2017年 吉備の中山

吉備の中山 2月トレ(2月7日) 6,900歩 4km

kibi2_7_tzD.jpg

吉備津彦命が祀られている備前国 備前一宮の吉備津彦神社
JR桃太郎線(吉備線)一宮駅の西に位置する吉備の中山
トレーニング 山頂の御陵に国境の標石があり北側の
山麓は 備中国 吉備津神社があります。


kb2_7_1.jpgkb2_7_2.jpgkb2_7_3.jpg
7時00分 一宮駅に岡山行き3番列車が入る、神社北の鳥居を潜り
砂川沿い吉備路ハイキング自転車道を歩く。看板ビジネスホテル『 モコ』
側から車道へ上がる。
kb2_7_4.jpgkb2_7_5.jpg
車道を横切り赤木各堂句碑 ・平賀元義歌碑の丘陵地から狭い山道へ入る。
kb2_7_6.jpg
7時36分 深い落葉の軽斜地歩き、気持ちいい歩きが続く 
そして、広場に到着  
kb2_7_8.jpg
7時40分 細谷川を渡る、ここは福田海本部 有木神社 鼻ぐり塚 両国橋からの
急登山道と合流している。整備された山道 歩く人が多いのかしら、
2,3年前には、この辺りで道迷い・・・ヤブコギ歩きで苦労した。
こんな立派な山道が何時造られたのだろう。 
kb2_7_9.jpgkb2_7_7.jpg
藤原成親供養塔と古墳へと急登の階段を登る。
kb2_7_10.jpgkb2_7_11.jpg
7時45分 藤原成親 最期の地 有木の地と遺跡の説明板を読む 
(1,177年に、ここ有木へ流された藤原成親でした。)
流されるのは島だけでは無いのでした。
kb2_7_13.jpgkb2_7_14.jpg
ちょっと休憩 続けて山頂へと歩く ダイボーの足跡へ着く
数年前まで意味不明のタイボーとはどんな生き物。恐竜が居たのかしらと?
そんな事を思った・・・、説明板に大坊さんの足跡と言われる浅い窪地のことでした。
この辺りは、細谷川の水源と成っている山頂部です。
kb2_7_15.jpgkb2_7_16.jpg
kb2_7_17.jpgkb2_7_19.jpg
kb2_7_18.jpg
山頂の自然歩道には、様々な奇岩があり、そこにはしめ縄と紙垂が付けてあります。
(しめ縄で神域を囲み紙垂は新聖な場所を守る為に付けられている)との事です。
kb2_7_20.jpgkbtr1_24_9.jpg
8時16分 三差路 御陵    ↓吉備津彦神社 竜王山 しめ縄を潜り竜王山へと登る。
ここにもしめ縄紙垂がありますが・・・すごく広範囲
kb2_7_22.jpgkb2_7_23.jpgmt1_23_16s.jpg
山頂の自然歩道は以前より広く整備されて居り 石柱が次々に出てきます。
(宮)の文字しか読み取れないけれど国境、備前国と備中国の国境と思われます。
元宮盤座へと登ってきました。
kbtr1_24_8.jpg
吉備の中山で一番 標高が高い龍王山(175m)には八大龍王が祀られています。
雨乞いが行なわれて居た場所です。 備前一宮 吉備津彦神社地区では、
『吉備の中山を守る会』により登山道がよく整備され 樹木への名札・標識 看板等も
付けられていて歩きやすく、吉備の国の知識を得ることができます。
kb2_7_24.jpgkb2_7_25.jpg
kbtr1_24_6.jpg  
寒い朝の歩きで龍王山からの展望に期待していましたが霞んでいます。
岡南は金甲山、岡山港、常山、倉敷方面水島も眺める事が出来るのです。
残念です。 ここからは急下降のルートで吉備津彦神社 子安神社、
天満宮などの並ぶ登山口へ下山しました。
kb2_7_27.jpgkb2_7_30.jpgkbtr1_24_2.jpg
急登の下山 大岩にカメラを置きセルフで自分撮り 9時15分戻ってきました。

mount-A.jpgここ数年で記憶力の無い事を嘆き、塞ぐ事が多く、
娘達の助けを貰う事が度々となり一宮へ戻ってきました。
気持ちが落ち着く自然の中をこれからも歩きたい。

高血圧で受診Drに現状を話しました。
物忘れ、記憶力の無いことで気持ちが塞ぎ体力も無くしています。
山歩きが楽しみですが・・・何時まで歩けるか不安です。
こんな、話しも真剣に聞いて下さり、助言を頂きました。
そのアドバイスを思い出し乍ら歩く、どんなに小さな事でも出来たことを
喜びなさい、出来なかった事を悲しみ、口にする事はドンドンその様に自ら成って
いきます。難しくても手間がかかっても、やる気持ちを持って続ける様にと。。。
11年間書いたHPもBLOGも、随分時間がかかり出来ない操作が多くなった。
でも続けよう、一歩一歩で書いていこう。記録、写真から、その時が思い出せる。 
 BLOG⇒吉備の社 初回のページ 
リンク
 1月23日のトレーニング    1月24日 吉備津神社コース


スポンサーサイト
テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

Tag:トレーニング  Trackback:0 comment:2 

Comment

mount URL|大山の山友 太郎様
#- 2017.02.13 Mon21:05
オール達人太郎 大先輩(登山、写真、パソコン・・・)
素人mountもハマってしまいました。
誰からも慕われる浪花のミントさん
沢山の言葉を頂き励まして貰いました。
(母の世話を愚痴る日に、頂いた言葉の数々
早くも我が身に・・・)焦らず歩みます。
又の出会いを楽しみにしています。
うれしいコメント有り難うございました。




素浪人太郎 URL|http://www.baycom.zaq.ne.jp/bgeoz000
#- 2017.02.11 Sat11:23
吉備の中山ハイキング 自分の足で歩き・見ての感覚すら覚えます。
写真入り・説明付き感動しています!!まだまだ十分体力・気力
大丈夫!!『・・・でも一歩一歩書いていこう。・・・』
続けて下さい ブログで元気をもらっていますから!!。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

mount

Author:mount
2002年から伯耆大山の麓で『シニアライフ』 
大山暮らしの日々 感動を記録に残したくて
PCに挑戦 H,Pを始めました。四苦八苦で何回と無く
挫折しながらも継続しています。
数年後には、BLOGが始まりました。
BLOGとHPと両方でリンクして
日々の暮らしを画像日記で記録しています。

鳥取で始めた山歩き・SKIクラブに入会 公民館講座
と親友の輪も広がり楽しく過ごしました。
10年近くして無縁だった病気に成り帰岡
岡山で再び山歩き会・SKIに入会 仲間との出会い
元気を貰って第二のシニア ライフ
私の林住期 岡山暮らしHP/BLOGと続けて書いてます。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR