ワカサ氷ノ山

わかさ氷ノ山
hyo3_7_6ra.jpg  今日はスキー日和と連絡を受けて早朝岡山を後にしました。
どこへ・・・今、未だ2mの積雪 やっぱり**兵庫、鳥取の 県境へ 
数十年ぶりに戸倉スキー場へと向かう。
宍粟の山々雪景色を眺めながらR29号 日本海方面へ夏登山で通った、
近く波賀町戸倉峠へと2時間チョット
hyo3_7_1s.jpghyo3_7_2s.jpg hyo3_7_3s.jpg hyo3_7_4s.jpghyo3_7_5s.jpg
 リンゴの『道の駅1号』「はが」で休憩   
hyo3_7_8s.jpg 
国道29沿い 引原川 引原ダム 音水湖をチョット散歩休憩
hyo3_7_9s.jpg hyo3_7_10s.jpghyo3_7_12s.jpg2016年9月 音水湖 
音水湖 雪の堤防 右端の写真リンク⇒藤無山登山9月14日  音水湖
hyo3_7_13s.jpg
新戸倉スキー場へ到着・・・何とな変 看板は壊れ人の気配が無い。
除雪もされてない、ロープが引っ張ってある、どうやらスキー場は閉鎖
されて居るようです。途中の看板にもスキー場は記されているのに!!

それではと 古いスキー場 戸倉スキー場 
軽トラ2台と2.3人の地元の人が居られる。
スキー客がいません。ロッジに明かりが点いている。
戸が開かないので覗き見ると物置状態、
向いに見える登行リフトが急斜面を登っていく
リフト乗り場までも圧雪も無い。
どうぞ滑って下さい、と云われて・・・引ける。
hyo3_7_15s.jpghyo3_7_16s.jpg
戸倉峠をぬけて、鳥取県へ、わかさスキー場へと移動
峠を下り若桜町へ 可って、あれ程 賑わい大勢が滑ったスキー場が 
閉鎖されて居る!! 新戸倉は、スキーの全盛期に開設され4人乗り
リフトが造られて居た。 驚きと共に何とも淋しい・・・

hyo3_7_31s.jpghyo3_7_22s.jpghyo3_7_18s.jpg
hyo3_7_19s.jpghyo3_7_20s.jpg
やっぱり、若桜のスキー場へ来ました。昨日の雪でゲレンデは、
新雪を楽しむ事が出来て今回が一番のコンディション 
樹氷チャンピオンリフトも動いている。 
午後からはゲレンデ移動 イヌワシコース 
誰も滑ってない、グルーミングされたコースに新雪がある、
珍しい事です。その内100人近い学生が到着 
滑り始めたら、リフト待ちも・・・  それまでしっかり滑ろう。
準備してゲレンデに出て来た生徒さんを前にして、
先生の話しは、何時までも続く・・・
そして、リフト乗り場へとやって来た。 それでは、此所でシッレイ
樹氷アルパインコースを滑ってから帰る事にしました。
hyo3_7_23s.jpghyo3_7_24s.jpghyo3_7_25s.jpghyo3_7_26s.jpghyo3_7_29s.jpghyo3_7_28s.jpghyo3_7_30s.jpghyo3_7_27s.jpghyo3_7_32s.jpg
今日は若桜の麓の温泉『ふれあいの湯』で温まって帰りました。
それにしても、あんなに賑わい大勢が滑り、新戸倉スキー場も開設したのに
もう無くなっていました。
ここ わかさスキー場の継続と地元高齢者がにこやかに、
スキー場で働く姿 ウナギの寝床と言われた昔し民宿など無くなり、
町全体が豊かになっています。
 


スポンサーサイト

Tag:スキー  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

mount

Author:mount
2002年から伯耆大山の麓で『シニアライフ』 
大山暮らしの日々 感動を記録に残したくて
PCに挑戦 H,Pを始めました。四苦八苦で何回と無く
挫折しながらも継続しています。
数年後には、BLOGが始まりました。
BLOGとHPと両方でリンクして
日々の暮らしを画像日記で記録しています。

鳥取で始めた山歩き・SKIクラブに入会 公民館講座
と親友の輪も広がり楽しく過ごしました。
10年近くして無縁だった病気に成り帰岡
岡山で再び山歩き会・SKIに入会 仲間との出会い
元気を貰って第二のシニア ライフ
私の林住期 岡山暮らしHP/BLOGと続けて書いてます。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR