金山

金山登山 2016年12月8日 16540歩 9.1km
knym_tz_6.jpg 
(地図 拡大可) 国道53→苫田温泉→高野尻方面へとたどる
kny12_8_1s.jpgkny12_8_2s.jpgkny12_8_3s.jpg
9:20苫田温泉近くに駐車、太陽光発電施設が設置された地区を登って行く
kny12_8_4s.jpg
「めがね橋」と呼ばれている石積みの橋 
kny12_8_5s.jpgkny12_8_6s.jpgkny12_8_7s.jpg
獣檻 子猪が入り頭から突進を繰り返し出口を探している、
妙見の方に進み、中電のNo.20鉄塔 藪道を進む
高野尻集落に出る。実家に手伝いに来た男の人から
実家でのイベントが開催され、テレビ放映されたDVDを貰う。
kny12_8_8s.jpgkny12_8_9s.jpg 
集落から登って行くと『八幡宮』へ着く
kny12_8_10s.jpgkny12_8_11s.jpg 
11:30八幡宮
kny12_8_12s.jpg 
11:40綺麗な紅葉が映った山奥の静かな池kny12_8_13s.jpg
皮が剥がれ白い枯れ木が湖面に映っている、大自然のアート
素晴らしい風景に出会った。

kny12_8_14s.jpg 
kny12_8_15s.jpg
11:41仰ぎ見る山頂には4本のアンテナが見える。
金山の目印 赤い鉄塔は この上では無い・・・)
kny12_8_16s.jpgkny12_8_17s.jpg
お大師堂」があり、一休み 石垣で囲まれ、石垣には数多くのお大師像が奉られていました。
kny12_8_18s.jpgkny12_8_20s.jpg 
12:22 急な階段は鉄策は傷みがはげしい、倒木がゴロゴロと通りを塞ぐ
kny12_8_21s.jpg 
12:27 荒れ果てた昔階段は長々と続く そこで見かけた赤いテープ!! 
歩いた人もいました。
kny12_8_22s.jpgkny12_8_23s.jpgkny12_8_24s.jpg 
12:36電波塔の山頂486mへ到着 *写真後方に見える金山のシンボル赤い鉄塔へと歩く
13:45 金山山頂  金山一等三角点499,3m 妙見宮
kny12_8_25s.jpgkny12_8_26s.jpgkny12_8_27s.jpg
苫田山368mの間 峠を越えて山道に入り 「右妙見」の石標に合流 
往路に戻った。

kny12_8_28s.jpg
16:00苫田温泉地迄 戻って今一度振り返ると、
No,18 送電線が見える、この線の下近くを歩いた。

終わった山 忘れられた山 岡山市内の金山 
『金山休暇村』という施設 金山ヘルスセンターもあった、
平成9年6月に閉鎖 現在は廃墟
在りし日には子供達を連れて金山行きバスで写生大会、登山、観劇
芸能人の実演にと度々訪れた山は瀨戸内海の島々までも、
よくみえる。しかし、現在は登山道も荒れ放題です。 
そんな山も自然は変わりなく素晴らしい何時でも元気をくれる。

まわり 情報

↓↓ 高野尻~集落 テラスの古民家 
kym_tknA.jpg 
深い山奥 谷間の集落 高野尻、過疎高齢化の地で高台の立派な
古民家が小旗で飾られていた。偶然にも説明を頂いた、翌日に
イベントが行われる、地区の皆さんの活気が様々な形で催しとなり、
集う人も地元民もみんんなが元気に成る、魅力ある自然体験です。
一度出向いてみたいなぁ~ 

スポンサーサイト

Tag:山歩き  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

mount

Author:mount
2002年から伯耆大山の麓で『シニアライフ』 
大山暮らしの日々 感動を記録に残したくて
PCに挑戦 H,Pを始めました。四苦八苦で何回と無く
挫折しながらも継続しています。
数年後には、BLOGが始まりました。
BLOGとHPと両方でリンクして
日々の暮らしを画像日記で記録しています。

鳥取で始めた山歩き・SKIクラブに入会 公民館講座
と親友の輪も広がり楽しく過ごしました。
10年近くして無縁だった病気に成り帰岡
岡山で再び山歩き会・SKIに入会 仲間との出会い
元気を貰って第二のシニア ライフ
私の林住期 岡山暮らしHP/BLOGと続けて書いてます。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR