時間 9時間(
休憩、お弁当含む
交通時間 3時間 高速道(
総社IC~琴浦船上IC2:20)ー登山口(川床まで1:00
計画通り登山開始は8時 下山5時までOK
大山登山  
1回目⇒2008年5月 東大山縦走登山
2回目⇒2009年10月 東大山縦走
3回目 2016年11月2日 東大山縦走 岡山から
2016年7月12日大山ユートピア&三鈷峰(お花畑) 

daisen_tz.jpg  
mount_2大山登山の10日前 10月21日午後2時7分頃 、鳥取県中部を震源とする地震
震度6弱 、鳥取県東部で震度5強の緊急情報が入る。 
登山延期と思いましたが数日後に大丈夫との連絡を受けて予定通り決行 
山友2名が体調不良で急に取止めとなる。3名で岡山から早朝に出発しました。 

 mountリタイヤ後のいなか暮らし大山は伯耆富士の麓
桝水高原近くに10年間 7年目頃に岡山からの大山の山の会に
参加している同級生に誘われ入会 初歩きしました。 

それして今年2016年 山歩き10年と成りました。帰岡後も
入会した山の会で登山の学習 体験をしました。
県外登山ツアーに出掛けるチャンスは少なく、県内  近県登山を
楽しんでいます。名峰大山は日本の百名山 
岡山登山の会では歩く機会が少ない。 mount10年間 過した地
大山の四季折々の思いも今尚強く  いい季節に、いい場所へ 
岡山の山友にも知ってほしいと出来るだけの情報集取で今回
紅葉登山を計画しました。実行出来ました。自己満足
これも琴浦の山歩き先輩KWご夫婦とお兄様に車移動などお世話を頂きました。
MY会長さんお迎えなどと素適な大山登山が出来ました。ありがとうございました。

スポンサーサイト

Tag:日本百名山  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

mount

Author:mount
2002年から伯耆大山の麓で『シニアライフ』 
大山暮らしの日々 感動を記録に残したくて
PCに挑戦 H,Pを始めました。四苦八苦で何回と無く
挫折しながらも継続しています。
数年後には、BLOGが始まりました。
BLOGとHPと両方でリンクして
日々の暮らしを画像日記で記録しています。

鳥取で始めた山歩き・SKIクラブに入会 公民館講座
と親友の輪も広がり楽しく過ごしました。
10年近くして無縁だった病気に成り帰岡
岡山で再び山歩き会・SKIに入会 仲間との出会い
元気を貰って第二のシニア ライフ
私の林住期 岡山暮らしHP/BLOGと続けて書いてます。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。