ちくさSKI

 2月8日 ちくさスキー
tgs2_8TZ3.jpg 
岡山市内から約2時間で到着する(ちくさゲレンデ)へ
前日に成ってシニアー3人は出掛ける事が決まりました。
tks2_8_7.jpgtks2_8_3.jpgtks2_8_5.jpg 
7:41千種川の河口 播磨灘に近い県境 三石から上郡 佐用へ
源流の地へ千種川と共に北上します。
中国道 山崎IC近くで橋脚を潜り、雪が所々に見られる。宍粟市へ
tks2_8_6.jpgtks2_8_8.jpgtks2_8_12.jpg
8:03 道の駅 ちくさ で休憩
tks2_8_11.jpgtks2_8_14.jpgtks2_8_13.jpg
   
tks2_8_16.jpg tks2_8_19.jpgtks2_8_28.jpgtks2_8_17.jpg
tks2_8_21.jpg
 スキー場で一番 キツイ上級コース ダイナミックコース上部は
未圧雪で荒れている。横歩きしたり恐々と滑る。 転倒したら・・・
滑る人は少なく転ぶ人が多いい と、
クリスタルコース メルヘンコース1200mを気持よく滑る。
tks2_8_22.jpg 
リフト上からの写真
tks2_8_17.jpgtks2_8_25.jpgtks2_8_24.jpg     
第2ペアリフト760mで山頂へ 山歩きの登山口がある。
 齣ノ尾→船木山→後山へと縦走登山 
山々を背景にしての写真。リンク⇒紅葉の縦走登山 数年前
tks2_8_29.jpg
tks2_8_35.jpg
tks2_8_31.jpg tks2_8_32.jpgtks2_8_33.jpg
度々大雪が降りましたが、除雪がしっかりと出来ていて、渋滞も
無く 又、大勢の人、車ですが係員の誘導でスムースにできていました。
只、残念なのは、レストラン座席が空かない。他へレストハウスへ移動しても
団体学生さんの予約 入れ無い、お料理も・・・出来る物が少ない。
tks2_8_39.jpg
 板馬見渓谷 松ノ木公園 深い雪 
tks2_8_40.jpgtgs1_25_58rs_.jpg


tks2_8_37.jpgtgs1_25_55rs.jpg 

tks2_8_41.jpgtks2_8_44.jpg
兵庫県との県境の道
エーガイヤちくさ温泉 寄り道 ゲレンデで出会った仲間に
推薦されてリフト券で半額料金 寄り道して温泉へ、
シニアースキーは身体を癒やし無理のないスキー
ちょっと早めにゲレンデを後にしたのです。

(時間ぎりぎり迄 滑った日が思い出される。)
tks2_8_47.jpg
千種川を下り宍粟の山々 雪景色を眺め乍ら岡山へ戻ってきました。
お天気もよく、積雪量も充分で楽しむ事ができました。
 
スポンサーサイト

Tag:スキー  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

mount

Author:mount
2002年から伯耆大山の麓で『シニアライフ』 
大山暮らしの日々 感動を記録に残したくて
PCに挑戦 H,Pを始めました。四苦八苦で何回と無く
挫折しながらも継続しています。
数年後には、BLOGが始まりました。
BLOGとHPと両方でリンクして
日々の暮らしを画像日記で記録しています。

鳥取で始めた山歩き・SKIクラブに入会 公民館講座
と親友の輪も広がり楽しく過ごしました。
10年近くして無縁だった病気に成り帰岡
岡山で再び山歩き会・SKIに入会 仲間との出会い
元気を貰って第二のシニア ライフ
私の林住期 岡山暮らしHP/BLOGと続けて書いてます。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR