奥神辺 春スキー

奥神鍋スキー
knb3_1Ar.jpgknb3_15_mr.jpg 
兵庫県 北部は、近年にない、豪雪3月春スキーに出掛けました。 
姫路から円山川沿い~播但線で 日本海にも近い豊岡日髙ヘ
遠き日 昔には一般道で度々滑った神鍋スキー場です。
knn3_15_1s.jpgknn3_15_3s.jpgknn3_15_6s.jpg
knn3_15_7s.jpgknn3_15_6s.jpg
knn3_15_8s.jpgknn3_15_20s.jpg knn3_15_12s.jpg knn3_15_10s.jpgknn3_15_11s.jpg
 knn3_15_13s.jpgknn3_15_16s.jpgknn3_15_17s.jpg 
岡山6時出発 奥神鍋 駐車場9時前(3時間弱)
今年も晴れの国岡山から兵庫県北部へ
雪景色 絶景を眺め乍ら・・・
昨今のTopニュース(森友学園、築地市場移転問題)
等と話題も尽きない、
knn3_15_19s.jpgknn3_15_22s.jpg 
神鍋スキー場で アップ神鍋はビギナー向け 昨年は雪が無くクローズ
麓の(ゆとろぎ温泉)に入りました。今年は、積雪も多く休日には、
ファミリーで賑わっていることでしょう。
knn3_15_23s.jpgknn3_15_26s.jpg knn3_15_27s.jpg knn3_15_29s.jpg
knn3_15_31s.jpgknn3_15_34s.jpg knn3_15_35s.jpg
兵庫県姫路播磨近くから北上 日本海に近い豊岡日高町は
予想外の天気となり、雪、霰、強風、ガス発生
目まぐるしく変わる。山陰独特の天気の中で滑りました。
顔を打つ霰が痛い!!視界も悪くゴーグル,眼鏡も外して
滑ったり 
一瞬 暗くなり春雷をゲレンデで聞く!!
突風で万場スキー場への連絡リフトが止まっている。諦めて休憩に入る。
リフトが動き出した。スキー場移動する何とかリフトが山頂へ着く 
林間コースで麓へと滑る。

人が少なく未圧雪の広く長いコースでルートが??林間コース 
途中 谷間に向かって居る?!引き戻して遙か下に仲間を見つける。
 
knn3_15_28r.jpgknn3_15_40sR.jpg   knn3_15_24Fr.jpg 
昼食に入ったレストランは貸切状態
シャンデリアはスズラン ランプのモチーフ、デラックス、
しかし、昼なのに数人のお客 このエリア 奥神鍋スキー場
のメイン広場 レストラン、ナイター、キッッズコーナーもあります。
数軒の食堂どこも よく空いている。悪天候で訪れる人が少ない。

knn3_15_37s.jpgknn3_15_38s.jpg 
knn3_15_21s.jpg knn3_15_39s.jpgknn3_15_41s.jpg 
knn3_15_43s.jpgknn3_15_44s.jpg 
兵庫、神鍋のスキー場  アップかんなべスキー場は神鍋山
奥神鍋・万場スキー場は蘇武岳に位置しています。
広大なスキー場です。スキーヤー・ボダーも存分に楽しめます。
懐かしく忘れられない思い出のスキー場は、
各競技大会も行なわれますが、施設ゲレンデとも、
リフト鉄柱に記された年代からしても昭和と
記され当時のままです。大自然の中のここスキー場の賑わいと
設備の充実を願いながら帰途につきました。
スポンサーサイト

Tag:スキー  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

mount

Author:mount
2002年から伯耆大山の麓で『シニアライフ』 
大山暮らしの日々 感動を記録に残したくて
PCに挑戦 H,Pを始めました。四苦八苦で何回と無く
挫折しながらも継続しています。
数年後には、BLOGが始まりました。
BLOGとHPと両方でリンクして
日々の暮らしを画像日記で記録しています。

鳥取で始めた山歩き・SKIクラブに入会 公民館講座
と親友の輪も広がり楽しく過ごしました。
10年近くして無縁だった病気に成り帰岡
岡山で再び山歩き会・SKIに入会 仲間との出会い
元気を貰って第二のシニア ライフ
私の林住期 岡山暮らしHP/BLOGと続けて書いてます。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR