スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

吉備の中山 トレ 1月24日

1月24日
  hiko_c.jpghiko_a.jpg
吉備の中山 山全体が神の山として崇敬されています。吉備津彦命は
 吉備の国 を平定し、現人神として崇められました。永住された吉備中山の麓
屋敷跡に社殿が建てられたのが当神社 弥栄を二千年に渡ってり鎮守の杜、
として守り継がれています。


kink_tzA.jpg 
昨日23日に続けて 今朝もう1度吉備の中山 トレーニング
kbtr1_24_1.jpgkbtr1_24_3.jpg
8:30 吉備津彦神社 右神社からの急登コースkbtr1_24_8r.jpg
kbtr1_24_9r.jpg 
自然歩道 史跡 名所への分岐 三差路
kbtr1_24_11.jpg 
9:49 『木漏れ日の道』 朝陽が射し込み木立の影を踏む 
気持ちよく歩く通りです。
kbtr1_24_12.jpg
kbtr1_24_16r.jpgkbtr1_24_13.jpg
中山茶臼山古墳の東側   谷間見える八徳寺  穴観音の説明文
kbtr1_24_14.jpg 
9:48 中山茶臼山古墳の側に『穴観音』があります。
石仏には、穴が彫られていて、この穴に耳を当てると観音様の声が
聞こえるとの言い伝えがあります。以前に試してみましたが・・・?

kbtr1_24_15.jpg 
宮内庁の管理下にある吉備津彦の命の古墳は高い有刺鉄線で囲まれています。
kbtr1_24_17.jpg
kbtr1_24_20.jpg 
岡山市吉備津の山頂の『中山茶臼山古墳』
大型前方後円墳は大和から派遣され吉備の国を治めたと伝える
「吉備津彦命」のお墓「御陵」と呼ばれています。
吉備津彦命は第七代孝霊天皇の皇子だったことから御陵と云われているそうです。kbtr1_24_19.jpgkbtr1_24_21.jpg
御陵の前には国境の石標があります。三角点と同じ大きさ、
国の名前が彫り込んであります。ここが備中国と備前国との国境
御陵の広場は広く展望良いのですが・・・3人の人影があります。 
ここから黒住教本部も近く 車道も山道もあります。
今朝は吉備津神社へと降りて行きます。
kbtr1_24_22.jpg kbtr1_24_23.jpg 
10:00 石段は何段、意識したのにやっぱり忘れました、次回もう1度、
上から写す、ストックを使って車道へ降りる。 春には桜の石段が待たれます。
kbtr1_13_23.jpgkbtr1_24_24.jpgkbtr1_24_25.jpg
沢山の標識 案内板に足を止めながら 渓流沿いの遊歩道を下ります。
前回1月13日まで青々としていたバナナの葉が先日の寒波で枯れています。

kbtr1_13_25.jpgkbtr1_24_26.jpg
下山 谷間の水が流れ 祀られています。 吉備津神社南口から境内へ入る。
kbtr1_13_26.jpgkbtr1_24_27.jpg
10:20 回廊から入り 境内~を通り外回りを歩く、観光化された
吉備津神社 参拝者も多く重機もみられました。  
kbtr1_24_28.jpgkbtr1_24_30.jpg
お堀の景色を眺めてから備前一宮へと戻りました。
kbtr1_24_29.jpg
kbtr1_24_31.jpg 
10:46 山陽自動車道が北方向に見えます、吉備SAの手前トンネル周辺)
kbtr1_24_33.jpgkbtr1_24_32.jpg  
 桃太郎線 一宮駅 列車が総社へ向かう、岡山市で一番高い山 金山が見えている。

mount-A.jpg吉備の山麓に半世紀・・・神社の年間行事には深く関わりながらも神社に付いての
知識も無く バブルの世代を仕事と家庭子育てに追われて過した家住期でした。
参道に並ぶ自転車の数に修学旅行生のコースに成り大勢が訪れ
年末年始には神社参拝者で賑わう、我家は年末からのスキーツアーに出かけた。
今年はここでお正月 リタイヤ後の林住期も残り少ない・・・裏山を一歩一歩の朝
今日も歩けた。
スポンサーサイト

Tag:山歩き  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

mount

Author:mount
2002年から伯耆大山の麓で『シニアライフ』 
大山暮らしの日々 感動を記録に残したくて
PCに挑戦 H,Pを始めました。四苦八苦で何回と無く
挫折しながらも継続しています。
数年後には、BLOGが始まりました。
BLOGとHPと両方でリンクして
日々の暮らしを画像日記で記録しています。

鳥取で始めた山歩き・SKIクラブに入会 公民館講座
と親友の輪も広がり楽しく過ごしました。
10年近くして無縁だった病気に成り帰岡
岡山で再び山歩き会・SKIに入会 仲間との出会い
元気を貰って第二のシニア ライフ
私の林住期 岡山暮らしHP/BLOGと続けて書いてます。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。